Amazon Linux AMI:kernel(ALAS-2017-782)

high Nessus プラグイン ID 96284
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートのAmazon Linux AMIホストに、セキュリティ更新プログラムがありません。

説明

Linuxカーネルキー管理サブシステムに欠陥が見つかりました。この欠陥は、ローカルの攻撃者が特別に細工されたRSAキーを提供してカーネルをクラッシュさせたり、スタックや追加メモリ(サービス拒否)を破損させたりする可能性があります。この欠陥は、RSAキーの検証中にマシンをパニック状態にします。(CVE-2016-8650)4.8.14より前のLinuxカーネルのblock/blk-map.cのblk_rq_map_user_iov()関数がイテレータのタイプを適切に制限していなかったことがわかりました。これにより、ローカルユーザーが任意のカーネルメモリの場所を読み書きする、またはa /dev/sgデバイスへのアクセスを利用してサービス拒否(メモリ解放後使用(Use After Free))を引き起こす可能性があります。(CVE-2016-9576)4.8.14より前のLinuxカーネルのsock_setsockopt function in net/core/sock.cがsk_sndbufとsk_rcvbufの負の値を不適切に処理するため、ローカルユーザーが(1)SO_SNDBUFFORCEまたは(2)SO_RCVBUFFORCEオプションを使用して、細工されたsetsockoptシステムコールのCAP_NET_ADMIN機能を悪用することによって、サービス拒否(メモリ破損やシステムクラッシュ)または他の詳細不明な影響を引き起こす可能性があります。(CVE-2016-9793)Linuxネットワークサブシステムに欠陥が見つかり、CAP_NET_ADMINの権限を有するローカルの攻撃者が想定よりも小さいICMPヘッダーを作成し、sendto()を使用して目標に送信することで、領域外読み取りが引き起こされる可能性があります。(CVE-2016-8399)mcryptdと互換性のないアルゴリズムは、mcryptd(alg)という名前の構文を使用して直接crypto_alloc_tfmを呼び出して生成できます。これにより、任意の「alg」にmcryptdとの互換性がなく、mcryptdとともに使用することを意図したものでない場合、mcryptdはカーネルをクラッシュさせます。(CVE-2016-10147)(2017-01-19更新:CVE-2016-8399はこのリリースで修正されましたが、以前はこの正誤表に含まれていませんでした)(2017-02-22更新:CVE-2016-10147はこのリリースで修正されましたが、以前はこの正誤表に含まれていませんでした)。

ソリューション

「yum update kernel」を実行してシステムを更新してください。新しいカーネルを実行するためにシステムを再起動する必要があります。

関連情報

https://alas.aws.amazon.com/ALAS-2017-782.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 96284

ファイル名: ala_ALAS-2017-782.nasl

バージョン: 3.6

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2017/1/5

更新日: 2019/4/10

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 7.4

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.6

Temporal Score: 6.3

ベクトル: AV:N/AC:H/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:F/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.8

Temporal Score: 7.2

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:F/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:amazon:linux:kernel, p-cpe:/a:amazon:linux:kernel-debuginfo, p-cpe:/a:amazon:linux:kernel-debuginfo-common-i686, p-cpe:/a:amazon:linux:kernel-debuginfo-common-x86_64, p-cpe:/a:amazon:linux:kernel-devel, p-cpe:/a:amazon:linux:kernel-doc, p-cpe:/a:amazon:linux:kernel-headers, p-cpe:/a:amazon:linux:kernel-tools, p-cpe:/a:amazon:linux:kernel-tools-debuginfo, p-cpe:/a:amazon:linux:kernel-tools-devel, p-cpe:/a:amazon:linux:perf, p-cpe:/a:amazon:linux:perf-debuginfo, cpe:/o:amazon:linux

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/AmazonLinux/release, Host/AmazonLinux/rpm-list

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2017/1/4

エクスプロイト可能

Core Impact

参照情報

CVE: CVE-2016-10147, CVE-2016-8399, CVE-2016-8650, CVE-2016-9576, CVE-2016-9793

ALAS: 2017-782