openSUSE セキュリティ更新:java-1_8_0-openjdk (openSUSE-2016-944)

critical Nessus プラグイン ID 92774
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモート openSUSE ホストに、セキュリティ更新がありません。

説明

java-1_8_0-openjdk のこの更新により、以下の問題が修正されます:

- バージョン jdk8u101(icedtea 3.1.0)へアップグレードしてください

- リリース 3.1.0(2016-07-25)の変更点:

- セキュリティ修正

- S8079718、CVE-2016-3458:IIOP 入力ストリームフッキング(boo#989732)

- S8145446、CVE-2016-3485:完全なパイプ配置(Windows のみ)(boo#989734)

- S8146514:GCM の制限を実施します

- S8147771:Javax カスタムポリシーの下の静的保護ドメインの構築

- S8148872、CVE-2016-3500:完全な名前チェック(boo#989730)

- S8149070:更新オーダーを実施します

- S8149962、CVE-2016-3508:XML 処理のより良い説明(boo#989731)

- S8150752:クラスデータを共有します

- S8151925:フォント参照の向上

- S8152479、CVE-2016-3550:コード済みバイトストリーム(boo#989733)

- S8153312:AppCDS の挙動を制約します

- S8154475、CVE-2016-3587:検索のビジビリティをクリーンアップします(boo#989721)

- S8155981、CVE-2016-3606:バイトコード検証を強化します(boo#989722)

- S8155985、CVE-2016-3598:永続的パラメーター処理(boo#989723)

- S8158571、CVE-2016-3610:追加メソッドハンドル検証(boo#989725)

- CVE-2016-3552(boo#989726)

- CVE-2016-3511(boo#989727)

- CVE-2016-3503(boo#989728)

- CVE-2016-3498(boo#989729)

- 新機能

- S8145547、PR1061:[AWT/Swing] Linux の GTK 3 の条件付きサポート

- PR2821:--disable-headful で OpenJDK を構築するのをサポートします

- PR2931、G478960:fontconfig を介して Infinality のサポートを提供します

- PR3079:x86_64 で Shenandoah を構築するためのオプションを提供します

- OpenJDK 8 u92 ビルド 14 のインポート

- S6869327:新しい C2 フラグを追加し、カウントされるループのセーフポイントを維持します。

- S8022865:[TESTBUG] 圧縮された Oops テストを修正する必要があります

- S8029630:スレッド ID をエラーレポートの hex 番号として表示する必要があります

- S8029726:OS X で、一部の dtrace プローブ名が Solaris と一致しません

- S8029727:OS X で、dtrace プローブ Call<type>MethodA/Call<type>MethodV がファイアされていません。

- S8029728:OS X で、dtrace プローブ SetStaticBooleanField がファイアされていません。

- S8038184:ID 属性値が空の文字列の場合、XMLSignature が StringIndexOutOfBoundsException をスロ―します

