EMC Legato Networker Remote ExecサービススタックオーバーフローによるRCE

critical Nessus プラグイン ID 94163

概要

リモートホストで実行されているバックアップアプリケーションは、リモートでコードが実行される脆弱性の影響を受けます。

説明

リモートホストで実行されているEMC Legato Networkerアプリケーションは、ポーリングリクエストまたはキルリクエストを処理するとき、Networker Remote Exec Service(nsrexecd.exe)、特にsprintf()関数内でスタックオーバーフロー状態の影響を受けます。認証されていないリモートの攻撃者がこれを悪用し、長い無効なsubcmdを使用して細工されたリクエストを通じて、任意のコードを実行する可能性があります。

ソリューション

ナレッジベースの記事esg83899に記載されている更新プログラムについてベンダーにお問い合わせください。

関連情報

https://www.zerodayinitiative.com/advisories/ZDI-07-049/

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 94163

ファイル名: emc_networker_cve-2007-3618.nasl

バージョン: 1.6

タイプ: remote

ファミリー: Gain a shell remotely

公開日: 2016/10/20

更新日: 2018/11/15

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.2

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 9.3

Temporal Score: 6.9

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.1

Temporal Score: 7.9

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:N/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:emc:networker

必要な KB アイテム: LegatoNetworker/installed

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2007/8/20

脆弱性公開日: 2007/8/20

参照情報

CVE: CVE-2007-3618

BID: 25375