openSUSEセキュリティ更新プログラム:xen(openSUSE-2016-1169)(Bunker Buster氏)

critical Nessus プラグイン ID 93999

言語:

概要

リモートのopenSUSEホストに、セキュリティ更新プログラムがありません。

説明

このxen用更新プログラムでは、以下の問題を修正します。修正されたセキュリティ問題:

これらのセキュリティの問題が修正されました:

- CVE-2016-7092:Xenのarch/x86/mm.cにあるget_page_from_l3e関数により、ローカル32ビットPVゲストOS管理者が、L3再帰ページテーブルに関連するベクトルによって、ホストOS権限を取得することが可能でした(bsc#995785)

- CVE-2016-7093:Xenにより、ローカルHVMゲストOSの管理者が、エミュレーション中の命令ポインター切り捨ての不適切な処理を利用して、ハイパーバイザーメモリを上書きし、その結果ホストOSの権限を取得することが可能でした(bsc#995789)

- CVE-2016-7094:Xenでのバッファオーバーフローにより、シャドウページングを使用して実行しているゲストのローカルx86 HVMゲストOS管理者が、ページテーブル更新によってサービス拒否を引き起こす可能性がありました(bsc#995792)

- CVE-2016-7154:XenのFIFOイベントチャネルコードでのメモリ解放後使用(Use After Free)の脆弱性により、ローカルゲストOS管理者が、サービス拒否(ホストクラッシュ)を引き起こすことや、無効なゲストフレーム番号を通じて任意のコードを実行するかまたは機密情報を取得することが可能でした(bsc#997731)

- CVE-2016-6836:VMWARE VMXNET3 NIC デバイスサポートにより、情報漏洩が発生しました。ゲスト内の権限のあるユーザーがこの欠陥を利用して、ホストメモリバイトを漏洩させることが可能でした(boo#994761)。

- CVE-2016-6888:VMXNET3 デバイスドライバーのパケット初期化での整数オーバーフロー。ゲスト内の権限のあるユーザーがこの欠陥を利用し、Qemuインスタンスをクラッシュさせ、DoSを引き起こす可能性がありました(bsc#994772)。

- CVE-2016-6833:VMWARE VMXNET3 NIC デバイスサポートでのメモリ解放後使用(Use After Free)の問題。ゲスト内の権限のあるユーザーがこの問題を利用し、Qemuインスタンスをクラッシュさせ、DoSを引き起こす可能性がありました(boo#994775)。

- CVE-2016-6835:VMWARE VMXNET3 NICデバイスサポートでのバッファオーバーフローにより、OOB読み取りアクセスが引き起こされます(bsc#994625)

- CVE-2016-6834:VMWARE VMXNET3 NIC デバイスサポートでのパケットフラグメンテーション中の無限ループにより、ゲスト内の権限のあるユーザーが Qemu インスタンスをクラッシュさせ、DoSを引き起こす可能性があります(bsc#994421)

- CVE-2016-6258:Xenのarch/x86/mm.cにあるPVページテーブルコードにより、ローカルの32ビットPVゲストOS管理者は、ページテーブルエントリの更新に高速パスを利用することで、ホストOSの権限を取得できました(bsc#988675)

- CVE-2016-5403:QEMUのhw/virtio/virtio.cに含まれるvirtqueue_pop関数で、ローカルゲストOSの管理者が、完了を待機せずにリクエストを送信することにより、サービス拒否(メモリ消費とQEMUプロセスのクラッシュ)を引き起こす可能性がありました(boo#990923)。

- CVE-2016-6351:hw/scsi/esp.c にある esp_do_dma 関数が、ESP/NCR53C9x コントローラーエミュレーションサポートで構築された場合、ローカルゲスト OS 管理者が、サービス拒否(領域外書き込みと QEMU プロセスクラッシュ)を引き起こしたり、ESP コマンドバッファへの DMA 読み取りに関連するベクトルでホストで任意のコードを実行したりする可能性がありました(bsc#990843)。

- CVE-2016-6258:Xen の arch/x86/mm.c にある PV ページテーブルコードにより、ローカルの 32 ビット PV ゲスト OS 管理者は、ページテーブルエントリの更新に高速パスを利用することで、ホスト OS の権限を取得できました(bsc#988675)

- CVE-2016-5337:QEMUのhw/scsi/megasas.cにあるmegasas_ctrl_get_info関数により、ローカルゲストOS管理者が、デバイスコントロール情報の読み取りに関連するベクトルを通じて、ホストメモリの機密情報を入手することが可能でした(bsc#983973)

