Oracle Linux 5/6:Unbreakable Enterprise Kernel(ELSA-2016-3652)

critical Nessus プラグイン ID 95759
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートのOracle Linuxホストに、1つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

変更点の説明:[2.6.39-400.293.1.el6uek] - drivers/block/loop.c内のEIOにマスクされたロギングエラー(Manjunath Patil)[Orabug:21962821] - sched/core:in init_rootdomain()内のroot_domain cpumasksをクリア(Xunlei Pang)[Orabug:23518650] - bio_get_nr_vecs()が原因のbio 割り当て失敗(Darrick J. Wong)[Orabug:23852442] - mlx4:ABBA デッドロック回避(Wengang Wang)[Orabug:23538548] - mlx4:avoid multiple free on id_map_entの複数の解放を回避(Wengang Wang)[Orabug:25022815] - sctp:チャンク lenを実際の使用前に検証する(Marcelo Ricardo Leitner)[Orabug:25142906] {CVE-2016-9555}[2.6.39-400.292.1.el6uek] - NVMe:Samsung EPIC SQ errata用正誤表の回避策としてキューの深さを減らす(Ashok Vairavan)[Orabug:25138146][2.6.39-400.291.1.el6uek] - RDS:ハングしないようにキャンセルの一部として接続をドロップする(Avinash Repaka)[Orabug:24951873]

ソリューション

影響を受けるUnbreakable Enterprise Kernelパッケージを更新してください。

関連情報

https://linux.oracle.com/errata/ELSA-2016-3652.html

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 95759

ファイル名: oraclelinux_ELSA-2016-3652.nasl

バージョン: 3.8

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2016/12/13

更新日: 2021/9/8

依存関係: linux_alt_patch_detect.nasl, ssh_get_info.nasl

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2016-9555

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:oracle:linux:5, cpe:/o:oracle:linux:6, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek-debug, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek-debug-devel, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek-devel, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek-doc, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek-firmware

必要な KB アイテム: Host/OracleLinux, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/local_checks_enabled

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2016/12/9

脆弱性公開日: 2016/11/22

参照情報

CVE: CVE-2016-9555