12.4 より前の Apple iTunes における DLL 注入による任意のコードの実行(uncredentialed check)

high Nessus プラグイン ID 91348

概要

DLL 注入の脆弱性の影響を受けるアプリケーションが、リモートホストで実行中です。

説明

リモートの Windows ホストで実行されている Apple iTunes は、12.4 より前のバージョンです。このため、信頼できないディレクトリからインストーラーを実行したときに引き起こされるセットアップコンポーネントの DLL(ダイナミックリンクライブラリ)インジェクションの脆弱性の影響を受けます。攻撃者が、特別に細工された DLL ファイルを信頼できないディレクトリに配置することでこの脆弱性を悪用し、現在のユーザーのコンテキストで任意のコードを実行する可能性があります。

Nessus は、この問題をテストしていませんが、その代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号のみに依存していることに、注意してください。

ソリューション

Apple iTunes バージョン 12.4 以降にアップグレードしてください。

関連情報

https://support.apple.com/en-us/HT206379

http://www.nessus.org/u?7c25c376

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 91348

ファイル名: itunes_12_4_banner.nasl

バージョン: 1.5

タイプ: remote

ファミリー: Peer-To-Peer File Sharing

公開日: 2016/5/27

更新日: 2019/11/19

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2016-1742

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.2

Temporal Score: 5.3

ベクトル: AV:L/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.8

Temporal Score: 6.8

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:apple:itunes

必要な KB アイテム: iTunes/sharing

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2016/5/16

脆弱性公開日: 2016/5/16

参照情報

CVE: CVE-2016-1742

APPLE-SA: APPLE-SA-2016-05-16-6