MS16-077:WPAD のセキュリティ更新(3165191)

critical Nessus プラグイン ID 91605
New! Vulnerability Priority Rating (VPR)

Tenable では、すべての脆弱性に対して動的な VPR が計算されます。VPR は脆弱性の情報を、脅威インテリジェンスや機械学習アルゴリズムと組み合わせて、攻撃時に最も悪用される可能性の高い脆弱性を予測します。詳細は、 「VPR とは何で、CVSS とはどう違うのか」を参照してください。

VPR スコア : 7.4

概要

リモートホストは、複数の権限昇格の脆弱性による影響を受けます。

説明

リモートの Windows ホストに、セキュリティの更新が欠落しています。このため、複数の権限昇格の脆弱性による影響を受けます:

- プロキシ検出プロセスを不適切に処理しているため、Web Proxy Auto Discovery(WPAD)プロトコルに権限昇格の脆弱性が存在します。リモートの攻撃者が、これを悪用して、WPAD に対する NetBIOS 名前リクエストに返信することで、セキュリティ制限をバイパスし、昇格された権限を取得する可能性があります。(CVE-2016-3213)

- 特定のプロキシ検出シナリオを不適切に処理しているため、Web Proxy Auto Discovery(WPAD)プロトコルに権限昇格の脆弱性が存在します。リモートの攻撃者が、これを悪用して、権限を昇格する可能性があるため、ネットワークトラフィックを漏洩または制御する可能性があります。(CVE-2016-3236)

- 応答を不適切に処理しているため、NetBIOS に権限昇格の脆弱性が存在します。リモートの攻撃者が、これを悪用して、特別に細工された NetBIOS 応答を通じて、信頼できるネットワークデバイスのように見せる可能性があるため、Enhanced Protected Mode(EPM)またはアプリケーションコンテナ以外のブラウザで、信頼できないコンテンツを表示する可能性があります。(CVE-2016-3299)

ソリューション

Microsoft は、Windows Vista、2008、7、2008 R2、8、2012、8.1、RT 8.1、2012 R2、10 用のパッチのセットをリリースしました。

注意:CVE-2016-3213 を完全に解決するには、MS16-063 での累積更新 3160005 もインストールする必要があります。

関連情報

https://docs.microsoft.com/en-us/security-updates/SecurityBulletins/2016/ms16-077

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 91605

ファイル名: smb_nt_ms16-077.nasl

バージョン: 1.12

タイプ: local

エージェント: windows

公開日: 2016/6/14

更新日: 2019/11/19

依存関係: smb_hotfixes.nasl, ms_bulletin_checks_possible.nasl

リスク情報

リスクファクター: Critical

VPR スコア: 7.4

CVSS スコアのソース: CVE-2016-3236

CVSS v2.0

Base Score: 10

Temporal Score: 8.3

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:F/RL:OF/RC:C

CVSS v3.0

Base Score: 9.8

Temporal Score: 9.1

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:F/RL:O/RC:C

脆弱性の情報

CPE: cpe:/o:microsoft:windows

必要な KB アイテム: SMB/MS_Bulletin_Checks/Possible

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2016/6/14

脆弱性公開日: 2016/6/14

エクスプロイト可能

Core Impact

参照情報

CVE: CVE-2016-3213, CVE-2016-3236, CVE-2016-3299

BID: 91111, 91114, 92387

MSFT: MS16-077

MSKB: 3163017, 3161949, 3163018

IAVA: 2016-A-0157