VMware Fusion 8.1.x < 8.1.1 共有フォルダ(HGFS)ゲストの DLL ハイジャックによる任意のコード実行(VMSA-2016-0010)

high Nessus プラグイン ID 92943

概要

リモートの Mac OS X ホストにインストールされている仮想アプリケーションは、任意のコードの実行脆弱性の影響を受けます。

説明

リモート Mac OS X ホストにインストールされている VMware Fusion のバージョンは、8.1.1 より前の 8.1.x です。したがって、動的リンクライブラリ(DLL)ファイルがセキュリティ保護せずにパスから不適切にロードされるため、共有フォルダ(HGFS)機能の任意のコード実行脆弱性による影響を受けます。これにはユーザーの管理下にない可能性のある現在の作業ディレクトリも含まれます。リモートの攻撃者が、悪意のある DLL をパスに配置するか、ユーザーを騙してネットワークシェアのファイルを開かせ、現在のユーザーのコンテキストで任意のコードを注入し、実行することで、この脆弱性を悪用する可能性があります。

ソリューション

VMware Fusion 8.1.1 以降にアップグレードしてください。

注意:共有フォルダ(HGFS)機能を使用する Windows ベースのゲストの VMware ツールを更新し、脆弱性を完全に軽減する必要もあります。

関連情報

http://www.vmware.com/security/advisories/VMSA-2016-0010.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 92943

ファイル名: macosx_fusion_vmsa_2016_0010.nasl

バージョン: 1.7

タイプ: local

エージェント: macosx

公開日: 2016/8/12

更新日: 2019/11/14

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 7.4

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 4.4

Temporal Score: 3.6

ベクトル: AV:L/AC:M/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:F/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2016-5330

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.8

Temporal Score: 7.2

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:N/UI:R/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:F/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:vmware:fusion

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, installed_sw/VMware Fusion

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2016/8/4

脆弱性公開日: 2016/8/4

エクスプロイト可能

Metasploit (DLL Side Loading Vulnerability in VMware Host Guest Client Redirector)

参照情報

CVE: CVE-2016-5330

BID: 92323

VMSA: 2016-0010