12.1.1 より前の VMware Player 12.1.x における共有フォルダー(HGFS)ゲストの DLL ハイジャックによる任意のコード実行(VMSA-2016-0010)(Linux)

high Nessus プラグイン ID 92944
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートホストにインストールされている仮想アプリケーションは、任意のコードの実行脆弱性の影響を受けます。

説明

リモートホストにインストールされている VMware Player のバージョンは、12.1.1 より前の 12.1.x です。したがって、動的リンクライブラリ(DLL)ファイルがセキュリティ保護せずにパスから不適切にロードされるため、共有フォルダ(HGFS)機能の任意のコード実行脆弱性による影響を受けます。これにはユーザーの管理下にない可能性のある現在の作業ディレクトリも含まれます。リモートの攻撃者が、悪意のある DLL をパスに配置するか、ユーザーを騙してネットワークシェアのファイルを開かせ、現在のユーザーのコンテキストで任意のコードを注入し、実行することで、この脆弱性を悪用する可能性があります。

ソリューション

VMware Player 12.1.1 またはそれ以降のバージョンにアップグレードしてください。

注意:共有フォルダ(HGFS)機能を使用する Windows ベースのゲストの VMware ツールを更新し、脆弱性を完全に軽減する必要もあります。

関連情報

http://www.vmware.com/security/advisories/VMSA-2016-0010.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 92944

ファイル名: vmware_player_linux_vmsa_2016_0010.nasl

バージョン: 1.8

タイプ: local

ファミリー: General

公開日: 2016/8/12

更新日: 2019/11/14

依存関係: vmware_player_linux_installed.nbin

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2016-5330

VPR

リスクファクター: High

スコア: 7.4

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 4.4

Temporal Score: 3.6

ベクトル: AV:L/AC:M/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:F/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.8

Temporal Score: 7.2

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:N/UI:R/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:F/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:vmware:player

必要な KB アイテム: Host/VMware Player/Version

除外される KB アイテム: SMB/Registry/Enumerated

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2016/8/4

脆弱性公開日: 2016/8/4

エクスプロイト可能

Metasploit (DLL Side Loading Vulnerability in VMware Host Guest Client Redirector)

参照情報

CVE: CVE-2016-5330

BID: 92323

VMSA: 2016-0010