openSUSE セキュリティ更新:ImageMagick(openSUSE-2016-840)

critical Nessus プラグイン ID 91967
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモート openSUSE ホストに、セキュリティ更新がありません。

説明

ImageMagick が更新され、66 個のセキュリティ問題が修正されました。

これらのセキュリティの問題が修正されました:

- CVE-2014-9810:dpx ファイルハンドラーの SEGV(bsc#983803)。

- CVE-2014-9811:xwd ファイルハンドラーのクラッシュ(bsc#984032)。

- CVE-2014-9812:ps ファイル処理における NULL ポインターデリファレンス(bsc#984137)。

- CVE-2014-9813:破損している viff ファイルのクラッシュ(bsc#984035)。

- CVE-2014-9814:wpg ファイル処理の NULL ポインターデリファレンス(bsc#984193)。

- CVE-2014-9815:破損した wpg ファイルのクラッシュ(bsc#984372)。

- CVE-2014-9816:viff 画像の領域外アクセス(bsc#984398)。

- CVE-2014-9817:pdb ファイル処理のヒープバッファオーバーフロー(bsc#984400)。

- CVE-2014-9818:無効な形式の sun ファイルの領域外アクセス(bsc#984181)。

- CVE-2014-9819:palm ファイルのヒープオーバーフロー(bsc#984142)。

- CVE-2014-9830:破損した sun ファイルの処理(bsc#984135)。

- CVE-2014-9831:破損した wpg ファイルの処理(bsc#984375)。

- CVE-2014-9850:不適切なスレッド制限ロジック(bsc#984149)。

- CVE-2014-9851:リソースブロック解析時のクラッシュ(bsc#984160)。

- CVE-2014-9852:破棄された後のオブジェクトの不適切な使用(bsc#984191)。

- CVE-2014-9853:rle ファイル処理のメモリリーク(bsc#984408)。

- CVE-2015-8902:PDB ファイルの DoS(CPU の消費)(bsc#983253)。

- CVE-2015-8903:vicar のサービス拒否(cpu)(bsc#983259)。

- CVE-2015-8900:HDR ファイルの DoS(無限ループ)(bsc#983232)。

- CVE-2015-8901:MIFF ファイルの DoS(無限ループ)(bsc#983234)。

- CVE-2016-5688:ImageMagick WPG のさまざまな無効なメモリ読み取り(bsc#985442)。

- CVE-2014-9834:pict ファイルのヒープオーバーフロー(bsc#984436)。

- CVE-2014-9806:破損したファイルにより漏洩したファイル記述子(bsc#983774)。

- CVE-2016-5687:DDS コーダーでの領域外読み取り(bsc#985448)。

- CVE-2014-9838:magick/cache.c におけるメモリ不足によるクラッシュ(bsc#984370)。

- CVE-2014-9854:TIFF 画像の識別中にメモリが埋まる(bsc#984184)。

- CVE-2015-8898:magick/constitute.c における NULL ポインターアクセスの防止(bsc#983746)。

- CVE-2014-9833:psd ファイルのヒープオーバーフロー(bsc#984406)。

- CVE-2015-8894:coders/tga.c:221 の二重解放(bsc#983523)。

- CVE-2015-8895:coders/icon.c における整数およびバッファオーバーフロー(bsc#983527)。

- CVE-2015-8896:coders/pict.c:2000 の二重解放 / 整数切り捨ての問題(bsc#983533)。

- CVE-2015-8897:SpliceImage における領域外エラー(bsc#983739)。

- CVE-2016-5690:DCM コーダーにおける不適切な for loop(bsc#985451)。

- CVE-2016-5691:dcm コーダーにおける pixel.red/green/blue のチェック(bsc#985456)。

- CVE-2014-9836:xpm ファイル処理におけるクラッシュ(bsc#984023)。

- CVE-2014-9808:破損した dpc 画像による SEGV(bsc#983796)。

- CVE-2014-9821:pnm ファイルでのヒープオーバーフローを回避します(bsc#984014)。

