Oracle Linux 7:カーネル(ELSA-2016-1539)

high Nessus プラグイン ID 92688
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモート Oracle Linux ホストに、1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

Red Hat セキュリティアドバイザリ 2016:1539 から:

カーネルに対する更新は Red Hat Enterprise Linux 7 で現在利用可能です。

Red Hat 製品セキュリティは、この更新がセキュリティに及ぼす影響を重要度高として評価しています。詳細な重要度評価を示す Common Vulnerability Scoring System(CVSS)ベーススコアは、「参照」セクションで CVE リンクから脆弱性ごとに入手できます。

カーネルパッケージには Linux オペレーティングシステムのコアである Linux カーネルが含まれています。

更新されたこれらのカーネルパッケージには、いくつかのセキュリティの問題と多数のバグ修正があります。その一部は下記で参照できます。スペースの関係上、このアドバイザリにこれらのバグ修正がすべて文書化されているわけではありません。バグ修正の完全なリストについては、関連するナレッジ記事:https://access.redhat.com/articles/2460971 を参照してください。

セキュリティ修正:

* Linux カーネルのキーリング処理コードに欠陥が見つかりました。key_reject_and_link() で、初期化されていない変数が最終的に任意のフリーアドレスにつながり、これにより、攻撃者が use-after-free スタイルの攻撃を仕掛けることが可能になる可能性がありました。(CVE-2016-4470、重要度高)

* 4.3.3 までの Linux カーネルの fs/overlayfs/inode.c の ovl_setattr 関数は、異なる setattr オペレーションをマージしようとします。これにより、ローカルユーザーが、意図されたアクセス制限をバイパスし、細工されたアプリケーションを通じて任意のオーバーレイファイルの属性を変更することが可能になります。
(CVE-2015-8660、重要度中)

* s390x で、4 つのページテーブルレベルのあるプロセスの fork により、さまざまな兆候のあるメモリ破損が引き起こされることが報告されました。
すべてのプロセスが 3 つのレベルのページテーブルとアドレススペースに対する 4TB の制限で作成されます。親プロセスに 8PB の制限のある 4 つのページテーブルのレベルがある場合、アドレススペースを重複する関数が、子プロセスのアドレススペース制限の外のメモリ領域をコピーしようとします。(CVE-2016-2143、重要度中)

Red Hat は、CVE-2015-8660 を報告してくれた Nathan Williams 氏に感謝の意を表します。CVE-2016-4470 の問題は、David Howells 氏(Red Hat Inc.)により発見されました。

バグ修正:

* glibc ヘッダーと Linux ヘッダーは、キー構造の特定の定義を共有します。これは、カーネルとユーザー空間で定義する必要があります。一部のインスタンスでは、ユーザー空間とサニタイズされたカーネルヘッダーを含め、ユーザープログラムにとって必須である構造定義を取得する必要があります。残念ながら、glibc と Linux のヘッダーが連携しないため、これによりコンパイルエラーが結果として発生する可能性があります。
したがって glibc ヘッダーが修正され、Linux UAPI ベースのヘッダーと連携するようにします。ヘッダーが連携され、コンパイルエラーは発生しないようになりました。(BZ#1331285)

* TCP/IPv6 トラフィックをビッグエンディアンアーキテクチャの mlx4_en ネットワーキングインターフェイスで実行している際に、「hw csum エラー」について報告するコールトレースが発生する可能性があります。この更新により、mlx4_en ドライバーがビッグエンディアンアーキテクチャのチェックサム計算の訂正により修正されました。結果として、コールトレースエラーがログメッセージで表示されないようになりました。(BZ#1337431)

* 顕著なロードの場合、logshifter などのアプリケーションが、システムロガーがスプールするのに大きすぎるログメッセージのバーストを生成する可能性があります。競合状態により、ログボリュームが管理可能なレベルにドロップした後も、そのアプリケーションからのログメッセージが失われる可能性があります。この更新は、レシーバー側に利用できるスペースがもっとあることをソケットのトランスミッターエンドに通知するのにシステムロガーが使用するカーネルメカニズムを修正し、競合状態が排除されます。これにより、送信者が新しいメッセージを送信するのが以前は停止されていましたが、すべてのログメッセージが適切に処理されるようになりました。(BZ#1337513)

* 以前は、Accelerator Function Unit(AFU)コンテキストのヘビーなオープンとクローズの後で、割り込みパケットが送信され、AFU コンテキストで割り込みは見られませんでした。結果として、カーネルパニックが発生する可能性があります。
提供されたパッチセットが割り込みリクエストの処理を修正し、説明された状況でカーネルパニックは発生しないようになりました。(BZ#1338886)

* net:recvfrom がショートバッファでエラーを起こします。(BZ#1339115)* バックポートの rhashtable が Upstream から変更します。(BZ#1343639)* Glusterd の起動とボリュームの作成後のサーバークラッシュ。(BZ#1344234)* RAID5 がデッドロックの修正を形状変更します。(BZ#1344313)* BDX perf uncore のサポート修正。(BZ#1347374)

ソリューション

影響を受けるカーネルパッケージを更新してください。

関連情報

https://oss.oracle.com/pipermail/el-errata/2016-August/006240.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 92688

ファイル名: oraclelinux_ELSA-2016-1539.nasl

バージョン: 2.13

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2016/8/3

更新日: 2021/1/14

依存関係: ssh_get_info.nasl, linux_alt_patch_detect.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 9.6

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.2

Temporal Score: 6.3

ベクトル: AV:L/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:H/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.8

Temporal Score: 7.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:N/UI:R/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:H/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:oracle:linux:kernel, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-abi-whitelists, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-debug, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-debug-devel, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-devel, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-doc, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-headers, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-tools, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-tools-libs, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-tools-libs-devel, p-cpe:/a:oracle:linux:perf, p-cpe:/a:oracle:linux:python-perf, cpe:/o:oracle:linux:7

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/OracleLinux, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2016/8/2

脆弱性公開日: 2015/12/28

エクスプロイト可能

CANVAS (CANVAS)

Core Impact

Metasploit (Overlayfs Privilege Escalation)

参照情報

CVE: CVE-2015-8660, CVE-2016-2143, CVE-2016-4470

RHSA: 2016:1539