SUSE SLES11セキュリティ更新プログラム:tiff(SUSE-SU-2016:2527-1)

high Nessus プラグイン ID 94067

Language:

概要

リモートのSUSEホストに1つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

tiff 用のこの更新は、次の問題を修正します:

- CVE-2016-3622:特別に細工されたTIFF画像により、tiff2rgbaでクラッシュが引き起こされる可能性があります(bsc#974449)

- 詳細不明な影響をもたらすさまざまな領域外書き込みの脆弱性(MSVR 35093、MSVR 35094、MSVR 35095、MSVR 35096、MSVR 35097、MSVR 35098)

- CVE-2016-5314:特別に細工されたTIFF画像によりクラッシュが引き起こされ、その結果DoSにつながる可能性があります(bsc#984831)

- CVE-2016-5316:特別に細工されたTIFF画像により、rgb2ycbcrツールでクラッシュが引き起こされ、DoSにつながる可能性があります(bsc#984837)

- CVE-2016-5317:特別に細工されたTIFF画像により、領域外書き込みによってクラッシュが引き起こされる可能性があります(bsc#984842)

- CVE-2016-5320:特別に細工されたTIFF画像により、rgb2ycbcrコマンドの使用時にクラッシュを引き起こされる可能性があるか、またはリモートコード実行が可能になります(bsc#984808)

- CVE-2016-5875:特別に細工されたTIFF画像により、クラッシュが引き起こされる可能性があるか、または任意コード実行が可能になります(bsc#987351)

- CVE-2016-3623:特別に細工されたTIFF画像により、rgb2ycbcrでクラッシュが引き起こされる可能性があります(bsc#974618)

- CVE-2016-3945:特別に細工されたTIFF画像により、tiff2rgbaでクラッシュが引き起こされる可能性または任意のコマンド実行が引き起こされる可能性があります(bsc#974614)

- CVE-2016-3990:特別に細工されたTIFF画像により、クラッシュが引き起こされる可能性または任意のコマンド実行が引き起こされる可能性があります(bsc#975069)

- CVE-2016-3186:特別に細工されたTIFF画像により、バッファオーバーフローでgif2tiffコマンドのクラッシュが引き起こされる可能性があります(bsc#973340)

注意:Tenable Network Securityは、前述の記述ブロックをSUSEセキュリティアドバイザリから直接抽出しています。Tenableでは、新たな問題を持ち込まずに、できる限り自動的に整理して書式設定するようにしています。

ソリューション

この SUSE セキュリティ更新をインストールするには、YaST online_update を使用してください。
別の方法として、製品にリストされているコマンドを実行することができます:

SUSE Linux Enterprise ソフトウェア開発キット 11-SP4:zypper in -t patch sdksp4-tiff-12785=1

SUSE Linux Enterprise Server 11-SP4:zypper in -t patch slessp4-tiff-12785=1

SUSE Linux Enterprise Debuginfo 11-SP4:zypper in -t patch dbgsp4-tiff-12785=1

お使いのシステムを最新の状態にするには、「zypper パッチ」を使用してください。

参考資料

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=973340

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=974449

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=974614

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=974618

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=975069

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=984808

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=984831

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=984837

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=984842

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=987351

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2016-3186/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2016-3622/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2016-3623/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2016-3945/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2016-3990/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2016-5314/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2016-5316/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2016-5317/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2016-5320/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2016-5875/

http://www.nessus.org/u?838599ba

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 94067

ファイル名: suse_SU-2016-2527-1.nasl

バージョン: 2.12

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2016/10/14

更新日: 2021/1/19

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent, Agentless Assessment, Nessus

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.8

Temporal Score: 5

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:M/Au:N/C:P/I:P/A:P

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 8.8

Temporal Score: 7.7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:R/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: CVSS:3.0/E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:novell:suse_linux:libtiff3, p-cpe:/a:novell:suse_linux:tiff, cpe:/o:novell:suse_linux:11

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/SuSE/release, Host/SuSE/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2016/10/13

脆弱性公開日: 2016/4/19

参照情報

CVE: CVE-2016-3186, CVE-2016-3622, CVE-2016-3623, CVE-2016-3945, CVE-2016-3990, CVE-2016-5314, CVE-2016-5316, CVE-2016-5317, CVE-2016-5320, CVE-2016-5875