MS17-001:Microsoft Edgeのセキュリティ更新プログラム(3214288)

high Nessus プラグイン ID 96390

概要

リモートホストに、権限昇格の脆弱性による影響を受けるWebブラウザーがインストールされています。

説明

リモートのWindowsホストにインストールされている Microsoft Edge のバージョンには、累積的なセキュリティ更新3214288がありません。したがって、「about:blank」のクロスドメインポリシーが不適切に実施されているため、権限昇格の脆弱性の影響を受けます。認証されていないリモートの攻撃者がこれを悪用し、特別に細工されたWebコンテンツを介して、あるドメインの情報にアクセスし、別のドメインにそれを挿入して権限の昇格を引き起こす可能性があります。

ソリューション

MicrosoftはWindows 10、Windows Server 2016用パッチのセットをリリースしています。

関連情報

https://docs.microsoft.com/en-us/security-updates/SecurityBulletins/2017/ms17-001

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 96390

ファイル名: smb_nt_ms17-001.nasl

バージョン: 1.12

タイプ: local

エージェント: windows

公開日: 2017/1/10

更新日: 2019/11/13

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.8

Temporal Score: 5

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2017-0002

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 8.8

Temporal Score: 7.7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:R/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:microsoft:windows, cpe:/a:microsoft:edge

必要な KB アイテム: SMB/MS_Bulletin_Checks/Possible

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2017/1/10

脆弱性公開日: 2017/1/10

参照情報

CVE: CVE-2017-0002

BID: 95284

MSFT: MS17-001

MSKB: 3210720, 3210721, 3213986