3.0.1.14 より前の 3.0.1.x Oracle GlassFish Server の複数の脆弱性(2016 年 7 月 CPU)

critical Nessus プラグイン ID 92463

概要

リモート Web サーバーは、複数の脆弱性の影響を受けます。

説明

自己報告されたバージョン番号によると、リモートホストで実行されている Oracle GlassFish Server は、3.0.1.14 より前の 3.0.1.x です。したがって、以下の複数の脆弱性による影響を受けます:

- 境界を適切に検証することなく有効であると判断された値を使用することにより、smb_request_state() 関数の libcurl バンドルバージョンに情報漏洩の脆弱性が存在します。認証されていないリモートの攻撃者がこれを悪用して、悪意のある SMB サーバーを通じて任意のメモリコンテンツを漏洩する可能性があります。(CVE-2015-3237)

- Web Container サブコンポーネントに詳細不明な欠陥が存在するため、認証されていないリモートの攻撃者が任意のコードを実行することが可能です。(CVE-2016-3607)

- Administration サブコンポーネントに複数の詳細不明な欠陥が存在するため、認証されていないリモートの攻撃者が機密情報を漏洩させることが可能です。
(CVE-2016-3608、CVE-2016-5477)

ソリューション

2016 年 7 月の Oracle Critical Patch Update アドバイザリで言及されているように、Oracle GlassFish Server バージョン 3.0.1.14 以降にアップグレードしてください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?453b5f8c

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 92463

ファイル名: glassfish_cve-2016-3608.nasl

バージョン: 1.9

タイプ: remote

ファミリー: Web Servers

公開日: 2016/7/20

更新日: 2019/11/19

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

Temporal Score: 7.4

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2016-3607

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 8.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:oracle:glassfish_server

必要な KB アイテム: www/glassfish

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2016/7/19

脆弱性公開日: 2015/6/17

参照情報

CVE: CVE-2015-3237, CVE-2016-3607, CVE-2016-3608, CVE-2016-5477

BID: 75387, 92031, 92032