SUSE SLED12 / SLES12セキュリティ更新プログラム:compat-openssl098(SUSE-SU-2016:2468-1)

critical Nessus プラグイン ID 93909

言語:

New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートのSUSEホストに1つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

このcompat-openssl098の更新では、次の問題が修正されます:OpenSSL セキュリティアドバイザリ [22 Sep 2016] (bsc#999665)重要度:高

-OCSP Status Request 拡張の無制限メモリ増加(CVE-2016-6304)(bsc#999666)重要度:☆ 低

- ポインター演算の未定義の動作(CVE-2016-2177)(bsc#982575)

- DSA署名で定数時間フラグが保存されない(CVE-2016-2178)(bsc#983249)

- DTLS バッファメッセージ DoS(CVE-2016-2179)(bsc#994844)

- DTLSリプレイプロテクションDoS(CVE-2016-2181)(bsc#994749)

- BN_bn2dec() での OOB 書き込み(CVE-2016-2182)(bsc#993819

- 64 ビットブロック暗号に対する誕生日攻撃(SWEET32)(CVE-2016-2183)(bsc#995359)

- 無効な形式の SHA512 チケット DoS(CVE-2016-6302)(bsc#995324)

- MDC2_Update() での OOB 書き込み(CVE-2016-6303)(bsc#995377)

- 証明書メッセージ OOB 読み取り(CVE-2016-6306)(bsc#999668)詳細については、次を参照してください:
https://www.openssl.org/news/secadv/20160922.txt 修正されたバグ:

- 期限切れS/MIME証明書を更新します(bsc#979475)

- print_noticeでのクラッシュを修正します(bsc#998190)

- シグナルによって読み取りが中断された場合に/dev/urandomからの読み取りを再開します(bsc#995075)

注意:Tenable Network Securityは、前述の記述ブロックをSUSEセキュリティアドバイザリから直接抽出しています。Tenableでは、新たな問題を持ち込まずに、できる限り自動的に整理して書式設定するようにしています。

ソリューション

この SUSE セキュリティ更新をインストールするには、YaST online_update を使用してください。
別の方法として、製品にリストされているコマンドを実行することができます:

SUSE Linux Enterprise Server for SAP 12-SP1:zypper in -t patch SUSE-SLE-SAP-12-SP1-2016-1441=1

Legacy Software 12向けSUSE Linux Enterprise Module:zypper in -t patch SUSE-SLE-Module-Legacy-12-2016-1441=1

SUSE Linux Enterprise Desktop 12-SP1:zypper in -t patch SUSE-SLE-DESKTOP-12-SP1-2016-1441=1

お使いのシステムを最新の状態にするには、「zypper パッチ」を使用してください。

関連情報

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=979475

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=982575

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=983249

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=993819

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=994749

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=994844

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=995075

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=995324

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=995359

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=995377

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=998190

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=999665

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=999666

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=999668

https://www.openssl.org/news/secadv/20160922.txt

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2016-2177/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2016-2178/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2016-2179/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2016-2181/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2016-2182/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2016-2183/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2016-6302/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2016-6303/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2016-6304/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2016-6306/

http://www.nessus.org/u?6a5edea4

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 93909

ファイル名: suse_SU-2016-2468-1.nasl

バージョン: 2.9

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2016/10/7

更新日: 2021/1/6

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.8

Temporal Score: 5.8

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:N/I:N/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 8.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:novell:suse_linux:compat-openssl098-debugsource, p-cpe:/a:novell:suse_linux:libopenssl0_9_8, p-cpe:/a:novell:suse_linux:libopenssl0_9_8-debuginfo, cpe:/o:novell:suse_linux:12

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/SuSE/release, Host/SuSE/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2016/10/6

脆弱性公開日: 2016/6/20

参照情報

CVE: CVE-2016-2177, CVE-2016-2178, CVE-2016-2179, CVE-2016-2181, CVE-2016-2182, CVE-2016-2183, CVE-2016-6302, CVE-2016-6303, CVE-2016-6304, CVE-2016-6306