SolarWinds Storage Resource Monitor Profiler < 6.2.3 の複数の脆弱性(Logjam)(POODLE)

critical Nessus プラグイン ID 91123

概要

リモートホストで起動している Web アプリケーションは、複数の脆弱性の影響を受けます。

説明

リモートホストで実行されている SolarWinds Storage Resource Monitor(SRM)Profiler(旧 SolarWinds Storage Manager)のバージョンは 6.2.3 より前です。したがって、以下の複数の脆弱性による影響を受けます:

-中間者(MitM)情報漏洩の脆弱性(POODLE)の原因は、暗号ブロック連鎖(CBC)モードのブロック暗号を使用して暗号化されたメッセージを復号する際に、 SSL 3.0 がパディングバイトを処理する方法によるものです。被害を受けるアプリケーションに新たに作成した SSL 3.0 接続を通じて同じデータを繰り返し送信させることができる場合、MitM 攻撃者は、暗号テキスト内の選択したバイトをわずか 256 回の試行で復号できます。
(CVE-2014-3566)

- SSL/TLS プロトコルの欠陥により、 Logjam として知られる中間者の脆弱性が存在しています。リモートの攻撃者はこの欠陥を悪用して、エフェメラルディフィー・ヘルマン鍵交換を使用している接続を 512 ビットエクスポートグレードの暗号化にダウングレードさせることができます。(CVE-2015-4000)

- 多様なサーブレットがそのパラメータへのユーザー指定入力を適切にサニタイズできないために、複数の SQL インジェクションの脆弱性が存在します。認証されていないリモートの攻撃者は、これらの脆弱性を悪用して、バックエンドデータベースに対して SQL クエリを注入または操作して、その結果、任意のデータを漏洩または操作する可能性があります(CVE-2016-4350)。

以下のサーブレットが影響を受けます:

- BackupAssociationServlet
- BackupExceptionsServlet
- BexDriveUsageSummaryServlet
- DuplicateFilesServlet
- FileActionAssignmentServlet
- HostStorageServlet
- NbuErrorMessageServlet
- ProcessesServlet
- QuantumMonitorServlet
- ScriptServlet
- UserDefinedFieldConfigServlet
- WindowsEventLogsServlet
- XiotechMonitorServlet

SQL クエリで使用する前にユーザー指定入力を適切にサニタイズしないために、RunScript.jsp スクリプトに SQL インジェクション(SQLi)の脆弱性が存在します。認証されていないリモートの攻撃者は、これを悪用して、バックエンドデータベースに対して SQL クエリを注入または操作して、その結果、任意のデータを漏洩および操作する可能性があります。(VulnDB 143497)

- ユーザー指定の入力を不適切にサニタイズしているため、パストラバーサルの脆弱性が存在します。認証されていないリモートの攻撃者が、これを悪用して、特別に細工されたリクエストを介して、機密情報を漏洩する可能性があります。
(VulnDB 143498)

ソリューション

SolarWinds SRM Profiler をバージョン 6.2.3 以降にアップグレードしてください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?edc00ceb

https://www.imperialviolet.org/2014/10/14/poodle.html

https://www.openssl.org/~bodo/ssl-poodle.pdf

https://tools.ietf.org/html/draft-ietf-tls-downgrade-scsv-00

https://weakdh.org/

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 91123

ファイル名: solarwinds_srm_profiler_6_2_3.nasl

バージョン: 1.9

タイプ: local

エージェント: windows

ファミリー: Windows

公開日: 2016/5/13

更新日: 2019/11/20

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2016-4350

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

Temporal Score: 7.4

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 8.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:solarwinds:storage_manager

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2016/2/26

脆弱性公開日: 2016/2/26

参照情報

CVE: CVE-2014-3566, CVE-2015-4000, CVE-2016-4350

BID: 70574, 74733, 89557