Amazon Linux AMI:mysql55(ALAS-2016-738)

high Nessus プラグイン ID 93016

概要

リモート Amazon Linux AMI ホストに、セキュリティ更新がありません。

説明

TLS/SSL を使用して安全な接続を確立する際に、MariaDB クライアントライブラリが、X.509 証明書に記載されているサーバー ID に対して、ホスト名を適切にチェックしていないことが判明しました。中間者攻撃者がこの欠陥を利用して、クライアントに対してサーバーになりすます可能性があります。(CVE-2016-2047)

5.5.46 以前の Oracle MySQL における詳細不明な脆弱性により、リモートの認証されたユーザーが UDF に関連するベクトルを通じて、可用性に影響を与えることが可能です。(CVE-2016-0608)

5.5.46 以前の Oracle MySQL における詳細不明な脆弱性により、リモートの認証されたユーザーが権限に関連する未知のベクトルを通じて、可用性に影響を与えることが可能です。(CVE-2016-0609)

5.5.46 以前の Oracle MySQL における詳細不明な脆弱性により、リモートの認証されたユーザーが Options に関連する未知のベクトルを通じて、可用性に影響を与えることが可能です。(CVE-2016-0505)

5.5.46 以前の Oracle MySQL における詳細不明な脆弱性により、リモートの認証されたユーザーが InnoDB に関連する未知のベクトルを通じて、可用性に影響を与えることが可能です。(CVE-2016-0600)

5.5.46 以前の Oracle MySQL における詳細不明な脆弱性により、リモートの認証されたユーザーが Optimizer に関連する未知のベクトルを通じて、可用性に影響を与えることが可能です。(CVE-2016-0616)

5.5.48 以前の Oracle MySQL の詳細不明な脆弱性のために、リモートの攻撃者は、Server: Security: Encryption に関係するベクトルを通じて、機密性に影響をあたえることが可能です。(CVE-2016-3452)

5.5.47 以前の Oracle MySQL における詳細不明な脆弱性により、ローカルユーザーが DDL に関連するベクトルを通じて、可用性に影響を与えることが可能です。
(CVE-2016-0644)

5.5.49 以前の Oracle MySQL における詳細不明な脆弱性により、ローカルユーザーが Server: Parser に関連するベクトルを通じて、機密性、整合性、および可用性に影響を与えることが可能です。(CVE-2016-3477)

5.5.46 以前の Oracle MySQL における詳細不明な脆弱性により、リモートの認証されたユーザーが DML に関連するベクトルを通じて、可用性に影響を与えることが可能です。(CVE-2016-0596)

5.5.46 以前の Oracle MySQL における詳細不明な脆弱性により、リモートの認証されたユーザーが Optimizer に関連する未知のベクトルを通じて、可用性に影響を与えることが可能です。(CVE-2016-0597)

5.5.47 以前の Oracle MySQL における詳細不明な脆弱性により、ローカルユーザーが DML に関連するベクトルを通じて、整合性および可用性に影響を与えることが可能です。(CVE-2016-0640)

5.5.49 以前の Oracle MySQL における詳細不明な脆弱性により、リモートの認証されたユーザーが Server: Types に関連するベクトルを通じて、可用性に影響を与えることが可能です。(CVE-2016-3521)

5.5.48 以前の Oracle MySQL における詳細不明な脆弱性により、ローカルユーザーが Federated に関連するベクトルを通じて、整合性および可用性に影響を与えることが可能です。(CVE-2016-0642)

5.5.48 以前の Oracle MySQL における詳細不明な脆弱性により、ローカルユーザーが DML に関連するベクトルを通じて、機密性に影響を与えることが可能です。
(CVE-2016-0643)

5.5.48 以前の Oracle MySQL における詳細不明な脆弱性により、ローカルユーザーが Security:
Privileges に関連するベクトルを通じて、可用性に影響を与えることが可能です。(CVE-2016-0666)

5.5.46 以前の Oracle MySQL における詳細不明な脆弱性により、ローカルのユーザーは、Optimizer に関連するベクトルを通じて、可用性に影響を与えることが可能です。
(CVE-2016-0651)

5.5.47 以前の Oracle MySQL における詳細不明な脆弱性により、ローカルのユーザーは、Replication に関連するベクトルを通じて、可用性に影響を与えることが可能です。
(CVE-2016-0650)

