Ubuntu 16.04 LTS:linux-raspi2 脆弱性(USN-3016-2)

high Nessus プラグイン ID 91874
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモート Ubuntu ホストにセキュリティ関連パッチがありません。

説明

Jesse Hertz 氏および Tim Newsham 氏は、Linux netfilter 実装が、64 ビットプラットフォーム上で 32 ビット互換 IPT_SO_SET_REPLACE イベントを処理する際に、検証を適切に実行しないことを発見しました。権限のないローカルの攻撃者がこれを利用して、サービス拒否(システムクラッシュ)を引き起こしたり、管理者権限で任意のコードを実行したりする可能性があります。(CVE-2016-4997)

Kangjie Lu 氏は、Linux カーネルのコア USB 実装に情報漏洩を発見しました。ローカルの攻撃者がこの欠陥を悪用して、カーネルメモリから機密情報を入手する可能性があります。
(CVE-2016-4482)

Kangjie Lu 氏は、Linux カーネルの Advanced Linux Sound Architecture(ALSA)サブシステムのタイマー処理の実装に情報漏洩を発見しました。ローカルの攻撃者がこの欠陥を悪用して、カーネルメモリから機密情報を入手する可能性があります。
(CVE-2016-4569、CVE-2016-4578)

Kangjie Lu 氏は、Linux カーネルの X.25 呼び出しリクエスト処理に情報漏洩を発見しました。ローカルの攻撃者がこの欠陥を悪用して、カーネルメモリから機密情報を入手する可能性があります。
(CVE-2016-4580)

Linux カーネルの Rock Ridge 実装に情報漏洩が存在することが判明しました。悪意のある iso9660 ファイルシステムイメージをマウントできるローカルの攻撃者がこの欠陥を悪用して、カーネルメモリから、潜在的な機密情報を入手する可能性があります。
(CVE-2016-4913)

Baozeng Ding 氏は、Linux カーネルの Transparent Inter-process Communication(TIPC)実装が、場合によっては使用する前にソケットの有無を検証しないことを発見しました。ローカルの攻撃者がこれを利用して、サービス拒否(システムクラッシュ)を引き起こす可能性があります。(CVE-2016-4951)

Jesse Hertz 氏および Tim Newsham 氏は、Linux netfilter 実装が、IPT_SO_SET_REPLACE イベントを処理する際に、検証を適切に実行しないことを発見しました。権限のないローカルの攻撃者がこれを利用して、サービス拒否(システムクラッシュ)を引き起こしたり、カーネルメモリから潜在的な機密情報を取得したりする可能性があります。(CVE-2016-4998)。

注意:Tenable Network Security は、前述の説明ブロックを Ubuntu セキュリティアドバイザリから直接抽出しています。Tenable では、できる限り新たな問題を持ち込まないように、自動的に整理して書式設定するようにしています。

ソリューション

影響を受ける linux-image-4.4.0-1016-raspi2 パッケージを更新してください。

関連情報

https://usn.ubuntu.com/3016-2/

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 91874

ファイル名: ubuntu_USN-3016-2.nasl

バージョン: 2.12

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2016/6/28

更新日: 2019/9/18

依存関係: ssh_get_info.nasl, linux_alt_patch_detect.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 9.2

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.2

Temporal Score: 6.3

ベクトル: AV:L/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:H/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.8

Temporal Score: 7.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:H/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:linux-image-4.4-raspi2, cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:16.04

必要な KB アイテム: Host/cpu, Host/Ubuntu, Host/Ubuntu/release, Host/Debian/dpkg-l

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2016/6/27

脆弱性公開日: 2016/5/23

エクスプロイト可能

Metasploit (Linux Kernel 4.6.3 Netfilter Privilege Escalation)

参照情報

CVE: CVE-2016-4482, CVE-2016-4569, CVE-2016-4578, CVE-2016-4580, CVE-2016-4913, CVE-2016-4951, CVE-2016-4997, CVE-2016-4998

USN: 3016-2