悪意のあるプロセスの検出:ユーザー定義のマルウェアの実行(Linux)

critical Nessus プラグイン ID 91223

概要

Nessus が、リモートホストで潜在的に好ましくないプロセスを検出しました。

説明

リモートのLinuxホストで実行中の1つ以上のプロセスであるハッシュは、スキャンポリシーで「既知の不良なハッシュの自己所有リストを提供」設定(「ハッシュとホワイトリストファイル」セクションの下にある)を使用して指定された、いずれかの署名と一致します。

リモートプロセスがお使いの環境において正規でかつ認証されているかを検証します。

ソリューション

セキュリティポリシーと一致しない場合は、リモートソフトウェアをアンインストールし、その他の違反の兆候についてネットワークを調べてください。

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 91223

ファイル名: linux_user_md5s.nbin

バージョン: 1.45

タイプ: local

エージェント: unix

ファミリー: Backdoors

公開日: 2016/5/18

更新日: 2022/11/30

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:C/C:H/I:H/A:H

脆弱性情報

必要な KB アイテム: malware/linux/custom