F5 Networks BIG-IP:QEMU 脆弱性(SOL75248350)

high Nessus プラグイン ID 91369
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモート装置に、ベンダーが提供したセキュリティパッチがありません。

説明

2.4 より前の QEMU における hw/nvram/fw_cfg.c 内の (1) fw_cfg_write 関数および (2) fw_cfg_read 関数により、Firmware Configuration デバイスのエミュレーションサポートで構築される場合、CAP_SYS_RAWIO の権限があるゲスト OS ユーザーが、ファームウェア構成での現在の無効な入力値を通じて、サービス拒否(領域外の読み取りまたは書き込みのアクセスおよびプロセスのクラッシュ)を引き起こしたり、任意のコードを実行したりする可能性があります。

ソリューション

F5 Solution SOL75248350 に挙げられた非脆弱性バージョンのいずれかにアップグレードしてください。

関連情報

https://support.f5.com/csp/article/K75248350

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 91369

ファイル名: f5_bigip_SOL75248350.nasl

バージョン: 2.13

タイプ: local

公開日: 2016/5/31

更新日: 2019/1/4

依存関係: f5_bigip_detect.nbin

構成: パラノイドモードの有効化

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 7.3

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.9

Temporal Score: 5.1

ベクトル: AV:L/AC:M/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 8.1

Temporal Score: 7.1

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:H/PR:N/UI:N/S:C/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:f5:big-ip_access_policy_manager, cpe:/a:f5:big-ip_advanced_firewall_manager, cpe:/a:f5:big-ip_application_acceleration_manager, cpe:/a:f5:big-ip_application_security_manager, cpe:/a:f5:big-ip_application_visibility_and_reporting, cpe:/a:f5:big-ip_global_traffic_manager, cpe:/a:f5:big-ip_link_controller, cpe:/a:f5:big-ip_local_traffic_manager, cpe:/a:f5:big-ip_policy_enforcement_manager, cpe:/a:f5:big-ip_wan_optimization_manager, cpe:/a:f5:big-ip_webaccelerator, cpe:/h:f5:big-ip, cpe:/h:f5:big-ip_protocol_security_manager

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/BIG-IP/hotfix, Host/BIG-IP/modules, Host/BIG-IP/version, Settings/ParanoidReport

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2016/5/10

参照情報

CVE: CVE-2016-1714