RHEL 6:JBoss EAP(RHSA-2016:2055)

high Nessus プラグイン ID 94066

概要

リモートのRed Hatホストに1つ以上のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

Red Hat JBoss Enterprise Application Platform 6.4.10ネイティブを提供し、いくつかのバグを修正し、さまざまな拡張機能を追加する更新済みパッケージが、Red Hat Enterprise Linux 6で利用可能になりました。Red Hat製品セキュリティは、この更新がセキュリティに及ぼす影響を重要度中として評価しています。詳細な重要度評価を示すCVSS(共通脆弱性評価システム)ベーススコアは、「参照」セクションのCVEリンクから脆弱性ごとに入手できます。Red Hat JBoss Enterprise Application Platform 6は、JBoss Application Server 7をベースにしたJavaアプリケーション用のプラットフォームです。このリリースには、バグの修正と拡張機能、およびOpenSSLの新しいリリースが含まれています。詳細については、「参照」セクションでリンクされているナレッジベースの記事を参照してください。Red Hat Enterprise Linux 6のRed Hat JBoss Enterprise Application Platform 6.4の全ユーザーは、これらの更新済みパッケージにアップグレードすることが推奨されます。この更新プログラムを有効にするには、JBossサーバープロセスを再起動する必要があります。セキュリティ修正プログラム:* httpdがHTTPリクエストを解析し、チャンク転送エンコーディングを使用して応答する方法に、複数の欠陥が見つかりました。リモートの攻撃者がこれらの欠陥を悪用して、特別に細工されたリクエストを作成し、httpdにHTTPプロキシソフトウェアとは異なる方法でデコードさせ、HTTPリクエストスマグリング攻撃を引き起こす可能性があります。(CVE-2015-3183)* サービスメッセージ(MCMP)を介して特別に細工された文字列をmod_clusterに送信することにより、リモートでApache httpサーバーにセグメンテーション違反を発生させることが可能であることがわかりました。(CVE-2016-3110)* JVMRouteパスが80文字を超える構成を指定すると、セグメンテーション違反が発生し、サーバーのクラッシュを引き起こすことがわかりました。(CVE-2016-4459)Red Hatは、CVE-2016-3110を報告してくれたMichal Karm Babacek氏に感謝の意を表します。CVE-2016-4459の問題は、Robert Bost氏(Red Hat)により発見されました。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

https://access.redhat.com/articles/2688611

https://access.redhat.com/solutions/222023

https://access.redhat.com/documentation/en-US/

http://www.nessus.org/u?651b7563

https://access.redhat.com/errata/RHSA-2016:2055

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2015-3183

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2016-3110

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2016-4459

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 94066

ファイル名: redhat-RHSA-2016-2055.nasl

バージョン: 2.10

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2016/10/14

更新日: 2019/10/24

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3.6

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.8

Temporal Score: 5.8

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:N/I:N/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 6.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:hornetq-native, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:httpd, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:httpd-devel, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:httpd-manual, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:httpd-tools, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:jbcs-httpd24, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:jbcs-httpd24-openssl, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:jbcs-httpd24-openssl-devel, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:jbcs-httpd24-openssl-libs, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:jbcs-httpd24-openssl-perl, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:jbcs-httpd24-openssl-static, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:jbcs-httpd24-runtime, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:jbossas-hornetq-native, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:jbossas-jbossweb-native, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:mod_cluster-native, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:mod_jk-ap22, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:mod_ldap, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:mod_ssl, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:tomcat-native, cpe:/o:redhat:enterprise_linux:6

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/cpu

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2016/10/13

脆弱性公開日: 2015/7/20

参照情報

CVE: CVE-2015-3183, CVE-2016-3110, CVE-2016-4459

RHSA: 2016:2055