FreeBSD:flash -- 複数の脆弱性(a522d6ac-4aed-11e6-97ea-002590263bf5)

critical Nessus プラグイン ID 92343
New! Vulnerability Priority Rating (VPR)

Tenable では、すべての脆弱性に対して動的な VPR が計算されます。VPR は脆弱性の情報を、脅威インテリジェンスや機械学習アルゴリズムと組み合わせて、攻撃時に最も悪用される可能性の高い脆弱性を予測します。詳細は、 「VPR とは何で、CVSS とはどう違うのか」を参照してください。

VPR スコア : 8.9

概要

リモート FreeBSD ホストに 1 つ以上のセキュリティ関連の更新が見つかりません。

説明

Adobe による報告:

これらの更新は、情報漏洩を引き起こす可能性がある競合状態の脆弱性を解決します(CVE-2016-4247)。

これらの更新により、コード実行を引き起こす可能性がある型の取り違え(Type Confusion)の脆弱性を解決します(CVE-2016-4223、CVE-2016-4224、CVE-2016-4225)。

これらの更新は、コードの実行を引き起こす可能性がある use-after-free の脆弱性を解決します(CVE-2016-4173、CVE-2016-4174、CVE-2016-4222、CVE-2016-4226、CVE-2016-4227、CVE-2016-4228、CVE-2016-4229、CVE-2016-4230、CVE-2016-4231、CVE-2016-4248)。

これらの更新により、コードの実行を引き起こす可能性があるヒープバッファオーバーフローの脆弱性を解決します(CVE-2016-4249)。

これらの更新では、コードの実行を引き起こす可能性のある、メモリ破損の脆弱性を解決します(CVE-2016-4172、CVE-2016-4175、CVE-2016-4179、CVE-2016-4180、CVE-2016-4181、CVE-2016-4182、CVE-2016-4183、CVE-2016-4184、CVE-2016-4185、CVE-2016-4186、CVE-2016-4187、CVE-2016-4188、CVE-2016-4189、CVE-2016-4190、CVE-2016-4217、CVE-2016-4218、CVE-2016-4219、CVE-2016-4220、CVE-2016-4221、CVE-2016-4233、CVE-2016-4234、CVE-2016-4235、CVE-2016-4236、CVE-2016-4237、CVE-2016-4238、CVE-2016-4239、CVE-2016-4240、CVE-2016-4241、CVE-2016-4242、CVE-2016-4243、CVE-2016-4244、CVE-2016-4245、CVE-2016-4246)。

これらの更新は、メモリ漏洩の脆弱性を解決します(CVE-2016-4232)。

これらの更新は、コードの実行につながる、スタック破損の脆弱性を解決します(CVE-2016-4176、CVE-2016-4177)。

これらの更新は、情報漏洩を引き起こす可能性があるセキュリティバイパスの脆弱性を解決します(CVE-2016-4178)。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

https://helpx.adobe.com/security/products/flash-player/apsb16-25.html

http://www.nessus.org/u?e172b628

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 92343

ファイル名: freebsd_pkg_a522d6ac4aed11e697ea002590263bf5.nasl

バージョン: 2.9

タイプ: local

公開日: 2016/7/18

更新日: 2021/1/4

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

リスクファクター: Critical

VPR スコア: 8.9

CVSS v2.0

Base Score: 10

Temporal Score: 8.7

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:H/RL:OF/RC:C

CVSS v3.0

Base Score: 9.8

Temporal Score: 9.4

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:H/RL:O/RC:C

脆弱性の情報

CPE: p-cpe:/a:freebsd:freebsd:linux-c6-flashplugin, p-cpe:/a:freebsd:freebsd:linux-c6_64-flashplugin, p-cpe:/a:freebsd:freebsd:linux-f10-flashplugin, cpe:/o:freebsd:freebsd

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/FreeBSD/release, Host/FreeBSD/pkg_info

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2016/7/16

脆弱性公開日: 2016/7/12

参照情報

CVE: CVE-2016-4172, CVE-2016-4173, CVE-2016-4174, CVE-2016-4175, CVE-2016-4176, CVE-2016-4177, CVE-2016-4178, CVE-2016-4179, CVE-2016-4180, CVE-2016-4181, CVE-2016-4182, CVE-2016-4183, CVE-2016-4184, CVE-2016-4185, CVE-2016-4186, CVE-2016-4187, CVE-2016-4188, CVE-2016-4189, CVE-2016-4190, CVE-2016-4217, CVE-2016-4218, CVE-2016-4219, CVE-2016-4220, CVE-2016-4221, CVE-2016-4222, CVE-2016-4223, CVE-2016-4224, CVE-2016-4225, CVE-2016-4226, CVE-2016-4227, CVE-2016-4228, CVE-2016-4229, CVE-2016-4230, CVE-2016-4231, CVE-2016-4232, CVE-2016-4233, CVE-2016-4234, CVE-2016-4235, CVE-2016-4236, CVE-2016-4237, CVE-2016-4238, CVE-2016-4239, CVE-2016-4240, CVE-2016-4241, CVE-2016-4242, CVE-2016-4243, CVE-2016-4244, CVE-2016-4245, CVE-2016-4246, CVE-2016-4247, CVE-2016-4248, CVE-2016-4249