openSUSEセキュリティ更新プログラム:tomcat(openSUSE-2016-1456)

critical Nessus プラグイン ID 95791

言語:

概要

リモートのopenSUSEホストに、セキュリティ更新プログラムがありません。

説明

tomcat 用のこの更新は、次の問題を修正します:

Feature changes :

組み込みのApache Commons DBCPコンポーネントがバージョン2.0に更新されました。
(bsc#1010893 fate#321029)

セキュリティ修正:

- CVE-2016-0762:タイミング攻撃bsc#1007854

- CVE-2016-5018:セキュリティマネージャーバイパス(bsc#1007855)

- CVE-2016-6794:システムプロパティの漏洩(bsc#1007857)

- CVE-2016-6796:セキュリティマネージャーバイパス(bsc#1007858)

- CVE-2016-6797:グローバルリソースへの無制限アクセス(bsc#1007853)

- CVE-2016-8735:JmxRemoteLifecycleListenerのリモートでコードが実行される脆弱性(bsc#1011805)

- CVE-2016-6816:HTTPリクエストで無効な文字を許可することによるHTTPリクエストのスマグリングの脆弱性(bsc#1011812)

バグ修正:

- オプションのsetenv.shスクリプトを有効にしました。http://tomcat.apache.org/tomcat-8.0-doc/RUNNING.txt.(bsc#1002639のセクション「(3.4)「setenv」スクリプトの使用」を参照してください。

この更新プログラムでは、バージョン2の新しいパッケージapache-commons-pool2とapache-commons-dbcpが提供され、tomcatがDBCP 2.0 インターフェイスを使用できるようになります。

This update was imported from the SUSE: SLE-12-SP2:Update update project.

ソリューション

影響を受けるtomcatパッケージを更新してください。

関連情報

http://tomcat.apache.org/tomcat-8.0-doc/RUNNING.txt.

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1002639

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1007853

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1007854

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1007855

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1007857

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1007858

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1010893

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1011805

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1011812

https://features.opensuse.org/

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 95791

ファイル名: openSUSE-2016-1456.nasl

バージョン: 3.10

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2016/12/14

更新日: 2021/1/19

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 5.9

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:POC/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 8.8

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:P/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:novell:opensuse:apache-commons-dbcp, p-cpe:/a:novell:opensuse:apache-commons-dbcp-javadoc, p-cpe:/a:novell:opensuse:apache-commons-pool2, p-cpe:/a:novell:opensuse:apache-commons-pool2-javadoc, p-cpe:/a:novell:opensuse:tomcat, p-cpe:/a:novell:opensuse:tomcat-admin-webapps, p-cpe:/a:novell:opensuse:tomcat-docs-webapp, p-cpe:/a:novell:opensuse:tomcat-el-3_0-api, p-cpe:/a:novell:opensuse:tomcat-embed, p-cpe:/a:novell:opensuse:tomcat-javadoc, p-cpe:/a:novell:opensuse:tomcat-jsp-2_3-api, p-cpe:/a:novell:opensuse:tomcat-jsvc, p-cpe:/a:novell:opensuse:tomcat-lib, p-cpe:/a:novell:opensuse:tomcat-servlet-3_1-api, p-cpe:/a:novell:opensuse:tomcat-webapps, cpe:/o:novell:opensuse:42.2

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/SuSE/release, Host/SuSE/rpm-list

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2016/12/13

参照情報

CVE: CVE-2016-0762, CVE-2016-5018, CVE-2016-6794, CVE-2016-6796, CVE-2016-6797, CVE-2016-6816, CVE-2016-8735