RHEL 6:flash-plugin(RHSA-2016:2947)

critical Nessus プラグイン ID 95820

概要

リモートのRed Hatホストにセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

flash-pluginの更新プログラムが、Red Hat Enterprise Linux 6 Supplementaryで利用可能になりました。Red Hat製品セキュリティは、この更新がセキュリティに及ぼす影響を重要度最高と評価しています。詳細な重要度評価を示すCVSS(共通脆弱性評価システム)ベーススコアは、「参照」セクションのCVEリンクから脆弱性ごとに入手できます。flash-pluginパッケージには、Mozilla Firefoxと互換性のあるAdobe Flash Player Webブラウザープラグインが含まれています。この更新プログラムで、Flash Playerをバージョン24.0.0.186にアップグレードします。セキュリティ修正プログラム:* この更新では、Adobe Flash Playerの複数の脆弱性が修正されます。これらの脆弱性は、「参照」セクションに記載されているAdobe Security Bulletinで詳細に説明されています。これらの脆弱性により、攻撃者が特別に細工されたSWFファイルを作成し、被害者がその悪意のあるSWFコンテンツを含むページを読み込むと、flash-pluginのクラッシュ、任意のコードの実行、または秘密情報の漏えいを引き起こす可能性があります。(CVE-2016-7867、CVE-2016-7868、CVE-2016-7869、CVE-2016-7870、CVE-2016-7871、CVE-2016-7872、CVE-2016-7873、CVE-2016-7874、CVE-2016-7875、CVE-2016-7876、CVE-2016-7877、CVE-2016-7878、CVE-2016-7879、CVE-2016-7880、CVE-2016-7881、CVE-2016-7890、CVE-2016-7892)

ソリューション

影響を受けるflash-pluginパッケージを更新してください。

関連情報

https://helpx.adobe.com/security/products/flash-player/apsb16-39.html

https://access.redhat.com/errata/RHSA-2016:2947

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2016-7867

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2016-7868

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2016-7869

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2016-7870

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2016-7871

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2016-7872

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2016-7873

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2016-7874

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2016-7875

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2016-7876

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2016-7877

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2016-7878

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2016-7879

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2016-7880

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2016-7881

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2016-7890

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2016-7892

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 95820

ファイル名: redhat-RHSA-2016-2947.nasl

バージョン: 2.15

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2016/12/14

更新日: 2022/3/28

サポートされているセンサー: Agentless Assessment, Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 8.9

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

Temporal Score: 8.7

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:H/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2016-7892

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 9.4

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:H/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:flash-plugin, cpe:/o:redhat:enterprise_linux:6

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/cpu

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2016/12/14

脆弱性公開日: 2016/12/15

CISAの既知の悪用日: 2022/4/15

参照情報

CVE: CVE-2016-7867, CVE-2016-7868, CVE-2016-7869, CVE-2016-7870, CVE-2016-7871, CVE-2016-7872, CVE-2016-7873, CVE-2016-7874, CVE-2016-7875, CVE-2016-7876, CVE-2016-7877, CVE-2016-7878, CVE-2016-7879, CVE-2016-7880, CVE-2016-7881, CVE-2016-7890, CVE-2016-7892

RHSA: 2016:2947