ImageMagick 6.x < 6.9.4-3 / 7.x < 7.0.1-4 の複数の脆弱性

critical Nessus プラグイン ID 91818

概要

リモート Windows ホストにインストールされているアプリケーションは、複数の脆弱性による影響を受けます。

説明

リモート Windows ホストにインストールされている ImageMagick のバージョンは、6.9.4-3 より前の 6.x か 7.0.1-4 より前の 7.x です。したがって、次の脆弱性の影響を受けます:

- 無効な DDS ファイルの不適切な処理により、coders/dds.c の VerticalFilter() 関数に領域外読み取りのエラーが存在します。認証されていないリモートの攻撃者が、ユーザーを誘導して、ライブラリにリンクされたプロセスをクラッシュするために、特別に細工された DDS ファイルを開かせることで、これを悪用し、サービス拒否状態を引き起こす可能性があります。(CVE-2016-5687)

- WPG ファイルの処理時にユーザー指定の入力の検証が不適切なために、coders/wpg.c の ReadWPGImage() 関数にオーバーフロー状態が存在します。認証されていないリモートの攻撃者が、ユーザーを誘導して、特別に細工された WPG ファイルを開かせることで、これを悪用して、サービス拒否状態または任意のコードの実行を引き起こす可能性があります。(CVE-2016-5688、VulnDB 140068)

- リソースが不適切に処理されるため、無効な書き込みエラーが MagickCore/cache.c の OpenPixelCache() 関数に存在します。認証されていないリモートの攻撃者がこれを悪用し、サービス拒否状態を引き起こすことや、任意のコードを実行することができます。(CVE-2016-5688、VulnDB 140069)

ソリューション

ImageMagick をバージョン 6.9.4-3 / 7.0.1-4 以降にアップグレードしてください。

注意:システムから脆弱なバージョンを手動でアンインストールすることが必要な場合があります。

関連情報

http://www.imagemagick.org/script/changelog.php

http://www.nessus.org/u?0b5f3426

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 91818

ファイル名: imagemagick_6_9_4_3.nasl

バージョン: 1.9

タイプ: local

エージェント: windows

ファミリー: Windows

公開日: 2016/6/24

更新日: 2019/11/19

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2016-5687

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 5.5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 8.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:imagemagick:imagemagick

必要な KB アイテム: installed_sw/ImageMagick

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2016/6/14

脆弱性公開日: 2016/6/14

参照情報

CVE: CVE-2016-5687, CVE-2016-5688

BID: 91283