CentOS 7:libarchive(CESA-2016:1844)

high Nessus プラグイン ID 93541
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートのCentOSホストに1つ以上のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

libarchiveの更新プログラムが、Red Hat Enterprise Linux 7 Extrasで利用可能になりました。Red Hat製品セキュリティは、この更新がセキュリティに及ぼす影響の重要度を重要と評価しています。詳細な重要度評価を示すCVSS(共通脆弱性評価システム)ベーススコアは、「参照」セクションのCVEリンクから脆弱性ごとに入手できます。libarchiveプログラミングライブラリは、GNU tar、cpio、ISO 9660 CD-ROM画像などの、いくつかの異なるストリーミングアーカイブフォーマットを作成して読み取る可能性があります。Libarchiveは特に、bsdtarユーティリティ、python-libarchiveなどのスクリプト言語バインディング、およびいくつかの人気のあるデスクトップファイルマネージャーで使用されています。セキュリティ修正プログラム:* libarchiveがゼロではないサイズのハードリンクアーカイブエントリを処理する方法に、欠陥が見つかりました。libarchiveのファイルシステムサンドボックスでの欠陥と相まって、この問題により、libarchiveを使用しているアプリケーションは、アーカイブからの任意のデータで任意のファイルを上書きする可能があります。(CVE-2016-5418)libarchiveで複数の領域外書き込みの欠陥が見つかりました。特別に細工されたZIP、7ZIP、またはRARファイルにより、ヒープオーバーフローを引き起こす可能性があるため、libarchiveを使用しているアプリケーションのコンテキストでコードの実行が可能になります。(CVE-2016-1541、CVE-2016-4300、CVE-2016-4302)libarchiveで複数の領域外読み取りの欠陥が見つかりました。特別に細工されたLZA/LZH、AR、MTREE、ZIP、TAR、またはRARファイルにより、アプリケーションは領域外のデータを読み取ることになるため、小量のアプリケーションメモリが漏洩するか、アプリケーションがクラッシュする可能性があります。(CVE-2015-8919、CVE-2015-8920、CVE-2015-8921、CVE-2015-8923、CVE-2015-8924、CVE-2015-8925、CVE-2015-8926、CVE-2015-8928、CVE -2015-8934)* libarchiveに複数のNULLポインターでリファレンスの欠陥が見つかりました。特別に細工されたRAR、CAB、または7ZIPファイルにより、libarchiveを使用しているアプリケーションがクラッシュする可能性があります。(CVE-2015-8916、CVE-2015-8917、CVE-2015-8922)libarchiveで複数の無限ループ/リソース枯渇の欠陥が見つかりました。特別に細工されたGZIPまたはISOファイルにより、アプリケーションは過剰な量のリソースを消費するため、メモリの枯渇でいつかはクラッシュを引き起こす可能性があります。(CVE-2016-7166、CVE-2015-8930)* libarchiveにサービス拒否の脆弱性が見つかりました。巨大なターゲットパスへのシンボリックリンクを含む特別に細工されたCPIOアーカイブにより、メモリ割り当てが失敗するため、libarchiveを使用しているアプリケーションは、そのようなアーカイブを表示または展開しようとすると、クラッシュする可能性があります。(CVE-2016-4809)libarchiveのISO9660ボリュームの構造で、バッファオーバーフローを引き起こす整数オーバーフローの欠陥が見つかりました。2GBまたは4GBというファイル名でISO9660ボリュームを作成しようとすると、アプリケーションは20GBのメモリを割り当てようとします。これが成功すると、ヒープで領域外の書き込みやコードの実行を引き起こす可能性があります。(CVE-2016-6250)libarchiveで、算術オーバーフローによる複数の定義されていない動作のインスタンスが見つかりました。特別に細工されたMTREEアーカイブ、Compressストリーム、またはISO9660ボリュームにより、アプリケーションはアーカイブの読み取りに失敗するか、クラッシュする可能性があります。(CVE-2015-8931、CVE-2015-8932、CVE-2016-5844)Red Hatは、CVE-2016-5418を報告してくれたInsomnia Securityに感謝します。

ソリューション

影響を受けるlibarchiveパッケージを更新してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?a730f1a2

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 93541

ファイル名: centos_RHSA-2016-1844.nasl

バージョン: 2.12

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2016/9/16

更新日: 2021/1/4

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2016-6250

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 5.5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 8.8

Temporal Score: 7.7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:R/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:centos:centos:bsdcpio, p-cpe:/a:centos:centos:bsdtar, p-cpe:/a:centos:centos:libarchive, p-cpe:/a:centos:centos:libarchive-devel, cpe:/o:centos:centos:7

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/CentOS/release, Host/CentOS/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2016/9/15

脆弱性公開日: 2016/5/7

参照情報

CVE: CVE-2015-8916, CVE-2015-8917, CVE-2015-8919, CVE-2015-8920, CVE-2015-8921, CVE-2015-8922, CVE-2015-8923, CVE-2015-8924, CVE-2015-8925, CVE-2015-8926, CVE-2015-8928, CVE-2015-8930, CVE-2015-8931, CVE-2015-8932, CVE-2015-8934, CVE-2016-1541, CVE-2016-4300, CVE-2016-4302, CVE-2016-4809, CVE-2016-5418, CVE-2016-5844, CVE-2016-6250, CVE-2016-7166

RHSA: 2016:1844