Debian DSA-3580-1:imagemagick - セキュリティ更新

high Nessus プラグイン ID 91175

概要

リモート Debian ホストに、セキュリティ更新がありません。

説明

Mail.Ru セキュリティチームの Nikolay Ermishkin 氏および Stewie 氏は、イメージ操作のプログラムパッケージである ImageMagick の複数の脆弱性を発見しました。ImageTragick と総称されるこれらの脆弱性は、信頼できない入力のサニタイズの欠落が原因です。イメージ入力をコントロールできる攻撃者が、アプリケーションを実行しているユーザーの権限を利用して、コードの実行(CVE-2016-3714)、HTTP GET もしくは FTP リクエストの実行(CVE-2016-3718)、またはローカルファイルの削除(CVE-2016-3715)、移動(CVE-2016-3716)もしくは読み取り(CVE-2016-3717)を行う可能性があります。

これらの脆弱性は、Imagemagick が Web サービスの一部などのリモートパーティから来たイメージを処理する場合に特に重大です。

この更新は、/etc/ImageMagick-6/policy.xml ファイルを通じて、脆弱なコーダー(EPHEMERAL、URL、MVG、MSL、PLT)、ならびに間接的な読み取りを無効にします。また、弊社はさらなる予防策を導入しました。これには、http/https デリゲートの入力ファイル名のサニタイズ、PLT/Gnuplot デコーダーのフルリモーション、および安全でないコーダーのファイル名の明示的な参照を求めることが含まれます。

ソリューション

imagemagick パッケージをアップグレードしてください。

安定版(stable)ディストリビューション(jessie)では、これらの問題はバージョン 8:6.8.9.9-5+deb8u2 で修正されました。

参考資料

https://bugs.debian.org/cgi-bin/bugreport.cgi?bug=823542

https://security-tracker.debian.org/tracker/CVE-2016-3714

https://security-tracker.debian.org/tracker/CVE-2016-3718

https://security-tracker.debian.org/tracker/CVE-2016-3715

https://security-tracker.debian.org/tracker/CVE-2016-3716

https://security-tracker.debian.org/tracker/CVE-2016-3717

https://packages.debian.org/source/jessie/imagemagick

https://www.debian.org/security/2016/dsa-3580

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 91175

ファイル名: debian_DSA-3580.nasl

バージョン: 2.15

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2016/5/17

更新日: 2021/11/30

サポートされているセンサー: Agentless Assessment, Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent, Nessus

リスク情報

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 9.8

CVSS v2

リスクファクター: Critical

基本値: 10

現状値: 8.7

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

CVSS v3

リスクファクター: High

基本値: 8.4

現状値: 8

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: CVSS:3.0/E:H/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:debian:debian_linux:imagemagick, cpe:/o:debian:debian_linux:8.0

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/Debian/release, Host/Debian/dpkg-l

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2016/5/16

CISA の既知の悪用された脆弱性の期限日: 2022/5/3

参照情報

CVE: CVE-2016-3714, CVE-2016-3715, CVE-2016-3716, CVE-2016-3717, CVE-2016-3718

DSA: 3580