openSUSE セキュリティ更新:Chromium(openSUSE-2016-682)

high Nessus プラグイン ID 91485

概要

リモート openSUSE ホストに、セキュリティ更新がありません。

説明

Chromium は 51.0.2704.79 に更新され、以下の脆弱性が修正されました:

- CVE-2016-1696:拡張バインディングでのクロスオリジンバイパス

- CVE-2016-1697:Blink でのクロスオリジンバイパス

- CVE-2016-1698:拡張バインディングでの情報漏洩

- CVE-2016-1699:DevTools でのパラメーターサニタイズの失敗

- CVE-2016-1700:拡張の use-after-free

- CVE-2016-1701:Autofill での use-after-free

- CVE-2016-1702:Skia における領域外読み取り

- CVE-2016-1703:内部監査、ファジングおよび他のイニシアチブからの多様な修正。また 51.0.2704.63 で修正された脆弱性を含みます(boo#981886):

- CVE-2016-1672:拡張バインディングのクロスオリジンバイパス

- CVE-2016-1673:Blink でのクロスオリジンバイパス

- CVE-2016-1674:拡張のクロスオリジンバイパス

- CVE-2016-1675:Blink でのクロスオリジンバイパス

- CVE-2016-1676:拡張バインディングのクロスオリジンバイパス

- CVE-2016-1677:V8 における型の取り違え(Type Confusion)

- CVE-2016-1678:V8 のヒープオーバーフロー

- CVE-2016-1679:V8 バインディングのヒープ use-after-free

- CVE-2016-1680:Skia のヒープ use-after-free

- CVE-2016-1681:PDFium のヒープオーバーフロー

- CVE-2016-1682:ServiceWorker の CSP バイパス

- CVE-2016-1683:libxslt の領域外アクセス

- CVE-2016-1684:libxslt の整数オーバーフロー

- CVE-2016-1685:PDFium における領域外読み取り

- CVE-2016-1686:PDFium における領域外読み取り

- CVE-2016-1687:拡張の情報漏洩

- CVE-2016-1688:V8 の領域外読み取り

- CVE-2016-1689:メディアのヒープバッファオーバーフロー

- CVE-2016-1690:Autofill のヒープ use-after-free

- CVE-2016-1691:Skia のヒープバッファオーバーフロー

- CVE-2016-1692:ServiceWorker の制限付きクロスオリジンバイパス

- CVE-2016-1693:ソフトウェア削除ツールの HTTP ダウンロード

- CVE-2016-1694:キャッシュクリアランスで HPKP ピンを削除しました

- CVE-2016-1695:内部監査、ファジング、その他のイニシアチブからの様々な修正

ソリューション

影響を受ける Chromium パッケージを更新してください。

関連情報

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=981886

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=982719

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 91485

ファイル名: openSUSE-2016-682.nasl

バージョン: 2.8

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2016/6/6

更新日: 2021/1/19

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.8

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:P/I:P/A:P

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 8.8

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:R/S:U/C:H/I:H/A:H

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:novell:opensuse:chromedriver, p-cpe:/a:novell:opensuse:chromedriver-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:chromium, p-cpe:/a:novell:opensuse:chromium-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:chromium-debugsource, p-cpe:/a:novell:opensuse:chromium-desktop-gnome, p-cpe:/a:novell:opensuse:chromium-desktop-kde, p-cpe:/a:novell:opensuse:chromium-ffmpegsumo, p-cpe:/a:novell:opensuse:chromium-ffmpegsumo-debuginfo, cpe:/o:novell:opensuse:13.2

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/SuSE/release, Host/SuSE/rpm-list, Host/cpu

パッチ公開日: 2016/6/5

参照情報

CVE: CVE-2016-1672, CVE-2016-1673, CVE-2016-1674, CVE-2016-1675, CVE-2016-1676, CVE-2016-1677, CVE-2016-1678, CVE-2016-1679, CVE-2016-1680, CVE-2016-1681, CVE-2016-1682, CVE-2016-1683, CVE-2016-1684, CVE-2016-1685, CVE-2016-1686, CVE-2016-1687, CVE-2016-1688, CVE-2016-1689, CVE-2016-1690, CVE-2016-1691, CVE-2016-1692, CVE-2016-1693, CVE-2016-1694, CVE-2016-1695, CVE-2016-1696, CVE-2016-1697, CVE-2016-1698, CVE-2016-1699, CVE-2016-1700, CVE-2016-1701, CVE-2016-1702, CVE-2016-1703