- S8038349:DSA で XML に署名すると、キーが 1024 ビットより大きい際に例外がスローされます

- S8041501:ImageIO リーダーが JFIF ヘッダーなしに JPEG を読み取ることができません

- S8041900:[macosx] Java がディスクリート GPU の使用を強制します

- S8044363:unpack200 実行可能ファイルに対する特別なビルドオプションを削除します

- S8046471:ホットスポット ARCH のレガシー値の代わりに OPENJDK_TARGET_CPU_ARCH を使用します

- S8046611:sparc/fastdebug で gcc のエラーを構築します

- S8047763:sparc64 を sparc プラットフォームとして認識します

- S8048232:8046471 用の修正が PPC64 ビルドを破損させます

- S8052396:不足しているフォント cmap が発生させる例外をキャッチします

- S8058563:InstanceKlass::_dependencies リストが空の nmethodBucket エントリから消去されていません

- S8061624:[TESTBUG] 一部のテストは、コンパクトプロファイルで実行できず、そのため排除されます

- S8062901:Spliterator の Javadoc におけるイテレータのスペルが不適切です

- S8064330:SunMSCAPI が有効な際に、SHA224 をデフォルトサポートリストから削除します

- S8065579:G1 同時マークサイクルを起動するための WB メソッドを導入する必要があります

- S8065986:Object<>() で super を呼び出す際に、コンパイラは NullPointerException に失敗します

- S8066974:コンパイラが、lambd 本文のメソッドのジェネリック型情報を推測しません

- S8067800:範囲外の年数に対して java.time.chrono.Chronology.isLeapYear を説明します

- S8068033:jdk/src/share/bin/java.c の JNI 例外保留

- S8068042:JNI 保留の jdk/src/share/native/sun/misc/URLClassPath.c をチェックします

- S8068162:jvmtiRedefineClasses.cpp:guarantee(false) が失敗しました:OLD および/または OBSOLETE メソッドが見つかりました

- S8068254:メソッドの参照が不適切な資格取得タイプを使用します

- S8074696:findBootType の呼び出し時に、リモートデバッグセッションが数分間ハングアップします

- S8074935:jdk7 で行われたように、RFC 1421 の正確性に対して jdk8 keytool が pem ファイルを検証しません

- S8078423:[TESTBUG] javax/print/PrintSEUmlauts/PrintSEUmlauts.java がシステムロケールに依存します

- S8080492:[Parfait] jdk/src/java/desktop/windows/native/libawt/ の初期化されていない変数

- S8080650:フレームポインターを適切に使用するためにスタブを有効にします

- S8122944:使用される perfdata が jdk1.9 のある sparc ゾーンで高すぎると見なされ、テストエラーを発生します

- S8129348:デバッガーが TRACE_SENDS のあるトレースモードでハングアップします

- S8129847:Nashorn が生成するコンパイルメソッドにより、C2 で高いメモリ使用率が発生します

- S8130506:lambda パラメーターで MethodHandle.invoke を呼び出す際に発生する javac AssertionError

- S8130910:hsperfdata ファイルが不適切なディレクトリで作成され、/tmp/hsperfdata_<username> に不適切なパーミッションがある場合に消去されません

- S8131129:重複した BMH$Species クラスを定義しようとします

- S8131665:HandshakeHash.getFinishedHash に不適切な例外メッセージが表示されます

- S8131782:クラスが static final からロードされる際に、C1 Class.cast 最適化が一時停止します

- S8132503:[macosx] 中国語のフルストップ記号は OS X で Pinyin IM により入力できません

- S8133207:ParallelProbes.java テストが JDK-8080115 に対する変更後に失敗します

- S8133924:xsltc が JDK-8062518 より後に存在しないノードを選択する際に、NPE がスローされる可能性があります

- S8134007:文字列の折り返しを向上します

- S8134759:jdb:finally ブロックの中の不適切なステッピング

- S8134963:[Newtest] G1 記憶集合の粗さのレベルを変更するための新しいストレステスト

- S8136442:暗号スイートに証明書署名アルゴリズムを結びつけません

- S8137106:EUDC(エンドユーザー定義文字)が Java 8u60+ の Windows で表示されません

- S8138745;ホットスポットで ExitOnOutOfMemory と CrashOnOutOfMemory を実装します

- S8138764:TreeLock の使用が他の同期で置換される場合があります

- S8139373:[TEST_BUG] java/net/MulticastSocket/MultiDead.java がタイムアウトで失敗しました

- S8139424:SIGSEGV、問題のあるフレーム:# V [libjvm.so+0xd0c0cc] void InstanceKlass::oop_oop_iterate_oop_maps_specialized<true、oopDesc*、MarkAndPushClosure>

