HP System Management HomepageのSetSMHData admin-groupパラメーター処理によるRCE

high Nessus プラグイン ID 94673

概要

リモートWebサーバーは、リモートでコードが実行される脆弱性の影響を受けます。

説明

リモートホストで実行されているHP System Management Homepage(SMH)は、/proxy/SetSMHDataエンドポイントに指定されたadmin-groupパラメーターを解析するとき、ユーザー指定の入力の検証が不適切なために引き起こされるmod_smh_config.soライブラリのオーバーフロー状態により、リモートでコードが実行される脆弱性の影響を受けます。認証されていないリモートの攻撃者が、特別に細工されたリクエストを介してこれを悪用し、サービス拒否状態を引き起こしたり、任意のコードを実行したりする可能性があります。HP SMHはその他の脆弱性の影響を受けると報告されていますが、このプラグインはそれらのテストを行っていません。

ソリューション

HP System Management Homepage(SMH)バージョン7.6以降にアップグレードしてください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?b7e1b347

https://www.tenable.com/security/research/tra-2016-32

https://www.zerodayinitiative.com/advisories/ZDI-16-587/

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 94673

ファイル名: hpsmh_setsmhdata_rce.nasl

バージョン: 1.9

タイプ: remote

ファミリー: Gain a shell remotely

公開日: 2016/11/10

更新日: 2022/4/11

構成: パラノイドモードの有効化

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2016-4395

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3.6

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.8

Temporal Score: 5.8

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:N/I:C/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 6.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:N/I:H/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:hp:system_management_homepage

必要な KB アイテム: www/hp_smh, Settings/ParanoidReport

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2016/10/26

脆弱性公開日: 2016/10/26

参照情報

CVE: CVE-2016-4395

BID: 93961

HP: HPSBMU03653, emr_na-c05320149

TRA: TRA-2016-32

ZDI: ZDI-16-587