5.5.46 以前の Oracle MySQL における詳細不明な脆弱性により、リモートの認証されたユーザーが DML に関連するベクトルを通じて、可用性に影響を与えることが可能です。(CVE-2016-0598)

5.5.47 以前の Oracle MySQL における詳細不明な脆弱性により、ローカルのユーザーは、PS に関連するベクトルを通じて、可用性に影響を与えることが可能です。
(CVE-2016-0649)

5.5.49 以前の Oracle MySQL における詳細不明な脆弱性により、リモートの管理者が Server: RBR に関連するベクトルを通じて、可用性に影響を与えることが可能です。(CVE-2016-5440)

5.5.48 以前の Oracle MySQL の詳細不明な脆弱性のために、リモートの攻撃者は、Server: Connection に関係するベクトルを通じて、機密性に影響をあたえることが可能です。(CVE-2016-5444)

5.5.46 以前の Oracle MySQL における詳細不明な脆弱性により、リモートの認証されたユーザーが暗号化に関連する未知のベクトルを通じて、整合性に影響を与えることが可能です。(CVE-2016-0606)

5.5.48 以前の Oracle MySQL における詳細不明な脆弱性により、ローカルのユーザーは、PS に関連するベクトルを通じて、可用性に影響を与えることが可能です。
(CVE-2016-0648)

5.5.47 以前の Oracle MySQL における詳細不明な脆弱性により、ローカルのユーザーは、DML に関連するベクトルを通じて、可用性に影響を与えることが可能です。
(CVE-2016-0646)

5.5.46 以前の Oracle MySQL における詳細不明な脆弱性により、ローカルユーザーがクライアントに関連する未知のベクトルを通じて、機密性、整合性、および可用性に影響を与えることが可能です。(CVE-2016-0546)

5.5.48 以前の Oracle MySQL における詳細不明な脆弱性により、ローカルのユーザーは、FTS に関連するベクトルを通じて、可用性に影響を与えることが可能です。
(CVE-2016-0647)

5.5.49 以前の Oracle MySQL における詳細不明な脆弱性により、リモートの認証されたユーザーが Server: DML に関連するベクトルを通じて、可用性に影響を与えることが可能です。(CVE-2016-3615)

5.5.47 以前の Oracle MySQL における詳細不明な脆弱性により、ローカルのユーザーは、MyISAMに関連するベクトルを通じて、機密性および可用性に影響を与えることが可能です。(CVE-2016-0641)

ソリューション

「yum update mysql55」を実行してシステムを更新してください。

関連情報

https://alas.aws.amazon.com/ALAS-2016-738.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 93016

ファイル名: ala_ALAS-2016-738.nasl

バージョン: 2.4

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2016/8/18

更新日: 2019/7/10

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.6

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.2

ベクトル: AV:L/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 8.1

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:H/PR:N/UI:N/S:C/C:H/I:H/A:H

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:amazon:linux:mysql-config, p-cpe:/a:amazon:linux:mysql55, p-cpe:/a:amazon:linux:mysql55-bench, p-cpe:/a:amazon:linux:mysql55-debuginfo, p-cpe:/a:amazon:linux:mysql55-devel, p-cpe:/a:amazon:linux:mysql55-embedded, p-cpe:/a:amazon:linux:mysql55-embedded-devel, p-cpe:/a:amazon:linux:mysql55-libs, p-cpe:/a:amazon:linux:mysql55-server, p-cpe:/a:amazon:linux:mysql55-test, cpe:/o:amazon:linux

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/AmazonLinux/release, Host/AmazonLinux/rpm-list

パッチ公開日: 2016/8/17

脆弱性公開日: 2016/1/20

参照情報

CVE: CVE-2016-0505, CVE-2016-0546, CVE-2016-0596, CVE-2016-0597, CVE-2016-0598, CVE-2016-0600, CVE-2016-0606, CVE-2016-0608, CVE-2016-0609, CVE-2016-0616, CVE-2016-0640, CVE-2016-0641, CVE-2016-0642, CVE-2016-0643, CVE-2016-0644, CVE-2016-0646, CVE-2016-0647, CVE-2016-0648, CVE-2016-0649, CVE-2016-0650, CVE-2016-0651, CVE-2016-0666, CVE-2016-2047, CVE-2016-3452, CVE-2016-3477, CVE-2016-3521, CVE-2016-3615, CVE-2016-5440, CVE-2016-5444

ALAS: 2016-738