3.5.4.1より前のBlue Coat ProxyAV 3.5.xにおける複数のDoS脆弱性

medium Nessus プラグイン ID 93410

概要

リモートのデバイスは、複数のサービス拒否の脆弱性の影響を受けます。

説明

自己報告されたバージョン番号によると、リモートのデバイスにインストールされているBlue Coat ProxyAVのファームウェアは、3.5.4.1より前の3.5.xです。したがって、バンドル化されたバージョンのOpenSSLにある次の脆弱性の影響を受けます。- PSSパラメーターのないASN.1署名が不適切に処理されているため、NULLポインターデリファレンスの欠陥がファイルrsa_ameth.cに存在します。リモートの攻撃者がこれを悪用して、署名認証ルーチンをクラッシュさせ、サービス拒否状態を引き起こす可能性があります。(CVE-2015-3194) - 不正な形式の X509_ATTRIBUTE構造の処理に関連して、 asn_dec.c ファイルの ASN1_TFLG_COMBINE 実装に欠陥が存在します。リモートの攻撃者がこれを悪用し、 PKCS#7 または CMS アプリケーションでのデコード障害を引き起こすことでメモリ漏洩を引き起こし、サービス拒否を招く可能性があります。(CVE-2015-3195)Nessusはこれらの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

Blue Coat ProxyAV バージョン 3.5.4.1 以降にアップグレードしてください。

関連情報

https://bto.bluecoat.com/security-advisory/sa105

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 93410

ファイル名: bluecoat_proxy_av_3_5_4_1.nasl

バージョン: 1.7

タイプ: remote

ファミリー: CGI abuses

公開日: 2016/9/9

更新日: 2019/11/14

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2015-3195

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3.6

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5

Temporal Score: 3.7

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:N/I:N/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 5.3

Temporal Score: 4.6

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:L

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/h:bluecoat:proxyav

必要な KB アイテム: www/bluecoat_proxyav

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2016/1/19

脆弱性公開日: 2015/12/3

参照情報

CVE: CVE-2015-3194, CVE-2015-3195

BID: 78623, 78626

IAVA: 2016-A-0229