F5 Networks BIG-IP:Oracle Javaの脆弱性(K05016441)

medium Nessus プラグイン ID 95960
New! Vulnerability Priority Rating (VPR)

Tenable では、すべての脆弱性に対して動的な VPR が計算されます。VPR は脆弱性の情報を、脅威インテリジェンスや機械学習アルゴリズムと組み合わせて、攻撃時に最も悪用される可能性の高い脆弱性を予測します。詳細は、 「VPR とは何で、CVSS とはどう違うのか」を参照してください。

VPR スコア : 1.4

概要

リモートデバイスに、ベンダーが提供したセキュリティパッチがありません。

説明

Oracle Java SE 6u115、7u101、8u92、Java SE Embedded 8u91、JRockit R28.3.10における詳細不明な脆弱性により、リモート攻撃者がJAXPに関連するベクトルを介して可用性に影響を与える可能性があります。これは、CVE-2016-3500とは異なる脆弱性です。(CVE-2016-3508)

ソリューション

F5 Solution K05016441に記載されている非脆弱性バージョンのいずれかにアップグレードしてください。

関連情報

https://support.f5.com/csp/article/K05016441

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 95960

ファイル名: f5_bigip_SOL05016441.nasl

バージョン: 3.6

タイプ: local

公開日: 2016/12/21

更新日: 2019/1/4

依存関係: f5_bigip_detect.nbin

構成: パラノイドモードが有効

リスク情報

リスクファクター: Medium

VPR スコア: 1.4

CVSS v2.0

Base Score: 5

Temporal Score: 3.7

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:N/I:N/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3.0

Base Score: 5.3

Temporal Score: 4.6

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:L

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性の情報

CPE: cpe:/a:f5:big-ip_access_policy_manager, cpe:/a:f5:big-ip_advanced_firewall_manager, cpe:/a:f5:big-ip_application_acceleration_manager, cpe:/a:f5:big-ip_application_security_manager, cpe:/a:f5:big-ip_application_visibility_and_reporting, cpe:/a:f5:big-ip_global_traffic_manager, cpe:/a:f5:big-ip_link_controller, cpe:/a:f5:big-ip_local_traffic_manager, cpe:/a:f5:big-ip_policy_enforcement_manager, cpe:/a:f5:big-ip_wan_optimization_manager, cpe:/a:f5:big-ip_webaccelerator, cpe:/h:f5:big-ip, cpe:/h:f5:big-ip_protocol_security_manager

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/BIG-IP/hotfix, Host/BIG-IP/modules, Host/BIG-IP/version, Settings/ParanoidReport

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2016/9/7

参照情報

CVE: CVE-2016-3500, CVE-2016-3508