Amazon Linux AMI:mysql56(ALAS-2016-701)

critical Nessus プラグイン ID 91239

概要

リモート Amazon Linux AMI ホストに、セキュリティ更新がありません。

説明

二重解放の欠陥が OpenSSL が特定の無効な形式の DSA(デジタル署名アルゴリズム)秘密鍵を解析する方法で見つかりました。攻撃者が、特別に細工された DSA 秘密鍵を作成する可能性があります。これは、OpenSSL に対してコンパイルされたアプリケーションに処理されると、アプリケーションをクラッシュさせる可能性があります。(CVE-2016-0705)

5.6.29 以前の Oracle MySQL において、sql-common/client.c 内の ssl_verify_server_cert 関数は、サーバーのホスト名がサブジェクトの Common Name(CN)または X.509 証明書の subjectAltName フィールドでのドメイン名と一致していることを適切に検証していません。これにより、中間者攻撃者は、証明書でのフィールドの「/CN=」文字列を通じて、SSL サーバーを偽装することができます。これは、「/OU=/CN=bar.com/CN=foo.com」により実証されています。(CVE-2016-2047)

5.6.29 以前の Oracle MySQL における詳細不明な脆弱性により、リモートの攻撃者は、Pluggable Authentication に関連するベクトルを通じて、機密性、整合性、可用性に影響を与えることが可能です。
(CVE-2016-0639)

5.6.29 以前の Oracle MySQL における詳細不明な脆弱性により、ローカルのユーザーは、FTS に関連するベクトルを通じて、可用性に影響を与えることが可能です。
(CVE-2016-0647)

5.6.29 以前の Oracle MySQL における詳細不明な脆弱性により、ローカルユーザーが Federated に関連するベクトルを通じて、整合性および可用性に影響を与えることが可能です。(CVE-2016-0642)

5.6.29 以前の Oracle MySQL における詳細不明な脆弱性により、ローカルユーザーが DML に関連するベクトルを通じて、機密性に影響を与えることが可能です。
(CVE-2016-0643)

5.6.29 以前の Oracle MySQL における詳細不明な脆弱性により、ローカルユーザーが Security:
Privileges に関連するベクトルを通じて、可用性に影響を与えることが可能です。(CVE-2016-0666)

5.6.29 以前の Oracle MySQL における詳細不明な脆弱性により、ローカルのユーザーは、PS に関連するベクトルを通じて、可用性に影響を与えることが可能です。
(CVE-2016-0648)

5.6.29 以前の Oracle MySQL における詳細不明な脆弱性により、ローカルのユーザーは、InnoDB に関連するベクトルを通じて、可用性に影響を与えることが可能です。
(CVE-2016-0655)

ソリューション

「yum update mysql56」を実行してシステムを更新してください。

関連情報

https://alas.aws.amazon.com/ALAS-2016-701.html

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 91239

ファイル名: ala_ALAS-2016-701.nasl

バージョン: 2.3

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2016/5/19

更新日: 2018/4/18

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:amazon:linux:mysql56, p-cpe:/a:amazon:linux:mysql56-bench, p-cpe:/a:amazon:linux:mysql56-common, p-cpe:/a:amazon:linux:mysql56-debuginfo, p-cpe:/a:amazon:linux:mysql56-devel, p-cpe:/a:amazon:linux:mysql56-embedded, p-cpe:/a:amazon:linux:mysql56-embedded-devel, p-cpe:/a:amazon:linux:mysql56-errmsg, p-cpe:/a:amazon:linux:mysql56-libs, p-cpe:/a:amazon:linux:mysql56-server, p-cpe:/a:amazon:linux:mysql56-test, cpe:/o:amazon:linux

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/AmazonLinux/release, Host/AmazonLinux/rpm-list

パッチ公開日: 2016/5/18

参照情報

CVE: CVE-2016-0639, CVE-2016-0642, CVE-2016-0643, CVE-2016-0647, CVE-2016-0648, CVE-2016-0655, CVE-2016-0666, CVE-2016-0705, CVE-2016-2047

ALAS: 2016-701