Ubuntu 16.04 LTS/16.10:openjdk-8の脆弱性(USN-3121-1)

critical Nessus プラグイン ID 94510

概要

リモートのUbuntuホストに1つ以上のセキュリティ関連のパッチがありません。

説明

特定の状況で、OpenJDKのHotspotコンポーネントがSystem.arraycopy()関数の引数を適切にチェックしていないことがわかりました。攻撃者がこれを悪用し、Javaサンドボックスの制限をバイパスする可能性があります。(CVE-2016-5582)OpenJDKがJarの整合性検証に使用される一連のアルゴリズムを制限しないことがわかりました。攻撃者がこれを悪用し、検出されることなくJARファイルのコンテンツを変更し、システムの整合性に影響を与える可能性があります。(CVE-2016-5542)OpenJDKのJMXコンポーネントがクラスローダーの整合性チェックを十分に実行しないことがわかりました。攻撃者がこれを悪用し、Javaサンドボックスの制限をバイパスする可能性があります。(CVE-2016-5554)OpenJDKのHotspotコンポーネントが受信したJDWP(Java Debug Wire Protocol)パケットを適切にチェックしないことがわかりました。攻撃者がこれを悪用し、デバッグが有効になっているJavaアプリケーションにデバッグコマンドを送信する可能性があります。(CVE-2016-5573)OpenJDKでHTTPプロキシ認証が適切に処理されないことがわかりました。攻撃者がこれを悪用し、HTTPSサーバー認証資格情報を漏えいさせる可能性があります。(CVE-2016-5597)注意:Tenable Network Securityは、前述の説明ブロックをUbuntuセキュリティアドバイザリから直接抽出しています。Tenableでは、新たな問題を持ち込まずに、できる限り自動的に整理して書式設定するようにしています。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

https://usn.ubuntu.com/3121-1/

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 94510

ファイル名: ubuntu_USN-3121-1.nasl

バージョン: 2.7

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2016/11/3

更新日: 2019/9/18

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 7.3

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 9.3

Temporal Score: 6.9

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.6

Temporal Score: 8.3

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:R/S:C/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:openjdk-8-jdk, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:openjdk-8-jdk-headless, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:openjdk-8-jre, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:openjdk-8-jre-headless, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:openjdk-8-jre-jamvm, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:openjdk-8-jre-zero, cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:16.04, cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:16.10

必要な KB アイテム: Host/cpu, Host/Ubuntu, Host/Ubuntu/release, Host/Debian/dpkg-l

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2016/11/3

脆弱性公開日: 2016/10/25

参照情報

CVE: CVE-2016-5542, CVE-2016-5554, CVE-2016-5573, CVE-2016-5582, CVE-2016-5597

USN: 3121-1