Ubuntu 14.04 LTS:linux 脆弱性(USN-3071-1)

high Nessus プラグイン ID 93218
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモート Ubuntu ホストに 1 つ以上のセキュリティ関連パッチがありません。

説明

Kangjie Lu 氏は、Linux カーネルの Reliable Datagram Sockets(RDS)実装の情報漏洩を発見しました。ローカルの攻撃者がこの欠陥を悪用して、カーネルメモリから機密情報を入手する可能性があります。(CVE-2016-5244)

Yue Cao 氏たちは、TCP 実装による Linux カーネルの challenge ack の処理の欠陥を発見しました。リモートの攻撃者がこれを利用して、サービス拒否(接続のリセット)を引き起こしたり、コンテンツを TCP ストリームに注入する可能性があります。(CVE-2016-5696)

Pengfei Wang 氏は、Linux カーネルの MIC VOP ドライバーで競合状態を発見しました。ローカルの攻撃者がこれを利用して、サービス拒否(システムクラッシュ)を引き起こしたり、カーネルメモリから機密情報を取得する可能性があります。(CVE-2016-5728)

Cyril Bur 氏は、PowerPC プラットフォームで、Linux カーネルが exec() のトランザクションメモリ状態の処理を誤ることを発見しました。ローカルの攻撃者がこれを利用して、サービス拒否(システムクラッシュ)を引き起こしたり、任意のコードを実行したりする可能性があります。(CVE-2016-5828)

Linux カーネルの USB HID ドライバーに、ヒープベースのバッファオーバーフローが存在することが判明しました。ローカルの攻撃者がこれを利用して、サービス拒否(システムクラッシュ)を引き起こしたり、任意のコードを実行したりする可能性があります。
(CVE-2016-5829)。

注意:Tenable Network Security は、前述の説明ブロックを Ubuntu セキュリティアドバイザリから直接抽出しています。Tenable では、できる限り新たな問題を持ち込まないように、自動的に整理して書式設定するようにしています。

ソリューション

影響を受ける linux-image-3.13.0-95-generic 、 linux-image-3.13.0-95-generic-lpae、linux-image-3.13.0-95-lowlatency の全てまたはいずれかのパッケージを更新します。

関連情報

https://usn.ubuntu.com/3071-1/

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 93218

ファイル名: ubuntu_USN-3071-1.nasl

バージョン: 2.6

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2016/8/30

更新日: 2019/9/18

依存関係: ssh_get_info.nasl, linux_alt_patch_detect.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.2

ベクトル: AV:L/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.8

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:linux-image-3.13-generic, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:linux-image-3.13-generic-lpae, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:linux-image-3.13-lowlatency, cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:14.04

必要な KB アイテム: Host/cpu, Host/Ubuntu, Host/Ubuntu/release, Host/Debian/dpkg-l

パッチ公開日: 2016/8/29

脆弱性公開日: 2016/6/27

参照情報

CVE: CVE-2016-5244, CVE-2016-5696, CVE-2016-5728, CVE-2016-5828, CVE-2016-5829

USN: 3071-1