Ubuntu 15.10:linux の脆弱性(USN-3003-1)

critical Nessus プラグイン ID 91565
New! Vulnerability Priority Rating (VPR)

Tenable では、すべての脆弱性に対して動的な VPR が計算されます。VPR は脆弱性の情報を、脅威インテリジェンスや機械学習アルゴリズムと組み合わせて、攻撃時に最も悪用される可能性の高い脆弱性を予測します。詳細は、 「VPR とは何で、CVSS とはどう違うのか」を参照してください。

VPR スコア : 6.9

概要

リモート Ubuntu ホストに 1 つ以上のセキュリティ関連パッチがありません。

説明

Justin Yackoski 氏は、Linux カーネルの Atheros L2 Ethernet ドライバーが誤って scatter/gather I/O を有効にしていることを発見しました。リモートの攻撃者がこれを利用して、カーネルメモリから潜在的な機密情報を入手する可能性があります。(CVE-2016-2117)

Jann Horn 氏は、eCryptfs が、mmap() ハンドラーを実装していない下位のファイルシステムの mmap() ハンドラーの使用を不適切に試み、結果として再帰ページ障害が発生することを発見しました。ローカルの権限のない攻撃者がこれを利用して、サービス拒否(システムクラッシュ)を引き起こしたり、管理者権限で任意のコードを実行する可能性があります。(CVE-2016-1583)

Jason A. Donenfeld 氏は、Linux カーネルの WiFi デバイスドライバー上の OZMO USB で複数の領域外読み取りを発見しました。リモートの攻撃者は、これを使用して、サービス拒否(システムクラッシュ)を引き起こしたり、カーネルメモリから潜在的な機密情報を取得したりする可能性があります。(CVE-2015-4004)

Ralf Spenneberg 氏は、Linux カーネルの GTCO デジタイザ USB デバイスドライバーがエンドポイント記述子を適切に検証しないことを発見しました。物理的にアクセスできる攻撃者がこれを利用して、サービス拒否(システムクラッシュ)を引き起こす可能性があります。(CVE-2016-2187)

Hector Marco 氏と Ismael Ripoll 氏は、スタック消費リソース制限が無効になっている場合、Linux カーネルが、32 ビットモードで実行している x86 プロセスに対してアドレス空間配置のランダム化(ASLR)を不適切に無効にすることを発見しました。ローカルの攻撃者がこれを利用して、setuid/setgid プログラムの既存の脆弱性をより容易に悪用する可能性があります。
(CVE-2016-3672)

Andrey Konovalov 氏は、後ほどエラーが発生した場合に、Linux カーネルの中の CDC Network Control Model USB ドライバーがキューされている作業イベントをキャンセルせず、use-after-free が発生することを発見しました。物理的にアクセスできる攻撃者がこれを利用して、サービス拒否(システムクラッシュ)を引き起こす可能性があります。(CVE-2016-3951)

Linux カーネルの USB/IP 実装の着信パケットの処理時に、領域外書き込みが発生する可能性があることが判明しました。リモートの攻撃者がこれを利用して、サービス拒否(システムクラッシュ)を引き起こしたり、任意のコードを実行したりする可能性があります。(CVE-2016-3955)

Vitaly Kuznetsov 氏は、Linux カーネルが X86 準仮想化ゲストの hugetlbfs サポートを適切に抑制していないことを発見しました。ゲスト OS の攻撃者が、サービス拒否(ゲストシステムクラッシュ)を引き起こす可能性があります。
(CVE-2016-3961)

Kangjie Lu 氏は、Linux カーネルの ANSI/IEEE 802.2 LLC タイプ 2 サポート実装の情報漏洩を発見しました。ローカルの攻撃者がこの欠陥を悪用して、カーネルメモリから機密情報を入手する可能性があります。(CVE-2016-4485)

Kangjie Lu 氏は、Linux カーネルのルーティング netlink ソケットインターフェイス(rtnetlink)実装の情報漏洩を発見しました。ローカルの攻撃者がこの欠陥を悪用して、カーネルメモリから機密情報を入手する可能性があります。(CVE-2016-4486)

Jann Horn 氏は、Linux カーネルの InfiniBand インターフェイスが、カーネルメモリを上書きするように強制される可能性があることを発見しました。ローカルの権限のない攻撃者が、これを利用し、InfiniBand 関連のカーネルモジュールがロードされているシステムの管理者権限を取得する可能性があります。(CVE-2016-4565)

状況によっては、Linux カーネルが伝播されるマウントを正しく処理しないことが判明しました。権限のないローカルの攻撃者が、この欠陥を利用して、サービス拒否(システムクラッシュ)を引き起こす可能性があります。
(CVE-2016-4581)。

注意:Tenable Network Security は、前述の説明ブロックを Ubuntu セキュリティアドバイザリから直接抽出しています。Tenable では、できる限り新たな問題を持ち込まないように、自動的に整理して書式設定するようにしています。

ソリューション

影響を受ける linux-image-4.2.0-38-generic 、 linux-image-4.2.0-38-generic-lpae、linux-image-4.2.0-38-lowlatency の全てまたはいずれかのパッケージを更新します。

関連情報

https://usn.ubuntu.com/3003-1/

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 91565

ファイル名: ubuntu_USN-3003-1.nasl

バージョン: 2.11

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2016/6/10

更新日: 2019/9/18

依存関係: ssh_get_info.nasl, linux_alt_patch_detect.nasl

リスク情報

リスクファクター: Critical

VPR スコア: 6.9

CVSS v2.0

Base Score: 10

Temporal Score: 7.8

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:POC/RL:OF/RC:C

CVSS v3.0

Base Score: 9.8

Temporal Score: 8.8

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:P/RL:O/RC:C

脆弱性の情報

CPE: p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:linux-image-4.2-generic, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:linux-image-4.2-generic-lpae, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:linux-image-4.2-lowlatency, cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:15.10

必要な KB アイテム: Host/cpu, Host/Ubuntu, Host/Ubuntu/release, Host/Debian/dpkg-l

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2016/6/10

脆弱性公開日: 2015/6/7

参照情報

CVE: CVE-2015-4004, CVE-2016-1583, CVE-2016-2117, CVE-2016-2187, CVE-2016-3672, CVE-2016-3951, CVE-2016-3955, CVE-2016-3961, CVE-2016-4485, CVE-2016-4486, CVE-2016-4565, CVE-2016-4581

USN: 3003-1