- CVE-2016-5338:QEMUのhw/scsi/esp.cにある(1)esp_reg_read関数と(2)esp_reg_write関数により、ローカルゲストOS管理者が、情報転送バッファに関連するベクトルで、サービス拒否(QEMUプロセスのクラッシュ)を引き起こしたり、QEMUホストで任意のコードを実行したりすることが可能でした(bsc#983984)。

- CVE-2016-5238:QEMUのhw/scsi/esp.cにあるget_cmd関数により、ローカルゲストOS管理者が、非DMAモードの情報転送バッファからの読み取りに関連するベクトルで、サービス拒否(領域外書込みとQEMUプロセスのクラッシュ)を引き起こすことが可能でした(bsc#982960)

- CVE-2016-4453:QEMUのhw/display/vmware_vga.cにあるvmsvga_fifo_run関数により、ローカルゲストOS管理者が、VGAコマンドを通じて、サービス拒否(無限ループとQEMUプロセスのクラッシュ)を引き起こすことが可能でした(bsc#982225)

- CVE-2016-4454:QEMUのhw/display/vmware_vga.cにあるvmsvga_fifo_read_raw関数により、ローカルゲストOS管理者が、FIFOレジスタを変更し、VGAコマンドを発行することで、領域外読み取りを発生させ、ホストメモリの機密情報を入手したり、サービス拒否(QEMUプロセスのクラッシュ)を引き起こしたりすることが可能でした(bsc#982224)。

- CVE-2016-5126:QEMUのblock/iscsi.cにあるiscsi_aio_ioctl関数でヒープベースのバッファオーバーフローが発生すると、ローカルゲストOSのユーザーが、細工されたiSCSI非同期I/O ioctl呼び出しを通じて、サービス拒否(QEMUプロセスのクラッシュ)を引き起こしたり、任意のコードを実行したりすることが可能でした(bsc#982286)

- CVE-2016-5105:QEMUのhw/scsi/megasas.cにあるmegasas_dcmd_cfg_read関数が、MegaRAID SAS 8708EM2 Host Bus Adapterエミュレーションサポートで構築された場合、初期化されていない変数を使用していました。これにより、ローカルゲスト管理者が、MegaRAID Firmware Interface(MFI)コマンドに関連するベクトルで、ホストメモリを読み取ることが可能でした(bsc#982024)。

- CVE-2016-5106:QEMUのhw/scsi/megasas.cにあるmegasas_dcmd_set_properties関数が、MegaRAID SAS 8708EM2 Host Bus Adapterエミュレーションサポートで構築された場合、ローカルゲスト管理者が、MegaRAID Firmware Interface(MFI)コマンドに関連するベクトルでサービス拒否(領域外書き込みアクセス)を引き起こすことが可能でした(bsc#982025)。

- CVE-2016-5107:QEMUのmegasas_lookup_frame関数が、MegaRAID SAS 8708EM2 Host Bus Adapterエミュレーションサポートで構築された場合、ローカルゲスト管理者が、未特定のベクトルでサービス拒否(領域外読み取りとクラッシュ)を引き起こすことが可能でした(bsc#982026)。

- CVE-2016-4963:libxlのデバイス処理により、xenstoreのバックエンドディレクトリの情報を操作することで、ドライバードメインへのアクセス権のあるローカルゲストOSユーザーが、サービス拒否(管理ツールの混乱)を引き起こすことが可能でした(bsc#979670)

- CVE-2016-4962:libxlのデバイス処理により、xenstoreのゲストがコントロールする領域の情報を操作することで、ローカルOSゲスト管理者が、サービス拒否(リソース消費または管理機能の混乱)を引き起こしたり、ホストOS権限を取得したりすることが可能でした(bsc#979620)

- CVE-2016-4952:pvsci_ring_init_msg/dataルーチンの領域外アクセスの問題(bsc#981276)

- CVE-2014-3672:libvirt Xenのqemu実装により、stdoutまたはstderrへ書き込みを行うことで、ローカルゲストOSユーザーが、サービス拒否(ホストディスクの消費)を引き起こすことが可能でした(bsc#981264)

- CVE-2016-4441:53C9X Fast SCSIコントローラー(FSC)サポートのget_cmd関数が、DMAの長さを適切にチェックしていませんでした。これにより、SCSIコマンドに関連する詳細不明なベクトルで、ローカルのゲストOS管理者が、サービス拒否(領域外書込みとQEMUプロセスのクラッシュ)を引き起こすことが可能でした(bsc#980724)

