Adobe ColdFusion Multiple Vulnerabilities (APSB16-16) (credentialed check)

critical Nessus プラグイン ID 91102

概要

リモートWindowsホストで実行されているWebベースのアプリケーションが、複数の脆弱性の影響を受けています。

説明

リモート Windows ホストで実行されている Adobe ColdFusion のバージョンに、セキュリティホットフィックスがありません。したがって、以下の複数の脆弱性による影響を受けます。

- ユーザー指定入力の不適切な検証のため、クロスサイトスクリプティングの脆弱性があります。An attacker can exploit this to execute arbitrary script code in a user's browser session. (CVE-2016-1113)

- Apache Commons Collections(ACC)ライブラリにリモートコード実行の脆弱性が存在し、Java オブジェクトの逆シリアル化中に引き起こされます。認証されていないリモートの攻撃者がこれを悪用し、ターゲットホスト上で任意のコードを実行する恐れがあります。
(CVE-2016-1114)

- ワイルドカード証明書を処理する際に、Subject の Common Name(CN)または SubjectAltName フィールドの中のドメイン名に一致させるようにに、サーバーのホスト名を検証しないために、証明書検証に関連する欠陥が存在します。A man-in-the-middle attacker can exploit this by spoofing the TLS/SSL server via a certificate that appears valid, resulting the disclosure or manipulation of transmitted data. (CVE-2016-1115)

ソリューション

Apply the relevant hotfix as referenced in Adobe Security Bulletin APSB16-16.

参考資料

https://helpx.adobe.com/security/products/coldfusion/apsb16-16.html

http://www.nessus.org/u?9c6d83db

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 91102

ファイル名: coldfusion_win_apsb16-16.nasl

バージョン: 1.9

タイプ: local

エージェント: windows

ファミリー: Windows

公開日: 2016/5/12

更新日: 2019/11/20

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 5.5

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

CVSS スコアのソース: CVE-2016-1114

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 8.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: CVSS:3.0/E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:adobe:coldfusion

必要な KB アイテム: SMB/coldfusion/instance

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2016/5/10

脆弱性公開日: 2015/1/28

参照情報

CVE: CVE-2016-1113, CVE-2016-1114, CVE-2016-1115

BID: 90506, 90507, 90514

CERT: 576313