- S8139436:sun.security.mscapi.KeyStore が不完全なデータをロードする可能性があります

- S8139751:Javac が -XDallowStringFolding=false でクラッシュします

- S8139863:[TESTBUG] JDK-8134903 のテストを 8u-dev にポートする必要があります

- S8139985:jdk/src/jdk/hprof/agent/share/native/libhprof で保留中の JNI の例外

- S8140031:SA:スレッドの値の検索が機能しません

- S8140249:フライトレコーディングが有効の場合の起動中の JVM クラッシュ

- S8140344:3 桁の更新リリース番号のサポートを追加します

- S8140587:Atomic*FieldUpdaters はダイレクトクラスチェックではなく Class.isInstance を使用する必要があります

- S8141260:Windows XP の isReachable がクラッシュします

- S8143297:Nashorn のコンパイル時間がナノ秒でレポートされます

- S8143397:InetAddress.isReachable(timeout) が不適切に機能しているようです

- S8143855:frame_zero.cpp の不適切な printf フォーマッティング

- S8143896:java.lang.Long が暗黙のうちに二重に変換されます

- S8143963:ClassLoader::trace_class_path を向上し、追加の outputStream* 引数を受け入れます

- S8144020:内部数値タイプとして long を削除します

- S8144131:ArrayData.getInt 実装が int32 に変換されません

- S8144483:1 つの長いセーフポイントが各 GC ログロテーション後に直接一時停止します

- S8144487:PhaseIdealLoop::build_and_optimize() は、skip_loop_opts が true の場合に、major_progress フラグを復元アする必要があります

- S8144885:agent/src/os/linux/libproc.h は Linux/SPARC ビルドをサポートする必要があります

- S8144935:C2:セーフポイントをカウントされていないループから削除します

- S8144937:[TEST_BUG] testlibrary_tests は、compact1 と compact2 の実行のために排除する必要があります

- S8145017:3 桁のホットスポットマイナーバージョン番号のサポートを追加します

- S8145099:SA をプロセスにアタッチできない場合のエラーメッセージを改善します

- S8145442:機能を追加し、G1 の記憶集合を検証します

- S8145466:javac:コンパイルエラーに行番号がありません

- S8145539:(coll)AbstractMap.keySet と .values は volatile にすべきではありません

- S8145550:Megamorphic 呼び出しは LinkLogic のない CompiledFunction 変数を使用すべきです

- S8145669:apply2call を最適化したコールサイトがメガモルフィックになった後に失敗します

- S8145722:javadoc の NullPointerException

- S8145754:PhaseIdealLoop::is_scaled_iv_plus_offset() が AddI と一致しません

- S8146147:Java リンカーインデックスプロパティゲッターが計算 nashorn 文字列に対して機能しません

- S8146566:OpenJDK ビルドが LDFLAGS のコンマを処理できません

- S8146725:SignatureAndHashAlgorithm.getSupportedAlgorithms の問題

- S8146979:8046471 のバックポートは、jdk8u の ppc64 ビルドを破損させます。8072383 が以前不適切にバックポートされたためです

- S8147087:PerRegionTable ビットマップの再利用の際に発生する競合により、記憶集合のエントリがドロップする可能性があります

- S8147630:間違ったテスト結果が 8u-dev にプッシュされます

- S8147845:Varargs 配列関数が long をまだ漏洩しています

- S8147857:RMIConnector が属性名を不適切にログに記録します

- S8148353:[linux-sparc] Linux SPARC の libawt.so のクラッシュ

- S8150791:8u76 L10n リソースファイル変換の更新

- OpenJDK 8 u101 ビルド 13 のインポート

- S6483657:MSCAPI プロバイダーが一意のエイリアス名を作成しません

- S6675699:狭いタイプに制約された ConvI2L の包括的修正が必要です

- S8037557:SessionCacheSizeTests.java タイムアウトをテストします

- S8038837:タイムスタンプハッシュアルゴリズムを指定するための jarsigner へのサポートを追加します

- S8081778:RSA 加速化に Intel x64 CPU インストラクションを使用します

- S8130150:BigInteger.montgomeryMultiply intrinsic を実装します

- S8130735: javax.swing.TimerQueue:他のタイマーが起動する際、タイマーの起動が遅れます

- S8143913:MSCAPI キーストアは、setEntry() の Certificate[] を受け入れる必要があります

- S8144313:テスト SessionTimeOutTests はタイムアウトさせられる可能性があります

- S8146240:3 つの nashorn ファイルが「GNU General Public License」ヘッダーを含みます

- S8146387:テスト SSLSession/SessionCacheSizeTests ソケットはタイムアウトを受け付けます

- S8146669:テスト SessionTimeOutTests が間欠的に失敗します

- S8146993:JDK-8138811 のあとで複数の javax/management/remote/mandatory 回帰テストが失敗します

- S8147994:[macosx] MacOS/Aqua でトラックパッドスクローリング中に JScrollPane が乱れます

- S8151522:8130150 と 8081778 の intrinsic をデフォルトで無効にします

- S8151876:(tz)tzdata2016d をサポートします

- S8152098:修正 8151522 によりテスト compiler/intrinsics/squaretolen/TestSquareToLen.java が失敗しました

