Palo Alto Networks PAN-OS 管理インターフェイス API のリモート DoS(PAN-SA-2016-0008)

medium Nessus プラグイン ID 91958
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートホストは、サービス拒否脆弱性の影響を受けます。

説明

リモートホストで実行されている Palo Alto Networks PAN-OS は、「username」と「password」のパラメーターへのユーザー指定の入力を不適切に検証しているため、管理インターフェイスでホストされている API(具体的には panmodule.so 内の panUserLogin() 関数)で、サービス拒否の脆弱性の影響を受けます。認証されていないリモートの攻撃者がこれを悪用して、細工されたリクエストを通じて、プロセスを終了させる可能性があります。

注意:PAN-OS はその他の脆弱性の影響も受けることが報告されていますが、Nessus はこれらのテストを行っていません。

ソリューション

Palo Alto Networks PAN-OS バージョン 7.0.8 以降にアップグレードしてください。

関連情報

https://securityadvisories.paloaltonetworks.com/Home/Detail/41

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 91958

ファイル名: palo_alto_PAN-SA-2016-0008_remote.nasl

バージョン: 1.4

タイプ: remote

ファミリー: Denial of Service

公開日: 2016/7/6

更新日: 2018/8/8

依存関係: palo_alto_webui_detect.nbin

リスク情報

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5

Temporal Score: 3.7

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:N/I:N/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:paloaltonetworks:pan-os

必要な KB アイテム: www/palo_alto_panos

パッチ公開日: 2016/6/27

脆弱性公開日: 2016/6/27

参照情報