McAfee Email Gateway の添付ファイル名における NULL 文字処理のフィルターのバイパス(SB10161)

medium Nessus プラグイン ID 91991

概要

リモートホストで実行されているメールプロキシサーバーは、フィルターバイパスの脆弱性の影響を受けます。

説明

リモートホストで実行されている McAfee Email Gateway(MEG)アプリケーションが、デコード前に Raw ヘッダー値から NULL 文字を削除しないため、メールの添付ファイルを処理する際に、欠陥による影響を受けます。認証されていないリモートの攻撃者が、これを悪用して、細工された添付ファイルを通じて、ファイルフィルターをバイパスし、受信者に任意のファイルを送信する可能性があります。

ソリューション

ベンダーアドバイザリで参照されている、関連するホットフィックスを適用してください。

関連情報

https://kc.mcafee.com/corporate/index?page=content&id=SB10161

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 91991

ファイル名: mcafee_email_gateway_SB10161.nasl

バージョン: 1.4

タイプ: local

ファミリー: Misc.

公開日: 2016/7/11

更新日: 2018/8/8

リスク情報

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5

Temporal Score: 3.7

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:N/I:P/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:mcafee:email_gateway

必要な KB アイテム: Host/McAfeeSMG/name, Host/McAfeeSMG/version, Host/McAfeeSMG/patches

パッチ公開日: 2016/6/7

脆弱性公開日: 2016/6/9

参照情報

MCAFEE-SB: SB10161