Oracle セキュアグローバルデスクトップの複数の脆弱性(2016 年 7 月 CPU)

critical Nessus プラグイン ID 92543
New! Vulnerability Priority Rating (VPR)

Tenable では、すべての脆弱性に対して動的な VPR が計算されます。VPR は脆弱性の情報を、脅威インテリジェンスや機械学習アルゴリズムと組み合わせて、攻撃時に最も悪用される可能性の高い脆弱性を予測します。詳細は、 「VPR とは何で、CVSS とはどう違うのか」を参照してください。

VPR スコア : 6.7

概要

リモートホストにインストールされているアプリケーションは、複数の脆弱性による影響を受けます。

説明

リモートホストにインストールされている Oracle Secure Global Desktop のバージョンは、4.63、4.71、または 5.2 であり、2016 年 7 月の Critical Patch Update(CPU)からのセキュリティパッチがありません。したがって、次の脆弱性の影響を受けます:

- 戻されたデータを処理するために必要なメモリの量を計算する際に、ユーザー指定入力の検証が不適切なために、read_packet() 関数の X Server サブコンポーネントに整数オーバーフロー状態が存在します。リモートの攻撃者がこれを悪用し、サービス拒否状態や任意のコードの実行を引き起こすおそれがあります。注意:この脆弱性の影響を受けるのは、4.71 と 5.2 のバージョンのみです。(CVE-2013-2064)

- BN_mod_exp() 関数が正しくない結果を生成する原因となる、桁上げ伝播の欠陥が x86_64 Montgomery 積算の実装の OpenSSL サブコンポーネントに存在します。攻撃者がこれを悪用して、秘密鍵に関する機密情報を取得する可能性があります。(CVE-2015-3193)

- RSA PSS アルゴリズムを使用するが、マスク生成関数パラメーターが欠如している ASN.1 署名を処理する場合、ファイル rsa_ameth.c の OpenSSL サブコンポーネントに NULL ポインターデリファレンスの欠陥が存在します。リモートの攻撃者がこれを悪用して、署名認証ルーチンをクラッシュさせ、サービス拒否を引き起こす恐れがあります。(CVE-2015-3194)

- Intel Sandy-bridge マイクロアーキテクチャでキャッシュバンク競合を適切に処理していないため、OpenSSL サブコンポーネントに鍵漏洩の脆弱性が存在します。
攻撃者はこれを悪用して、RSA キー情報にアクセスする可能性があります。(CVE-2016-0702)

- BN_hex2bn() 関数と BN_dec2bn() 関数の OpenSSL サブコンポーネントに、NULL ポインターデリファレンスの欠陥が存在します。リモートの攻撃者はこれを悪用して、ヒープの破損を引き起こし、任意のコードを実行する可能性があります。(CVE-2016-0797)

- OpenSSL サブコンポーネントに複数のメモリ破損の問題が存在します。これにより、リモートの攻撃者は、サービス拒否状態を引き起こしたり、任意のコードを実行したりすることが可能です。(CVE-2016-0799)

- crypto/evp/encode.c ファイル内の EVP_EncodeUpdate() 関数の OpenSSL サブコンポーネントに、ヒープバッファオーバーフロー状態が存在します。これは、大量の入力データを処理する際に引き起こされます。認証されていないリモートの攻撃者がこれを悪用して、サービス拒否状態を引き起こす可能性があります。(CVE-2016-2105)

- crypto/evp/e_aes_cbc_hmac_sha1.c ファイル内の aesni_cbc_hmac_sha1_cipher() 関数 および crypto/evp/e_aes_cbc_hmac_sha256.c ファイル内の aesni_cbc_hmac_sha256_cipher() 関数の OpenSSL サブコンポーネントに、接続が AES-CBC 暗号を使用し、AES-NI がサーバーによってサポートされている場合に引き起こされる複数の欠陥が存在します。中間者攻撃の攻撃者が、これらを悪用して、パディングオラクル攻撃を行い、ネットワークトラフィックを解読する機能を取得する可能性があります。
(CVE-2016-2107)

- OpenSSL サブコンポーネントに詳細不明な欠陥が存在するため、リモートの攻撃者は任意のコードを実行することが可能です。(CVE-2016-3613)

ソリューション

July 2016 Oracle Critical Patch Update アドバイザリに従って、適切なパッチを適用してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?453b5f8c

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 92543

ファイル名: oracle_secure_global_desktop_jul_2016_cpu.nasl

バージョン: 1.7

タイプ: local

ファミリー: Misc.

公開日: 2016/7/25

更新日: 2019/11/19

依存関係: oracle_secure_global_desktop_installed.nbin

リスク情報

リスクファクター: Critical

VPR スコア: 6.7

CVSS スコアのソース: CVE-2016-3613

CVSS v2.0

Base Score: 10

Temporal Score: 7.8

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:POC/RL:OF/RC:C

CVSS v3.0

Base Score: 9.8

Temporal Score: 8.8

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:P/RL:O/RC:C

脆弱性の情報

CPE: cpe:/a:oracle:virtualization_secure_global_desktop

必要な KB アイテム: Host/Oracle_Secure_Global_Desktop/Version

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2016/7/19

脆弱性公開日: 2013/5/23

参照情報

CVE: CVE-2013-2064, CVE-2015-3193, CVE-2015-3194, CVE-2016-0702, CVE-2016-0797, CVE-2016-0799, CVE-2016-2105, CVE-2016-2107, CVE-2016-3613

BID: 60148, 78623, 83755, 83763, 89757, 89760, 91856

EDB-ID: 39768