- CVE-2016-4439:53C9X Fast SCSI コントローラー(FSC)サポートのesp_reg_write関数が、コマンドバッファの長さを適切にチェックしていませんでした。これにより、詳細不明なベクトルで、ローカルのゲストOS管理者が、サービス拒否(領域外書込みとQEMUプロセスのクラッシュ)を引き起こしたり、ホストで任意のコードを潜在的に実行したりすることが可能でした(bsc#980716)

- CVE-2016-3710:VGAモジュールがビデオメモリに対するバンクされたアクセスの境界検査を不適切に実行していました。これにより、バンクレジスタの設定後にアクセスモードを変更することで、ローカルゲストOS管理者が、ホストで任意のコードを実行する可能性がありました。これは「Dark Portal」の問題とも呼ばれています(bsc#978164)

- CVE-2016-3960:x86シャドウページテーブルコードの整数オーバーフローにより、ローカルゲストOSユーザーが、スーパーページマッピングをシャドーイングすることで、サービス拒否(ホストのクラッシュ)を引き起こしたり、権限を取得したりすることが可能でした(bsc#974038)

- CVE-2016-4037:hw/usb/hcd-ehci.cのehci_advance_state関数により、循環型のsplit isochronous transfer descriptor(siTD)リストを通じて、ローカルゲストOS管理者がサービス拒否(無限ループとCPUの消費)を引き起こすことが可能でした(bsc#976111)

- CVE-2016-4020:patch_instruction関数がimm32変数を初期化しませんでした。これにより、Task Priority Register(TPR)にアクセスすることで、ローカルゲストOS管理者が、ホストスタックメモリから機密情報を入手することが可能でした(bsc#975907)

- CVE-2016-4001:stellaris_enet_receive関数のバッファオーバーフローにより、Stellarisイーサネットコントローラーが大きなパケットを受け入れるように構成されている場合、リモートの攻撃者が大きなパケットを通じてサービス拒否(QEMUクラッシュ)を引き起こすことが可能でした(bsc#975130)

- CVE-2016-4002:mipsnet_receive関数のバッファオーバーフローにより、ゲストNICが大きなパケットを受け入れるように構成されている場合、リモートの攻撃者が1514バイトより大きいパケットを通じてサービス拒否(メモリ破損とQEMUクラッシュ)を引き起こしたり、任意のコードコードを実行したりすることが可能でした(bsc#975138)

- CVE-2016-3158:xrstor関数が、AMD64プロセッサで実行されている際に、ハードウェアFSW.ESビットに対する書き込みを適切に処理しませんでした。これにより、ローカルゲストOSユーザーが、保留中の例外とマスクビットを利用することで、レジスタコンテンツの機密情報を別のゲストから入手することが可能でした(bsc#973188)

- CVE-2016-3159:arch/x86/i387.cのfpu_fxrstor関数が、AMD64プロセッサで実行されている際に、ハードウェアFSW.ESビットに対する書き込みを適切に処理しませんでした。これにより、ローカルゲストOSユーザーが、保留中の例外とマスクビットを利用することで、レジスタコンテンツの機密情報を別のゲストから入手することが可能でした(bsc#973188)

- CVE-2016-4480:Xenのarch/x86/mm/guest_walk.cにあるguest_walk_tables関数が、L4およびL3 ページテーブルレベルでPage Size(PS)ページテーブルエントリビットを適切に処理しませんでした。これにより、ローカルゲストOSユーザーが、細工されたメモリマッピングにより権限を取得できる可能性がありました(bsc#978295)。

以下のセキュリティ以外の問題が、修正されました。

- boo#991934:csched_acctでのxenハイパーバイザークラッシュ

- boo#992224:[HPSバグ] Xen Hypervisorの起動中に、XenからDMA用の連続メモリを取得できませんでした

- boo#970135:新しい仮想化プロジェクトのクロックテストがXenでランダムに失敗します

- boo#971949 xl:xl migrate --liveを(無視することで)サポートします。
xlマイグレーションは常にライブです

- boo#990970:Intel E7-8867 v4のPMUサポートを追加します(fam=6、model=79)

- boo#985503:vif-route破損

- boo#978413:sles11sp4 xenホストでのsles11sp4からsles12sp2 alpha3へのPVゲストアップグレードが失敗します

- boo#986586:「modprobe xenblk」で起動中に発生するメモリ不足(oom)(非xenカーネル)