- S8157077:8u101 L10n リソースファイルの更新

- バックポート

- S6260348、PR3066:GTK+ L&F JTextComponent がデスクトップキャレットのブリンク速度に従いません

- S6778087、PR1061:getLocationOnScreen() が常に(0、0)をマウスウィールイベントに返します

- S6961123、PR2972:setWMClass は、WM_CLASS 文字列を NULL 終端にできません

- S8008657、PR3077:JSpinner setComponentOrientation がテキスト回転に影響を与えません

- S8014212、PR2866:ロボットが黒い画面をキャプチャします

- S8029339、PR1061:HiDPI ディスプレイにおけるカスタム MultiResolution 画像サポート

- S8031145、PR3077:終了した i18n テストを再検査し、jdk リポジトリに移動できるか確認します。

- S8034856、PR3095:src/solaris/native/sun/security/pkcs11 をコンパイルしているという gcc の警告

- S8034857、PR3095:src/solaris/native/sun/management をコンパイルしているという gcc の警告

- S8035054、PR3095:JarFacade.c には ctype.h を含めるべきではありません

- S8035287、PR3095:さまざまなライブラリファイルをコンパイルしているという gcc の警告

- S8038631、PR3077:追加の機能で awt.Robot のラッパーを作成します

- S8039279、PR3077:openjdk リポジトリに awt テストを移動します

- S8041561、PR3077:JCheckBox と JRadioButton の間の一貫していない opacity の挙動

- S8041592、PR3077:[TEST_BUG] 42 AWT hw/lw 混合テストを jdk へ移動します

- S8041915、PR3077:8 つの awt テストを OpenJDK 回帰テストツリーに移動します

- S8043126、PR3077:awt 自動化機能テストを AWT_Events/Lw と AWT_Events/AWT から OpenJDK リポジトリに移動します

- S8043131、PR3077:ShapedAndTranslucentWindows と GC の機能 AWT テストを回帰ツリーに移動します

- S8044157、PR3077:[TEST_BUG] 最近サブミットした AWT_Mixing テストを向上します

- S8044172、PR3077:[TEST_BUG] 4523758 と AltPlusNumberKeyCombinationsTest の regtest を jdk に移動します

- S8044429、PR3077:OpenJDK リポジトリに AWT_Modality の awt 自動化テストを移動します

- S8044762、PR2960:com/sun/jdi/OptionTest.java テストのタイムアウト

- S8044765、PR3077:機能テスト AWT_SystemTray/Automated を openjdk リポジトリに移動します

- S8047180、PR3077:機能テスト AWT_Headless/Automated を OpenJDK リポジトリに移動します

- S8047367、PR3077:OpenJDK リポジトリに AWT_Modality の awt 自動化テストを移動します。- パート 2

- S8048246、PR3077:AWT_DnD/Clipboard/Automated 機能テストを OpenJDK に移動します

- S8049226、PR2960:com/sun/jdi/OptionTest.java テストの二度目のタイムアウト

- S8049617、PR3077:OpenJDK リポジトリに AWT_Modality の awt 自動化テストを移動します。- パート 3

- S8049694、PR3077:AWT_DesktopProperties/Automated 機能テストを OpenJDK に移行します

- S8050885、PR3077:OpenJDK リポジトリに AWT_Modality の awt 自動化テストを移動します。- パート 4

- S8051440、PR3077:装飾の無効化の最大化に関するテストを OpenJDK に移動します

- S8052012、PR3077:OpenJDK リポジトリに AWT_Modality の awt 自動化テストを移動します。- パート 5

- S8052408、PR3077:AWT_BAT 機能テストを OpenJDK に移動します(3/3)

- S8053657、PR3077:[TEST_BUG] 装飾が無効化されている Frame/JFrame に関する 5 つのテストのいくつかを JDK に移動します

