MySQL 5.7.x < 5.7.14 複数の脆弱性

medium Nessus プラグイン ID 93005

概要

リモートデータベースサーバーは、複数の脆弱性の影響を受けます。

説明

リモートホストで実行している MySQL のバージョンは、 5.7.14 より前の 5.7.x です。したがって、以下の複数の脆弱性による影響を受けます:

- 削除されたテーブルに対してフルテキストインデックスの情報スキーマテーブルを選択する際に、InnoDB にサービス拒否の脆弱性が存在します。認証されたリモートの攻撃者がこれを悪用して、セグメンテーション違反を引き起こす可能性があります。
(VulnDB 142919)

- インデックス化された仮想列を伴うテーブル上で ALTER TABLE 操作を処理する際に、InnoDB にサービス拒否の脆弱性が存在します。認証されたリモートの攻撃者がこれを悪用して、アサーション失敗を発生させてサーバークラッシュを引き起こす可能性があります。(VulnDB 142920)

Nessus はこれらの問題に対してテストされていませんが、その代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号のみに依存していることに、注意してください。

ソリューション

MySQL バージョン 5.7.14 以降にアップグレードしてください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?bac902d5

https://dev.mysql.com/doc/relnotes/mysql/5.7/en/news-5-7-14.html

http://www.nessus.org/u?453a538d

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 93005

ファイル名: mysql_5_7_14_rpm.nasl

バージョン: 1.12

タイプ: local

エージェント: unix

ファミリー: Databases

公開日: 2016/8/17

更新日: 2020/6/3

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 4.2

CVSS v2

リスクファクター: Low

Base Score: 3.3

Temporal Score: 2.4

ベクトル: AV:L/AC:M/Au:N/C:N/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2016-8289

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 4.7

Temporal Score: 4.1

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:H/PR:H/UI:N/S:U/C:N/I:L/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:oracle:mysql, p-cpe:/a:amazon:linux:mysql, p-cpe:/a:centos:centos:mysql, p-cpe:/a:fedoraproject:fedora:mysql, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:mysql, p-cpe:/a:novell:opensuse:mysql, p-cpe:/a:novell:suse_linux:mysql, p-cpe:/a:oracle:linux:mysql, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:mysql

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2016/7/29

脆弱性公開日: 2016/7/29

参照情報

CVE: CVE-2016-3495, CVE-2016-5612, CVE-2016-5627, CVE-2016-5628, CVE-2016-5630, CVE-2016-5631, CVE-2016-5633, CVE-2016-5634, CVE-2016-5635, CVE-2016-8284, CVE-2016-8287, CVE-2016-8289, CVE-2016-8290

BID: 93630, 93642, 93662, 93670, 93674, 93684, 93702, 93709, 93715, 93720, 93727, 93733, 93755