openSUSE セキュリティ更新:libxml2(openSUSE-2016-733)

critical Nessus プラグイン ID 91639

概要

リモート openSUSE ホストに、セキュリティ更新がありません。

説明

libxml2 のこの更新では、次のセキュリティの問題を修正します:

- CVE-2016-2073、CVE-2015-8806、CVE-2016-1839:libxml2/dict.c でヒープバッファオーバーリードは修正されました [bsc#963963、bsc#965283、bsc#981114]。

- CVE-2016-4483:無効な形式の文字列をシリアル化する際に、領域外のアクセスを回避するためのコードが追加されました [bsc#978395]。

- CVE-2016-1762:xmlNextChar でヒープベースのバッファオーバーリードを修正しました [bsc#981040]。

- CVE-2016-1834:xmlStrncat でヒープバッファオーバーフローを修正しました [bsc#981041]。

- CVE-2016-1833:htmlCurrentChar でヒープベースのバッファオーバーリードを修正しました [bsc#981108]。

- CVE-2016-1835:xmlSAX2AttributeNs でヒープ use-after-free を修正しました [bsc#981109]。

- CVE-2016-1837:htmlParsePubidLiteral と htmlParseSystemiteral でヒープ use-after-free を修正しました [bsc#981111]。

- CVE-2016-1838:xmlParserPrintFileContextInternal でヒープベースのバッファオーバーリードを修正しました [bsc#981112]。

- CVE-2016-1840:xmlFAParsePosCharGroup でヒープバッファオーバーフローを修正しました [bsc#981115]。

- CVE-2016-4447:xmlParseName によるヒープベースのバッファアンダーリードを修正しました [bsc#981548]。

- CVE-2016-4448:書式文字列の脆弱性があり得るため、一部の書式文字列の警告を修正しました [bsc#981549]、

- CVE-2016-4449:エントリコンテンツの不適切なフェッチを修正しました [bsc#981550]。

- CVE-2016-3705:再帰カウンターを増やすように修正しました。

この更新は、SUSE:SLE-12 からインポートされました:更新プロジェクトを更新します。

ソリューション

影響を受ける libxml2 パッケージを更新してください。

関連情報

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=963963

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=965283

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=978395

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=981040

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=981041

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=981108

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=981109

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=981111

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=981112

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=981114

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=981115

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=981548

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=981549

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=981550

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 91639

ファイル名: openSUSE-2016-733.nasl

バージョン: 2.5

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2016/6/17

更新日: 2021/1/19

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

Temporal Score: 7.8

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:POC/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 8.8

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:P/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:novell:opensuse:libxml2-2, p-cpe:/a:novell:opensuse:libxml2-2-32bit, p-cpe:/a:novell:opensuse:libxml2-2-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:libxml2-2-debuginfo-32bit, p-cpe:/a:novell:opensuse:libxml2-debugsource, p-cpe:/a:novell:opensuse:libxml2-devel, p-cpe:/a:novell:opensuse:libxml2-devel-32bit, p-cpe:/a:novell:opensuse:libxml2-tools, p-cpe:/a:novell:opensuse:libxml2-tools-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:python-libxml2, p-cpe:/a:novell:opensuse:python-libxml2-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:python-libxml2-debugsource, cpe:/o:novell:opensuse:42.1

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/SuSE/release, Host/SuSE/rpm-list, Host/cpu

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2016/6/16

参照情報

CVE: CVE-2015-8806, CVE-2016-1762, CVE-2016-1833, CVE-2016-1834, CVE-2016-1835, CVE-2016-1837, CVE-2016-1838, CVE-2016-1839, CVE-2016-1840, CVE-2016-2073, CVE-2016-3705, CVE-2016-4447, CVE-2016-4448, CVE-2016-4449, CVE-2016-4483