- S8054143、PR3077:OpenJDK リポジトリに AWT_Modality の awt 自動化テストを移動します。- パート 6

- S8054358、PR3077:OpenJDK リポジトリに AWT_Modality の awt 自動化テストを移動します。- パート 7

- S8054359、PR3077:OpenJDK リポジトリに AWT_Modality の awt 自動化テストを移動します。- パート 8

- S8055360、PR3077:AWT ShapedAndTranslucent テストの残りの部分を OpenJDK に移動します

- S8055664、PR3077:setLocationRelativeTo に関する 14 のテストを jdk に移動します

- S8055836、PR3077:OpenJDK リポジトリに AWT_Modality の awt テストを移動します - パート 9

- S8056911、PR3077:ExtendedRobot クラスから内部 API 使用率を削除します

- S8057694、PR3077:OpenJDK リポジトリに AWT_Modality の awt テストを移動します - パート 10

- S8058959、PR1061:
closed/java/awt/event/ComponentEvent/MovedResizedTwiceTe st/MovedResizedTwiceTest.java は自動的に失敗しました

- S8062606、PR3077:java.awt.Robot クラスの入力ミスを修正します

- S8063102、PR3077:オープンな awt 回帰テストを変更し、sun.awt.SunToolkit.realSync を回避します。パート 1

- S8063104、PR3077:オープンな awt 回帰テストを変更し、sun.awt.SunToolkit.realSync を回避します。パート 2

- S8063106、PR3077:オープンな swing 回帰テストを変更し、sun.awt.SunToolkit.realSync を回避します。パート 1

- S8063107、PR3077:オープンな swing 回帰テストを変更し、sun.awt.SunToolkit.realSync を回避します。パート 2

- S8064573、PR3077:[TEST_BUG] javax/swing/text/AbstractDocument/6968363/Test6968363.ja va がアソーシャルなプレッシング VK_LEFT でリリースされません

- S8064575、PR3077:[TEST_BUG] javax/swing/JEditorPane/6917744/bug6917744.java が 100 回キーを押し、決してリリースされません

- S8064809、PR3077:[TEST_BUG] javax/swing/JComboBox/4199622/bug4199622.java は多数の keyPress を含み、単一の keyRelease ではありません

- S8067441、PR3077:一部のテストがエラーで失敗します:記号 getSystemMnemonicKeyCodes() を見つけられません

- S8068228、PR3077:テスト closed/java/awt/Mouse/MaximizedFrameTest/MaximizedFrameTest が GTKLookAndFeel で失敗します

- S8069361、PR1061:SunGraphics2D.getDefaultTransform() がスケール因子を含んでいません

- S8073320、PR1061:Windows の HiDPI グラフィックスのサポート

- S8074807、PR3077:内部 API を使用して必要のない一部のテストを修正します

- S8076315、PR3077:4 つのマニュアル swing 機能テストを回帰パッケージに移動します

- S8078504、PR3094:ゼロに VM_Version::initialize() の宣言がありません

- S8129822、PR3077:「headful」という jtreg のキーワードを定義します

- S8132123、PR1061:MultiResolutionCachedImage が不必要にベースイメージを作成し、サイズを取得しています

- S8133539、PR1061:[TEST_BUG] java/awt/image/MultiResolutionImageTest.java を 2 つに分割し、制限付きのアクセスを許可します

- S8137571、PR1061:Linux の HiDPI グラフィックスのサポート

- S8142406、PR1061:[TEST] MultiResolution 画像:@2x 画像が破損している際のケースをテストが網羅する必要があります

- S8145188、PR2945:LocalVariableTable が JDK 全体に対して 1 つも生成されていません

- S8150258、PR1061:[TEST] HiDPI:マルチ解像度メニュー項目アイコンのテストを作成します

- S8150724、PR1061:[TEST] HiDPI:マルチ解像度アイコンのテストを作成します

- S8150844、PR1061:[hidpi] [macosx] -Dsun.java2d.uiScale を OS X に対して考慮に入れる必要があります

- S8151841、PR2882:GCC 6 でコンパイルするためにビルドに追加フラグが必要です [8149647 & 8032045 の追加部分]

