Oracle Linux 6 / 7:kernel-uek(ELSA-2016-3587)

high Nessus プラグイン ID 92656
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモート Oracle Linux ホストに、1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

変更内容の説明:

[4.1.12-37.6.1.el7uek]
- vfs:rename:バッキング inode が等しいかどうかをチェックします(Miklos Szeredi 氏)[Orabug: 24010060] {CVE-2016-6198} {CVE-2016-6197}
- vfs:vfs_select_inode() ヘルパーを追加します(Miklos Szeredi 氏)[Orabug: 24010060] {CVE-2016-6198} {CVE-2016-6197}
- ovl:unlink と rename の前に上部の dentry を検証します(Miklos Szeredi 氏)[Orabug: 24010060] {CVE-2016-6198} {CVE-2016-6197}
- ovl:不首尾に終わった rmdir の後に発生する getcwd() のエラーを修正します(Rui Wang 氏)[Orabug: 24010060] {CVE-2016-6198} {CVE-2016-6197}
- xen:ページをカウントし、リマップするために同じメインループを使用します(Juergen Gross 氏)[Orabug: 24012238]
-「ocfs2:bump up o2cb ネットワークプロトコルバージョンを更新します」を戻します(Junxiao Bi 氏)[Orabug: 23710417]
- atl2:実装されていない分散 / 収集機能を無効にします(Ben Hutchings 氏)[Orabug: 23704078] {CVE-2016-2117}
-「perf tools:デフォルトサンプル頻度を 4 kHz に更新します」を戻します(ashok.vairavan)[Orabug: 23634802]
- block:max_dev_sectors を 0 に初期化します(Keith Busch 氏)[Orabug: 23333444]
- sd:最適な xfer サイズをレポートするデバイスの rw_max を修正します(Martin K. Petersen 氏)[Orabug: 23333444]
- sd:512 バイトより大きいブロックのあるデバイスの過剰容量印刷を修正します(Martin K. Petersen 氏)[Orabug: 23333444]
- sd:最適の I/O サイズはセクターではなくバイトです(Martin K. Petersen 氏)[Orabug: 23333444]
- sd:ページサイズより短い長さの最適な転送を却下します(Martin K. Petersen 氏)[Orabug: 23333444]
- Upstream コミット ca369d51 の kabi の問題を修正します(Joe Jin 氏)[Orabug: 23333444]
- block/sd:デバイスが課す転送の長さの制限を修正します(Joe Jin 氏)[Orabug: 23333444]

ソリューション

影響を受ける kernel-uek パッケージを更新してください。

関連情報

https://oss.oracle.com/pipermail/el-errata/2016-July/006214.html

https://oss.oracle.com/pipermail/el-errata/2016-July/006215.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 92656

ファイル名: oraclelinux_ELSA-2016-3587.nasl

バージョン: 2.8

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2016/8/1

更新日: 2021/1/14

依存関係: ssh_get_info.nasl, linux_alt_patch_detect.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3.6

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:N/A:N

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:N/A:N

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:oracle:linux:dtrace-modules-4.1.12-37.6.1.el6uek, p-cpe:/a:oracle:linux:dtrace-modules-4.1.12-37.6.1.el7uek, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek-debug, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek-debug-devel, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek-devel, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek-doc, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek-firmware, cpe:/o:oracle:linux:6, cpe:/o:oracle:linux:7

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/OracleLinux, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list

パッチ公開日: 2016/7/29

脆弱性公開日: 2016/5/2

参照情報

CVE: CVE-2016-2117, CVE-2016-6197, CVE-2016-6198