Juniper Junos IPv6 近隣探索(ND)におけるトラフィック処理の複数の脆弱性(JSA10749)

medium Nessus プラグイン ID 91762

概要

複数の脆弱性がリモートディバイスに影響を与えています。

説明

自己報告されたバージョン番号によると、リモート Juniper Junos デバイスは、複数の脆弱性による影響を受けます。

- この欠陥は、無効な形式の IPv6 ND パケットが不適切に処理されるため存在しています。認証されていないリモートの攻撃者が、特別に細工された ND パケットを通じて、これを悪用して、IPv6 トラフィックの処理をデバイスに停止させ、サービス拒否状態を引き起こす可能性があります。(VulnDB 139535)

- QFX5100 の例外処理時に発生する欠陥が存在します。認証されていないリモートの攻撃者がこれを悪用して、IPv6 ND トラフィックをルーティングエンジンに移行し、部分的にサービス拒否状態を引き起こす可能性があります。(VulnDB 139536)

- 詳細不明な欠陥が存在し、これにより認証されていないリモートの攻撃者が、IPv6 ND トラフィックを不適切に転送し、RFC4861 に違反する可能性があります。
(VulnDB 139537)

注意:Nessus はこれらの問題に対してテストしていませんが、その代わりにデバイスの自己報告モデルと現在の構成にのみ依存しています。

ソリューション

現在は修正を利用できません。サンプルのファイアウォールフィルターの回避策については、ベンダーアドバイザリを参照してください。

関連情報

https://kb.juniper.net/InfoCenter/index?page=content&id=JSA10749

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 91762

ファイル名: juniper_jsa10749.nasl

バージョン: 1.8

タイプ: combined

公開日: 2016/6/22

更新日: 2019/1/2

リスク情報

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3.6

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:N/I:N/A:P

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 5.3

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:L

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:juniper:junos

必要な KB アイテム: Host/Juniper/model, Host/Juniper/JUNOS/Version

パッチ公開日: 2017/4/18

脆弱性公開日: 2016/6/3

参照情報

CVE: CVE-2016-1409

JSA: JSA10749