CentOS 6:openssh(CESA-2016:0741)

critical Nessus プラグイン ID 91166

概要

リモート CentOS ホストに1つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

openssh 用の更新が、Red Hat Enterprise Linux 6 で現在利用可能です。

Red Hat 製品セキュリティは、この更新がセキュリティに及ぼす影響を重要度中として評価しています。詳細な重要度評価を示す Common Vulnerability Scoring System(CVSS)ベーススコアは、「参照」セクションで CVE リンクから脆弱性ごとに入手できます。

OpenSSH は SSH プロトコルの実装で、多数の Linux、UNIX、および類似のオペレーティングシステムによりサポートされています。これには、OpenSSH クライアントとサーバーの両方に必要なコアファイルが含まれています。

セキュリティ修正:

* OpenSSH クライアントが ForwardX11Timeout 設定を適切に実施していないことが判明しました。悪意のある、または危険にさらされているリモート X アプリケーションがこの欠陥を利用して、信頼できない X11 フォワーディングのみがリクエストされた場合であっても、ローカル X サーバーに対して信頼された接続を確立する可能性があります。(CVE-2015-5352)

* 権限セパレーション使用時に、OpenSSH が PAM 認証を処理する方法において欠陥が見つかりました。システム上で有効な認証情報を持ち、様々な欠陥を利用して非権限の認証前プロセスを完全に不正アクセスできる攻撃者がこの欠陥を利用して、他のユーザーとして認証する可能性があります。(CVE-2015-6563)

* OpenSSH で use-after-free の欠陥が見つかりました。様々な欠陥を利用して非権限の認証前プロセスを完全に不正アクセスできる攻撃者が、sshd をクラッシュさせたり、root 権限で任意のコードを実行する可能性があります。(CVE-2015-6564)

* OpenSSH にアクセスの欠陥が発見されました。OpenSSH クライアントが、信頼できない X11 フォワーディングに対する認証クッキーの生成の失敗を正しく処理しませんでした。悪意のある、または危険にさらされているリモート X アプリケーションがこの欠陥を利用して、信頼できない X11 フォワーディングのみがリクエストされた場合であっても、ローカル X サーバーに対して信頼された接続を確立する可能性があります。(CVE-2016-1908)

このリリースの変更に関する詳細については、「参照」セクションからリンクされている Red Hat Enterprise Linux 6.8 リリースノートおよび Red Hat Enterprise Linux 6.8 テクニカルノートを参照してください。

ソリューション

影響を受けた openssh パッケージを更新してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?3f679934

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 91166

ファイル名: centos_RHSA-2016-0741.nasl

バージョン: 2.9

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2016/5/17

更新日: 2021/1/4

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 5.5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2016-1908

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 8.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:centos:centos:openssh, p-cpe:/a:centos:centos:openssh-askpass, p-cpe:/a:centos:centos:openssh-clients, p-cpe:/a:centos:centos:openssh-ldap, p-cpe:/a:centos:centos:openssh-server, p-cpe:/a:centos:centos:pam_ssh_agent_auth, cpe:/o:centos:centos:6

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/CentOS/release, Host/CentOS/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2016/5/16

脆弱性公開日: 2015/8/3

参照情報

CVE: CVE-2015-5352, CVE-2015-6563, CVE-2015-6564, CVE-2016-1908

RHSA: 2016:0741