F5 Networks BIG-IP:OpenSSL 脆弱性(SOL52349521)

critical Nessus プラグイン ID 93201

概要

リモート装置に、ベンダーが提供したセキュリティパッチがありません。

説明

1.0.1s より前の OpenSSL 1.0.1 および 1.0.2g より前の OpenSSL 1.0.2 において、crypto/bio/b_print.c 内の doapr_outch 関数は、特定のメモリ割り当てが正常であることを検証していません。これにより、リモートの攻撃者が、長い文字列を通じて、サービス拒否(領域外の書き込みまたはメモリの消費)を引き起こすか、詳細不明なその他の影響を及ぼす可能性があります。これは、大量の ASN.1 データにより実証されており、CVE-2016-0799 とは別の脆弱性です。

ソリューション

F5 Solution SOL52349521 に挙げられた非脆弱性バージョンのいずれかにアップグレードしてください。

関連情報

https://support.f5.com/csp/article/K52349521

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 93201

ファイル名: f5_bigip_SOL52349521.nasl

バージョン: 2.9

タイプ: local

公開日: 2016/8/30

更新日: 2019/1/4

構成: パラノイドモードの有効化

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

Temporal Score: 7.4

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 8.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:f5:big-ip_access_policy_manager, cpe:/a:f5:big-ip_advanced_firewall_manager, cpe:/a:f5:big-ip_application_acceleration_manager, cpe:/a:f5:big-ip_application_security_manager, cpe:/a:f5:big-ip_application_visibility_and_reporting, cpe:/a:f5:big-ip_global_traffic_manager, cpe:/a:f5:big-ip_link_controller, cpe:/a:f5:big-ip_local_traffic_manager, cpe:/a:f5:big-ip_policy_enforcement_manager, cpe:/a:f5:big-ip_wan_optimization_manager, cpe:/a:f5:big-ip_webaccelerator, cpe:/h:f5:big-ip, cpe:/h:f5:big-ip_protocol_security_manager

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/BIG-IP/hotfix, Host/BIG-IP/modules, Host/BIG-IP/version, Settings/ParanoidReport

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2016/4/27

参照情報

CVE: CVE-2016-0799, CVE-2016-2842