VMware vRealize Log Insight 2.x / 3.x < 3.3.2 の複数の脆弱性(VMSA-2016-0008)

high Nessus プラグイン ID 92841

概要

リモートホストで実行されているログ管理アプリケーションは、複数の脆弱性の影響を受けます。

説明

リモートホストで実行している VMware vRealize Log Insight アプリケーションは、2.x または 3.3.2 より前の 3.x です。したがって、以下の複数の脆弱性による影響を受けます:

- ユーザー指定の入力をユーザーに返す前に不適切に検証しているため、クロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性が存在します。認証されていないリモートの攻撃者がこれを悪用し、特別に細工されたリクエストを介して、ユーザーのブラウザセッションで任意のスクリプトコードを実行する可能性があります。(CVE-2016-2081)

- 特定の機密アクションを実行するときに、複数のステップ、明示的な確認または一意のトークンを要求しないために、クロスサイトリクエスト偽造(XSRF)の脆弱性が存在します。認証されていないリモートの攻撃者が、ユーザーを騙して特別に細工されたリンクをフォローさせることで、これを悪用し、ユーザー認証をハイジャックし、UI の信頼できるコンテンツを置換する可能性があります。
(CVE-2016-2082)

ソリューション

VMware vRealize Log Insight バージョン 3.3.2 以降にアップグレードしてください。

関連情報

https://www.vmware.com/security/advisories/VMSA-2016-0008.html

http://lists.vmware.com/pipermail/security-announce/2016/000332.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 92841

ファイル名: vmware_vrealize_log_insight_vmsa-2016-0008.nasl

バージョン: 1.9

タイプ: remote

ファミリー: CGI abuses : XSS

公開日: 2016/8/10

更新日: 2020/6/12

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.8

Temporal Score: 5

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 8.8

Temporal Score: 7.7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:R/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:vmware:vrealize_log_insight

エクスプロイトの容易さ: No exploit is required

パッチ公開日: 2016/6/9

脆弱性公開日: 2016/6/9

参照情報

CVE: CVE-2016-2081, CVE-2016-2082

BID: 91136

VMSA: 2016-0008