Oracle Linux 6/7:Unbreakable Enterprise Kernel(ELSA-2017-3508)

high Nessus プラグイン ID 96477
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートのOracle Linuxホストに、1つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

変更点の説明:kernel-uek[4.1.12-61.1.25.el7uek] - KEYS:/proc/keys show関数のsprintfバッファを修正(David Howells)[Orabug:25306361] {CVE-2016-7042} - nvme:コマンドのリトライ回数を制限(Keith Busch)[Orabug:25374751] - pagemap_read()のfs/proc/task_mmu.c:fix mm_access()モードパラメータ(Kenny Keslar)[Orabug:25374977] - tcp:tcp_xmit_retransmit_queue()のuse-after-freeを修正(Eric Dumazet)[Orabug:25374364] {CVE-2016-6828} - トンネル:カプセル化の複数のレイヤーにGROを適用しないでください。(Jesse Gross)[Orabug:25036352] {CVE-2016-8666} - i40e:すべてのVSIのDCB変更についてクライアントに通知しない(Neerav Parikh)[Orabug:25046290] - packet:packet_set_ringの競合状態を修正(Philip Pettersson)[Orabug:25231617] {CVE-2016-8655} - netlink:dump skbリーク/二重解放を修正(Herbert Xu)[Orabug:25231692] {CVE-2016-9806} - ALSA:pcm:ストリームロックでkill_fasync()を呼び出す(Takashi Iwai)[Orabug:25231720] {CVE-2016-9794} - net:SO_{SND|RCV}BUFFORCEに対してサインされるオーバーフローを回避(Eric Dumazet)[Orabug:25231751] {CVE-2016-9793}

ソリューション

影響を受けるUnbreakable Enterprise Kernelパッケージを更新してください。

関連情報

https://linux.oracle.com/errata/ELSA-2017-3508.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 96477

ファイル名: oraclelinux_ELSA-2017-3508.nasl

バージョン: 3.12

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2017/1/13

更新日: 2021/9/8

依存関係: linux_alt_patch_detect.nasl, ssh_get_info.nasl

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2016-9806

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 9.7

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.8

Temporal Score: 6.8

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:N/I:N/A:C

現状ベクトル: E:H/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.8

Temporal Score: 7.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:H/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:oracle:linux:6, cpe:/o:oracle:linux:7, p-cpe:/a:oracle:linux:dtrace-modules-4.1.12-61.1.25.el6uek, p-cpe:/a:oracle:linux:dtrace-modules-4.1.12-61.1.25.el7uek, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek-debug, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek-debug-devel, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek-devel, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek-doc, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek-firmware

必要な KB アイテム: Host/OracleLinux, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/local_checks_enabled

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2017/1/12

脆弱性公開日: 2016/6/24

エクスプロイト可能

Core Impact

Metasploit (AF_PACKET chocobo_root Privilege Escalation)

参照情報

CVE: CVE-2016-6828, CVE-2016-7042, CVE-2016-8655, CVE-2016-8666, CVE-2016-9793, CVE-2016-9794, CVE-2016-9806