- CVE-2014-9820:xpm ファイルにおけるヒープオーバーフロー(bsc#984150)。

- CVE-2014-9823:palm ファイルにおけるヒープオーバーフロー(bsc#984401)。

- CVE-2014-9822:quantum ファイルにおけるヒープオーバーフロー(bsc#984187)。

- CVE-2014-9825:破損した psd ファイルにおけるヒープオーバーフロー(bsc#984427)。

- CVE-2014-9824:psd ファイルにおけるヒープオーバーフロー(bsc#984185)。

- CVE-2014-9809:破損した xwd 画像による SEGV(bsc#983799)。

- CVE-2014-9826:sun ファイルにおける不適切なエラー処理(bsc#984186)。

- CVE-2014-9843:DecodePSDPixels における不適切な境界検査(bsc#984179)。

- CVE-2014-9842:psd 処理におけるメモリリーク(bsc#984374)。

- CVE-2014-9841:psd 処理における例外のスロー(bsc#984172)。

- CVE-2014-9840:palm ファイルの領域外アクセス(bsc#984433)。

- CVE-2014-9847:JNG デコーダーの「以前の」画像の不適切な処理(bsc#984144)。

- CVE-2014-9846:rle ファイルのオーバーフローを防ぐためにチェックを追加しました(bsc#983521)。

- CVE-2014-9845:破損した dib ファイルによるクラッシュ(bsc#984394)。

- CVE-2014-9844:rle ファイルの領域外問題(bsc#984373)。

- CVE-2014-9849:png コーダーにおけるクラッシュ(bsc#984018)。

- CVE-2014-9848:quantum 管理におけるメモリリーク(bsc#984404)。

- CVE-2014-9807:pdb コーダーでの二重解放(bsc#983794)。

- CVE-2014-9829:sun ファイルの領域外アクセス(bsc#984409)。

- CVE-2014-9832:pcx ファイルにおけるヒープオーバーフロー(bsc#984183)。

- CVE-2014-9805:破損した pnm ファイルによる SEGV(bsc#983752)。

- CVE-2016-4564:ImageMagick の MagickCore/draw.c にある DrawImage 関数は、次のトークンの検索試行時に不適切な関数呼び出しを行いました。これにより、リモートの攻撃者は細工されたファイルを通じて、サービス拒否を引き起こす(バッファオーバーフローとアプリケーションのクラッシュ)か、その他の詳細不明の影響を及ぼすことが可能でした(bsc#983308)。

- CVE-2016-4563:ImageMagick の MagickCore/draw.c にある TraceStrokePolygon 関数は、BezierQuantum 値と特定のストロークデータ間の関係を不適切に処理しました。これにより、リモートの攻撃者は細工されたファイルを通じて、サービス拒否を引き起こす(バッファオーバーフローとアプリケーションのクラッシュ)か、その他の詳細不明の影響を及ぼすことが可能でした(bsc#983305)。

- CVE-2016-4562:ImageMagick の MagickCore/draw.c にある DrawDashPolygon 関数は、特定の vertex 整数データの計算を不適切に処理しました。これにより、リモートの攻撃者は細工されたファイルを通じて、サービス拒否を引き起こす(バッファオーバーフローとアプリケーションのクラッシュ)か、その他の詳細不明の影響を及ぼすことが可能でした(bsc#983292)。

- CVE-2014-9839:magick/colormap-private.h の理論的領域外アクセス(bsc#984379)。

- CVE-2016-5689:dcm コーダーにおける NULL ポインターデリファレンス(bsc#985460)。

- CVE-2014-9837:追加の PNM サニティチェック(bsc#984166)。

- CVE-2014-9835:wpf ファイルのヒープオーバーフロー(bsc#984145)。

- CVE-2014-9828:破損した(色が多すぎる)psd ファイル(bsc#984028)。

- CVE-2016-5841:MagickCore/property.c:1396 での領域外の読み取りにより、メモリリークまたは RCE に対する整数オーバーフローの読み取りを引き起こす可能性があります(bnc#986609)。

- CVE-2016-5842:MagickCore/property.c:1396 での領域外の読み取りにより、メモリリークまたは RCE に対する整数オーバーフローの読み取りを引き起こす可能性があります(bnc#986608)。

