Debian DSA-3619-1:libgd2 - セキュリティ更新

critical Nessus プラグイン ID 92327

概要

リモート Debian ホストに、セキュリティ更新がありません。

説明

プログラムによるグラフィックスの作成と操作のためのライブラリである libgd2 で、いくつの脆弱性が発見されました。リモートの攻撃者が、これらの欠陥を利用して、libgd2 ライブラリを使用しているアプリケーションに対してサービス拒否(アプリケーションクラッシュ)を引き起こしたり、アプリケーションを実行しているユーザーの権限で任意のコードを実行したりする可能性があります。

ソリューション

libgd2 パッケージをアップグレードしてください。

安定版(stable)ディストリビューション(jessie)では、これらの問題はバージョン 2.1.0-5+deb8u4 で修正されています。

関連情報

https://bugs.debian.org/cgi-bin/bugreport.cgi?bug=829014

https://bugs.debian.org/cgi-bin/bugreport.cgi?bug=829062

https://bugs.debian.org/cgi-bin/bugreport.cgi?bug=829694

https://packages.debian.org/source/jessie/libgd2

https://www.debian.org/security/2016/dsa-3619

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 92327

ファイル名: debian_DSA-3619.nasl

バージョン: 2.11

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2016/7/18

更新日: 2021/1/11

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.8

Temporal Score: 5

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.1

Temporal Score: 7.9

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:N/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:debian:debian_linux:libgd2, cpe:/o:debian:debian_linux:8.0

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/Debian/release, Host/Debian/dpkg-l

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2016/7/15

参照情報

CVE: CVE-2016-5116, CVE-2016-5766, CVE-2016-6128, CVE-2016-6132, CVE-2016-6161, CVE-2016-6214, CVE-2016-6905

DSA: 3619