- boo#953339、boo#953362、boo#953518、boo#984981、boo#953339、boo#953362、boo#953518、boo#984981:
PVonHVM ゲストで qemu-xen-upstream にエミュレートされた PCI デバイス用に SUSE 固有のアンプラグプロトコルを実装します

- boo#958848:/usr/src/packages/BUILD/ xen-4.4.2-testing/obj/default/balloon/balloon.c: 407 における HVM ゲストクラッシュ

- boo#982695:xen-4.5.2 qemuがHVMゲストをxvdaから起動するのに失敗します

- boo#954872:block-dmmd スクリプトが期待通りに動作しません

- boo#961600:L3:最大メモリを現在のメモリより多くしてXen HVM domUが構成された際にパフォーマンスがよくありません

- boo#979035:boo#955399/ boo#955399のためのxm migrateの修正を復元します

- boo#963161:ロード中に Windows VM がスタックし、最新のメンテナンス更新にアップグレード後に VF がそれに割り当てられます boo#963161

- boo#976058:シンプルな HVM ゲストを実行する Xen エラー(Post Alpha 2 xen+qemu)

- boo#973631:AWS EC2 kdump の問題

- boo#961100:xenでのsles12からsles12sp1へのfvゲストの移行が、「ドメインが宛先ホストで実行されていない」ために失敗します。

- boo#964427:デバイスブロックを破棄:失敗しました - 出入力エラー

ソリューション

影響を受けるxenパッケージを更新してください。

関連情報

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=953339

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=953362

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=953518

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=954872

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=955399

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=958848

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=961100

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=961600

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=963161

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=964427

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=970135

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=971949

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=973188

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=973631

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=974038

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=975130

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=975138

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=975907

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=976058

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=976111

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=978164

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=978295

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=978413

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=979035

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=979620

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=979670

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=980716

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=980724

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=981264

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=981276

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=982024

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=982025

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=982026

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=982224

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=982225

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=982286

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=982695

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=982960

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=983973

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=983984

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=984981

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=985503

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=986586

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=988675

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=990843

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=990923

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=990970

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=991934

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=992224

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=994421

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=994625

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=994761

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=994772

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=994775

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=995785

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=995789

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=995792

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=997731

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 93999

ファイル名: openSUSE-2016-1169.nasl

バージョン: 2.8

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2016/10/12

更新日: 2021/1/19

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 7.3

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.2

ベクトル: AV:L/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:H/PR:N/UI:N/S:C/C:H/I:H/A:H

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:novell:opensuse:xen, p-cpe:/a:novell:opensuse:xen-debugsource, p-cpe:/a:novell:opensuse:xen-devel, p-cpe:/a:novell:opensuse:xen-doc-html, p-cpe:/a:novell:opensuse:xen-kmp-default, p-cpe:/a:novell:opensuse:xen-kmp-default-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:xen-kmp-desktop, p-cpe:/a:novell:opensuse:xen-kmp-desktop-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:xen-libs, p-cpe:/a:novell:opensuse:xen-libs-32bit, p-cpe:/a:novell:opensuse:xen-libs-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:xen-libs-debuginfo-32bit, p-cpe:/a:novell:opensuse:xen-tools, p-cpe:/a:novell:opensuse:xen-tools-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:xen-tools-domU, p-cpe:/a:novell:opensuse:xen-tools-domU-debuginfo, cpe:/o:novell:opensuse:13.2

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/SuSE/release, Host/SuSE/rpm-list, Host/cpu

パッチ公開日: 2016/10/11

参照情報

CVE: CVE-2014-3615, CVE-2014-3672, CVE-2016-3158, CVE-2016-3159, CVE-2016-3710, CVE-2016-3712, CVE-2016-3960, CVE-2016-4001, CVE-2016-4002, CVE-2016-4020, CVE-2016-4037, CVE-2016-4439, CVE-2016-4441, CVE-2016-4453, CVE-2016-4454, CVE-2016-4480, CVE-2016-4952, CVE-2016-4962, CVE-2016-4963, CVE-2016-5105, CVE-2016-5106, CVE-2016-5107, CVE-2016-5126, CVE-2016-5238, CVE-2016-5337, CVE-2016-5338, CVE-2016-5403, CVE-2016-6258, CVE-2016-6351, CVE-2016-6833, CVE-2016-6834, CVE-2016-6835, CVE-2016-6836, CVE-2016-6888, CVE-2016-7092, CVE-2016-7093, CVE-2016-7094, CVE-2016-7154

IAVB: 2016-B-0118-S, 2016-B-0140-S