MariaDB 10.0.x < 10.0.28の複数の脆弱性

high Nessus プラグイン ID 95540
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートのデータベースサーバーは、複数の脆弱性の影響を受けます。

説明

リモートホストで実行されているMariaDBのバージョンは、10.0.28より前の10.0.xです。したがって、以下の複数の脆弱性の影響を受けます。- Optimizerサブコンポーネントに詳細不明な欠陥があり、認証されていないリモートの攻撃者がサービス拒否状態を引き起こす可能性があります。(CVE-2016-3492)- Security:Encryptionサブコンポーネントに詳細不明な欠陥があり、認証されたリモートの攻撃者が秘密情報を漏えいさせる可能性があります。(CVE-2016-5584)- MyISAMサブコンポーネントに詳細不明な欠陥があり、ローカルの攻撃者が昇格した権限を取得する可能性があります。(CVE-2016-5616)- DMLサブコンポーネントに詳細不明な欠陥があり、認証されたリモートの攻撃者がサービス拒否状態を引き起こす可能性があります。(CVE-2016-5624)- GISサブコンポーネントに詳細不明な欠陥があり、認証されたリモートの攻撃者がサービス拒否状態を引き起こす可能性があります。(CVE-2016-5626)- Federatedサブコンポーネントに詳細不明な欠陥があり、認証されたリモートの攻撃者がサービス拒否状態引き起こす可能性があります。(CVE-2016-5629)- 詳細不明な欠陥があり、認証されたリモートの攻撃者が制限をバイパスし、FILE権限の要件なくカスタムコンテンツで/var/lib/mysql/my.cnfファイルを作成する可能性があります。(CVE-2016-6663)- テーブルルックアップがキャッシュバンクのアクセス時間を適切に考慮しないため、wolfSSL(AES暗号化と復号のCソフトウェアバージョン内)に欠陥があります。ローカルの攻撃者が特別に細工されたアプリケーションを介してこれを悪用し、AESキーを漏えいする可能性があります。Red Hat製品に含まれるMariaDBパッケージは、システムOpenSSLパッケージに対して構築されているため脆弱性の影響を受けません。(CVE-2016-7440)- Typesサブコンポーネントに詳細不明な欠陥があり、認証されたリモートの攻撃者がサービス拒否状態を引き起こす可能性があります。(CVE-2016-8283)- 準結合への変換を伴うプリペアドステートメントを処理するときにトリガーされるitem.ccのfix_after_pullout()関数に欠陥があります。認証されたリモートの攻撃者がこれを悪用して、データベースをクラッシュさせ、サービス拒否状態を引き起こす可能性があります。- 特定のANALYZE TABLEプリペアドステートメントの再実行を処理するときにトリガーされるsql_admin.ccのmysql_admin_table()関数に欠陥があります。認証されたリモートの攻撃者がこれを悪用して、データベースをクラッシュさせ、サービス拒否状態を引き起こす可能性があります。- 永続的な仮想列を変更するときにトリガーされるsql_table.ccのfill_alter_inplace_info()関数に欠陥があります。認証されたリモートの攻撃者がこれを悪用して、データベースをクラッシュさせ、サービス拒否状態を引き起こす可能性があります。- CREATE OR REPLACE TABLEクエリの処理中にトリガーされるsql_table.ccのmysql_rm_table_no_locks()関数に欠陥があります。認証されたリモートの攻撃者がこれを悪用して、データベースをクラッシュさせ、サービス拒否状態を引き起こす可能性があります。

ソリューション

MariaDBバージョン10.0.28以降にアップグレードしてください。

関連情報

https://mariadb.com/kb/en/library/mariadb-10028-changelog/

https://mariadb.com/kb/en/mariadb/mariadb-10028-release-notes/

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 95540

ファイル名: mariadb_10_0_28.nasl

バージョン: 1.7

タイプ: remote

ファミリー: Databases

公開日: 2016/12/5

更新日: 2019/11/13

依存関係: mysql_version.nasl, mysql_login.nasl

構成: パラノイドモードの有効化

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2016-6663

VPR

リスクファクター: High

スコア: 7.4

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 4.4

Temporal Score: 3.4

ベクトル: AV:L/AC:M/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:POC/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7

Temporal Score: 6.3

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:H/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:P/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:mariadb:mariadb

必要な KB アイテム: Settings/ParanoidReport

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2016/10/28

脆弱性公開日: 2015/9/23

参照情報

CVE: CVE-2016-3492, CVE-2016-5584, CVE-2016-5616, CVE-2016-5624, CVE-2016-5626, CVE-2016-5629, CVE-2016-6663, CVE-2016-7440, CVE-2016-8283

BID: 92911, 93614, 93635, 93638, 93650, 93659, 93668, 93735, 93737

EDB-ID: 40678