ソリューション

影響を受ける ImageMagick パッケージを更新してください。

関連情報

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=983232

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=983234

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=983253

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=983259

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=983292

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=983305

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=983308

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=983521

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=983523

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=983527

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=983533

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=983739

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=983746

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=983752

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=983774

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=983794

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=983796

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=983799

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=983803

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=984014

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=984018

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=984023

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=984028

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=984032

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=984035

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=984135

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=984137

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=984142

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=984144

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=984145

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=984149

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=984150

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=984160

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=984166

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=984172

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=984179

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=984181

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=984183

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=984184

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=984185

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=984186

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=984187

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=984191

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=984193

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=984370

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=984372

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=984373

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=984374

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=984375

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=984379

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=984394

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=984398

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=984400

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=984401

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=984404

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=984406

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=984408

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=984409

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=984427

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=984433

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=984436

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=985442

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=985448

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=985451

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=985456

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=985460

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=986608

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=986609

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 91967

ファイル名: openSUSE-2016-840.nasl

バージョン: 2.6

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2016/7/7

更新日: 2021/1/19

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:novell:opensuse:ImageMagick, p-cpe:/a:novell:opensuse:ImageMagick-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:ImageMagick-debugsource, p-cpe:/a:novell:opensuse:ImageMagick-devel, p-cpe:/a:novell:opensuse:ImageMagick-devel-32bit, p-cpe:/a:novell:opensuse:ImageMagick-extra, p-cpe:/a:novell:opensuse:ImageMagick-extra-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:libmagick%2b%2b-6_q16-5, p-cpe:/a:novell:opensuse:libmagick%2b%2b-6_q16-5-32bit, p-cpe:/a:novell:opensuse:libmagick%2b%2b-6_q16-5-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:libmagick%2b%2b-6_q16-5-debuginfo-32bit, p-cpe:/a:novell:opensuse:libmagick%2b%2b-devel, p-cpe:/a:novell:opensuse:libmagick%2b%2b-devel-32bit, p-cpe:/a:novell:opensuse:libMagickCore-6_Q16-2, p-cpe:/a:novell:opensuse:libMagickCore-6_Q16-2-32bit, p-cpe:/a:novell:opensuse:libMagickCore-6_Q16-2-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:libMagickCore-6_Q16-2-debuginfo-32bit, p-cpe:/a:novell:opensuse:libMagickWand-6_Q16-2, p-cpe:/a:novell:opensuse:libMagickWand-6_Q16-2-32bit, p-cpe:/a:novell:opensuse:libMagickWand-6_Q16-2-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:libMagickWand-6_Q16-2-debuginfo-32bit, p-cpe:/a:novell:opensuse:perl-PerlMagick, p-cpe:/a:novell:opensuse:perl-PerlMagick-debuginfo, cpe:/o:novell:opensuse:13.2

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/SuSE/release, Host/SuSE/rpm-list, Host/cpu

パッチ公開日: 2016/7/6

参照情報

CVE: CVE-2014-9805, CVE-2014-9806, CVE-2014-9807, CVE-2014-9808, CVE-2014-9809, CVE-2014-9810, CVE-2014-9811, CVE-2014-9812, CVE-2014-9813, CVE-2014-9814, CVE-2014-9815, CVE-2014-9816, CVE-2014-9817, CVE-2014-9818, CVE-2014-9819, CVE-2014-9820, CVE-2014-9821, CVE-2014-9822, CVE-2014-9823, CVE-2014-9824, CVE-2014-9825, CVE-2014-9826, CVE-2014-9828, CVE-2014-9829, CVE-2014-9830, CVE-2014-9831, CVE-2014-9832, CVE-2014-9833, CVE-2014-9834, CVE-2014-9835, CVE-2014-9836, CVE-2014-9837, CVE-2014-9838, CVE-2014-9839, CVE-2014-9840, CVE-2014-9841, CVE-2014-9842, CVE-2014-9843, CVE-2014-9844, CVE-2014-9845, CVE-2014-9846, CVE-2014-9847, CVE-2014-9848, CVE-2014-9849, CVE-2014-9850, CVE-2014-9851, CVE-2014-9852, CVE-2014-9853, CVE-2014-9854, CVE-2015-8894, CVE-2015-8895, CVE-2015-8896, CVE-2015-8897, CVE-2015-8898, CVE-2015-8900, CVE-2015-8901, CVE-2015-8902, CVE-2015-8903, CVE-2016-4562, CVE-2016-4563, CVE-2016-4564, CVE-2016-5687, CVE-2016-5688, CVE-2016-5689, CVE-2016-5690, CVE-2016-5691, CVE-2016-5841, CVE-2016-5842