openSUSE セキュリティ更新 : flash-player(openSUSE-2016-866)

critical Nessus プラグイン ID 92043
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモート openSUSE ホストに、セキュリティ更新がありません。

説明

Adobe Flash Player が 11.2.202.632 に更新され、Upstream アドバイザリ APSB16-25 の下で追跡されたセキュリティ問題が多数修正されました。これらのセキュリティ問題により、リモートの攻撃者が特別に細工された Flash コンテンツの配信時に任意のコードを実行することが可能でした。

次の脆弱性が修正されました:

- CVE-2016-4172:コード実行を引き起こす可能性のあるメモリ破損の脆弱性

- CVE-2016-4173:コード実行を引き起こす可能性がある use-after-free の脆弱性

- CVE-2016-4174:コード実行を引き起こす可能性がある use-after-free の脆弱性

- CVE-2016-4175:コード実行を引き起こす可能性のあるメモリ破損の脆弱性

- CVE-2016-4176:コード実行を引き起こす可能性があるスタック破損の脆弱性

- CVE-2016-4177:コード実行を引き起こす可能性があるスタック破損の脆弱性

- CVE-2016-4178:情報漏洩を引き起こす可能性があるセキュリティバイパスの脆弱性

- CVE-2016-4179:コード実行を引き起こす可能性のあるメモリ破損の脆弱性

- CVE-2016-4180:コード実行を引き起こす可能性のあるメモリ破損の脆弱性

- CVE-2016-4181:コード実行を引き起こす可能性のあるメモリ破損の脆弱性

- CVE-2016-4182:コード実行を引き起こす可能性のあるメモリ破損の脆弱性

- CVE-2016-4183:コード実行を引き起こす可能性のあるメモリ破損の脆弱性

- CVE-2016-4184:コード実行を引き起こす可能性のあるメモリ破損の脆弱性

- CVE-2016-4185:コード実行を引き起こす可能性のあるメモリ破損の脆弱性

- CVE-2016-4186:コード実行を引き起こす可能性のあるメモリ破損の脆弱性

- CVE-2016-4187:コード実行を引き起こす可能性のあるメモリ破損の脆弱性

- CVE-2016-4188:コード実行を引き起こす可能性のあるメモリ破損の脆弱性

- CVE-2016-4189:コード実行を引き起こす可能性のあるメモリ破損の脆弱性

- CVE-2016-4190:コード実行を引き起こす可能性のあるメモリ破損の脆弱性

- CVE-2016-4217:コード実行を引き起こす可能性のあるメモリ破損の脆弱性

- CVE-2016-4218:コード実行を引き起こす可能性のあるメモリ破損の脆弱性

- CVE-2016-4219:コード実行を引き起こす可能性のあるメモリ破損の脆弱性

- CVE-2016-4220:コード実行を引き起こす可能性のあるメモリ破損の脆弱性

- CVE-2016-4221:コード実行を引き起こす可能性のあるメモリ破損の脆弱性

- CVE-2016-4222:コード実行を引き起こす可能性がある use-after-free の脆弱性

- CVE-2016-4223:コード実行を引き起こす可能性がある型の取り違え(Type Confusion)の脆弱性

- CVE-2016-4224:コード実行を引き起こす可能性がある型の取り違え(Type Confusion)の脆弱性

- CVE-2016-4225:コード実行を引き起こす可能性がある型の取り違え(Type Confusion)の脆弱性

- CVE-2016-4226:コード実行を引き起こす可能性がある use-after-free の脆弱性

- CVE-2016-4227:コード実行を引き起こす可能性がある use-after-free の脆弱性

- CVE-2016-4228:コード実行を引き起こす可能性がある use-after-free の脆弱性

- CVE-2016-4229:コード実行を引き起こす可能性がある use-after-free の脆弱性

- CVE-2016-4230:コード実行を引き起こす可能性がある use-after-free の脆弱性

- CVE-2016-4231:コード実行を引き起こす可能性がある use-after-free の脆弱性

- CVE-2016-4232:メモリリークの脆弱性

- CVE-2016-4233:コード実行を引き起こす可能性のあるメモリ破損の脆弱性

- CVE-2016-4234:コード実行を引き起こす可能性のあるメモリ破損の脆弱性

- CVE-2016-4235:コード実行を引き起こす可能性のあるメモリ破損の脆弱性

- CVE-2016-4236:コード実行を引き起こす可能性のあるメモリ破損の脆弱性

- CVE-2016-4237:コード実行を引き起こす可能性のあるメモリ破損の脆弱性

- CVE-2016-4238:コード実行を引き起こす可能性のあるメモリ破損の脆弱性

- CVE-2016-4239:コード実行を引き起こす可能性のあるメモリ破損の脆弱性

- CVE-2016-4240:コード実行を引き起こす可能性のあるメモリ破損の脆弱性

- CVE-2016-4241:コード実行を引き起こす可能性のあるメモリ破損の脆弱性

- CVE-2016-4242:コード実行を引き起こす可能性のあるメモリ破損の脆弱性

- CVE-2016-4243:コード実行を引き起こす可能性のあるメモリ破損の脆弱性

- CVE-2016-4244:コード実行を引き起こす可能性のあるメモリ破損の脆弱性

- CVE-2016-4245:コード実行を引き起こす可能性のあるメモリ破損の脆弱性

- CVE-2016-4246:コード実行を引き起こす可能性のあるメモリ破損の脆弱性

- CVE-2016-4247:情報漏洩を引き起こす可能性がある競合状態の脆弱性

- CVE-2016-4248:コード実行を引き起こす可能性がある use-after-free の脆弱性

- CVE-2016-4249:コードの実行を引き起こす可能性があるヒープバッファオーバーフローの脆弱性

ソリューション

影響を受けるフラッシュプレイヤーパッケージを更新してください。

関連情報

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=988579

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 92043

ファイル名: openSUSE-2016-866.nasl

バージョン: 2.9

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2016/7/14

更新日: 2021/1/19

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 9

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

Temporal Score: 8.7

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:H/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 9.4

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:H/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:novell:opensuse:flash-player, p-cpe:/a:novell:opensuse:flash-player-gnome, p-cpe:/a:novell:opensuse:flash-player-kde4, cpe:/o:novell:opensuse:13.2

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/SuSE/release, Host/SuSE/rpm-list, Host/cpu

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2016/7/13

参照情報

CVE: CVE-2016-4172, CVE-2016-4173, CVE-2016-4174, CVE-2016-4175, CVE-2016-4176, CVE-2016-4177, CVE-2016-4178, CVE-2016-4179, CVE-2016-4180, CVE-2016-4181, CVE-2016-4182, CVE-2016-4183, CVE-2016-4184, CVE-2016-4185, CVE-2016-4186, CVE-2016-4187, CVE-2016-4188, CVE-2016-4189, CVE-2016-4190, CVE-2016-4217, CVE-2016-4218, CVE-2016-4219, CVE-2016-4220, CVE-2016-4221, CVE-2016-4222, CVE-2016-4223, CVE-2016-4224, CVE-2016-4225, CVE-2016-4226, CVE-2016-4227, CVE-2016-4228, CVE-2016-4229, CVE-2016-4230, CVE-2016-4231, CVE-2016-4232, CVE-2016-4233, CVE-2016-4234, CVE-2016-4235, CVE-2016-4236, CVE-2016-4237, CVE-2016-4238, CVE-2016-4239, CVE-2016-4240, CVE-2016-4241, CVE-2016-4242, CVE-2016-4243, CVE-2016-4244, CVE-2016-4245, CVE-2016-4246, CVE-2016-4247, CVE-2016-4248, CVE-2016-4249