- S8155613、PR1061:[PIT] AWT_Desktop/Automated/Exceptions/BasicTest のクラッシュ

- S8156020、PR1061:8145547 が AIX を破損させ、RTLD_NOLOAD を不適切に使用します

- S8156128、PR1061:[AWT/Swing] のテスト Linux の GTK 3 の条件付きサポート

- S8158260、PR2991、RH1341258:PPC64:Unsafe.getInt が整列されていない場合、不正な命令が生成される可能性があります

- S8159244、PR3074:C2 の文字列 concat 最適化により作成された部分的に初期化された文字列オブジェクトがエスケープする可能性があります

- S8159690、PR3077:[TESTBUG] headful テストを @key headful でマークします。

- S8160294、PR2882、PR3095:一部のクライアントライブラリは GCC 6 で構築できません

- バグ修正

- PR1958:GTKLookAndFeel は、gtk-alternative-button-order を遵守しません

- PR2822:OpenJDK 構成による再検出を回避するようにする代わりに、LIBS & CFLAGS を構成にフィードしてください

- PR2932:自動的でない方法で ccache をサポートします

- PR2933:ccache 3.2 以降をサポートします

- PR2964:システムデフォルトを OS に基づいて設定します

- PR2974、RH1337583:PKCS#10 証明書リクエストが現時点では、システムラインエンディングではなく、CRLF ラインエンディングを使用します

- PR3078:6788347 と 6894807にさかのぼる重複した行を削除します

- PR3083、RH1346460:ECC プロバイダーなしの SSL デバッグ出力の回帰

- PR3089:古いメモリ制限パッチを削除します

- PR3090、RH1204159:SystemTap は複数の JDK でひどく混同されています

- PR3095:URLClassPath.c の警告を修正します

- PR3096:無効な --disable-optimizations オプションを削除します

- PR3105:hotspot.map からのバージョンを使用して tarball ファイル名を作成

- PR3106:S8079718 と入力ミスバージョンにより導入された、適切にスペルされたプロパティ「enableCustomValueHandler」の両方を処理します

- PR3108:Shenandoah のパッチがリリース tarball に含まれていません

- PR3110:INSTALL の hotspot.map ドキュメントを更新

- 適用されるプラットフォームに対して /usr/share/javazi/tzdb.dat をリンクするスクリプトを修正します(boo#987895)

- 48 ビット va 空間で実行する aarch64 を修正します(boo#984684)

ソリューション

影響を受ける java-1_8_0-openjdk パッケージを更新してください。

関連情報

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=984684

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=987895

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=989721

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=989722

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=989723

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=989725

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=989726

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=989727

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=989728

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=989729

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=989730

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=989731

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=989732

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=989733

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=989734

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 92774

ファイル名: openSUSE-2016-944.nasl

バージョン: 2.4

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2016/8/8

更新日: 2021/1/19

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 7.3

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 9.3

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:C/I:C/A:C

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.6

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:R/S:C/C:H/I:H/A:H

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:novell:opensuse:java-1_8_0-openjdk, p-cpe:/a:novell:opensuse:java-1_8_0-openjdk-accessibility, p-cpe:/a:novell:opensuse:java-1_8_0-openjdk-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:java-1_8_0-openjdk-debugsource, p-cpe:/a:novell:opensuse:java-1_8_0-openjdk-demo, p-cpe:/a:novell:opensuse:java-1_8_0-openjdk-demo-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:java-1_8_0-openjdk-devel, p-cpe:/a:novell:opensuse:java-1_8_0-openjdk-devel-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:java-1_8_0-openjdk-headless, p-cpe:/a:novell:opensuse:java-1_8_0-openjdk-headless-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:java-1_8_0-openjdk-javadoc, p-cpe:/a:novell:opensuse:java-1_8_0-openjdk-src, cpe:/o:novell:opensuse:13.2

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/SuSE/release, Host/SuSE/rpm-list, Host/cpu

パッチ公開日: 2016/8/5

参照情報

CVE: CVE-2016-3458, CVE-2016-3485, CVE-2016-3498, CVE-2016-3500, CVE-2016-3503, CVE-2016-3508, CVE-2016-3511, CVE-2016-3550, CVE-2016-3552, CVE-2016-3587, CVE-2016-3598, CVE-2016-3606, CVE-2016-3610